テレ東民放初「赤ちゃん向け番組」豪華な制作チームにママたちの期待大!

出典:NHK NEWS WEB

このニュースの概要
テレビ東京が、今度は民放初の「赤ちゃん向け番組」を制作、放送することが10月31日、分かった。0~2歳の乳幼児をメインターゲットにした「シナぷしゅ」(12月16~20日、前7・35)。民放としては初の試み。視聴率の対象外だからと、これまで民放が手を出さなかった知育番組の領域に挑む。

この記事への反応

赤ちゃん向けの番組はNHK・Eテレの独占状態だから、テレ東が放送するのはおもしろいかも。

赤ちゃんも視聴者!いいところに目をつけたな~。スマホは寄り目になると言われてるし、民法だからEテレより内容も幅が広がりそう。

一度動画を作ればずっと死なないコンテンツになるからテレビ局が本気で作ればビジネスとして十分成立しそう。

テレ東は常にニッチを狙って番組作りをする局だけど、これは単なるニッチというより、テレビ局としての番組作りに対する意識の高さも感じる。

民放、それもテレ東が作るとどんな感じの番組ができるのか、とても楽しみです。

なんだかんだ、テレビに頼らざるを得ないときもあるからな。
独自路線の良いものを期待してます。


すごくいい試みだと思います!!
動画サイトでもかなり見込み有りですよ。
いい物を見せたいというそういう純粋な動機ってとても大切。

なんだかんだでテレ東が一番多様で面白い番組をたくさん作っていると思います。
この番組も期待しています!

制作者が、自分たちの子供に見せても大丈夫、と自信を持てる番組作りは、いいかもしれない。

毎日毎日Eテレみるの飽きてたから選択肢が増えるのはいいかも!親子で楽しみにしてます。

NHKの幼児用番組で提供されている音楽は意外と有名クリエイターが作っていたりして驚くことがあるよ。テレ東も音楽にはこだわって欲しい

今のTV番組、本当に子供向けのものが少なくて
親子で、家族でみんなで楽しめる番組が昭和と比べると
本当になくなった。

 

意識してなかったが、この頃はテレ東とNHK、そしてBSしか見ていない事に気付いた。他の民放は「ギャグ番組」しかやっていないのでつまらない。

のアイコン画像
改めて考えてみると幼児向け番組はNHKしかない状態です。テレ東の「シナぷしゅ」は制作する側が「自分の子供に見せたいと思える」コンテンツということなので大いに期待できそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています