感動…!幼稚園の先生がしてくれた”気遣い”とは…!?

こんにちは!イラストレーターの月村おはぎです。

3歳半になる頃、年度途中の9月に幼稚園へ入園した娘。

いつも泣きながら登園していましたが、先生いわく教室ではお友達と楽しそうに遊んでいたそう。

そんな娘が入園してすぐの頃、持って帰ってきた「あるもの」にわたしはとっても感動したのでした!

この先生からのお手紙は入園してしばらくの間、毎日のように持って帰っていました(驚)!

入園当初は泣きながら登園し、しかも制服を断固として着なかった娘。

そんな娘が少しでも楽しく過ごせるようにと、先生が気遣ってくださったんだなと思い感動しました!

元保育士の妹にこの話をしたところ、

「たぶん、信頼関係を構築しようとしてくれてるんだと思うよ!素敵な先生だね♩」

と言っていました。

もうすぐ進級の時期。

この先生ともお別れになってしまうかもしれないと思うと、親の私まで寂しくなっちゃいます・・・!

PROFILE

月村おはぎ
月村おはぎ
1児の母でイラストレーター。4歳の娘と転勤族の夫との3人暮らし。繊細で人見知りっ子な娘との日常を漫画にしています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています