指しゃぶりいつまで?専門家のアドバイスに温度差があり不安なママも…

このニュースの概要
 子どもの「指しゃぶり」はさせていいのか、やめさせた方がいいのか。「おしゃぶり」はよくないのか。そこで2003年、「小児科と小児歯科の保健検討委員会」が発足し、その成果をまとめた「子供の歯と口の保健ガイド」が作られましたがその内容は、あまり一般の人に知られていません。

この記事への反応

ある日、おしゃぶりの指がふやけて皮が剥けていたのが気になった娘。その皮を引っ張った娘。
案の定、少量の出血で大騒ぎ。しめしめ、と思いつつ、バンドエイドを貼ってあげ、指しゃぶりができなくなったことを伝えました。それでも習慣化していたので、指しゃぶりをしようとしていましたが、バンドエイドが邪魔してできない。そのため、入眠の儀式は耳たぶを触ることに変わりました。

小さい頃は人前でもしゃぶり、少し大きくなってからは人前では恥ずかしいと知り、眠る時だけ。
出っ歯になるって言われましたよ。林間学校前の小学校中学年あたりで卒業。何がきっかけだったのかは、いまだにわからない。

言っても指しゃぶりをやめなくても、そのうち本人が不都合を感じて(周囲の目が気になったり、指のタコが気になったり)いつかはやめるだろうくらいの気持ちで子育てした方がいいと思います。

恥ずかしながら、私は高校生まで指しゃぶりをしていました。親も必死でやめさせようとしていましたが、やめることができず、隠れてしていました。
高校生になると、友達とお泊まりすることが増えたり、初めて恋人が出来たり…で、いつの間にかやめていました。本当に、いつの間にか。

たかが指しゃぶり、されど指しゃぶりですよね。特に初めての子育ての時はこうしなければ!と年齢に合った発達をして欲しいと心配で、本を見たり、人に聞いたりしながら悩んだものです。でも目安はあくまでも目安。同じ子なんていないし、やめられるきっかけもそれぞれ違います。

息子は成人していますが、小2まで寝る前だけですが指しゃぶりをしていました。
様子を見ていましたが、なかなか止める気配がないので、「お兄ちゃんになってきたからやめようか」と暫く言って納得した時から、寝る前に絆創膏を貼って2週間ぐらいで指しゃぶりがなくなりました。

不安や緊張ってその子の性格にもよるところもあると思うんだよな
SOSの場合もあるから、ちゃんとみてやる事は勿論大事だけど
でも同時に、オムツおねしょ指しゃぶり、そういうのってその子の性格や体質、発達のスピードによっても違うわけで、そういう認識もちゃんと広まるといいなって思うわ
母ちゃん達が無駄に追い詰められんように

30超えてますが今も寝るときだけ時々指しゃぶりしています。別に絶対しないと寝られない訳ではないので中学生以降は人前ではしなくなりましたが。
前歯が出ています。小学校の歯科検診で「指しゃぶりしてるね。」と歯科医に言われたので見ればわかるんだと思います。

子供の指しゃぶりを自然に止めるまで、と見守っていたらとうとう小学生になってしまいました。
前歯が出っ歯になり、本人にも言えば言うだけ追い詰めてしまう年齢になってしまいました。
この経験から言えることは、赤ちゃんのうちにやめさせてしまう方が母子共に楽だと言うことでした。1歳くらいなら指しゃぶりするたびに止めさせて他の代用品を考える方がよっぽど楽です。
赤ちゃんなら大きくなってからよりは精神的な負担が少ないはずなので。

指しゃぶりがなくなったのに今度は爪を噛み出した、毛布をいじったり引っこ抜くなどがある場合は子供に何かが精神的ストレスになってる事があります。

現在吸うのは、単純に美味しいし、安心する。リセットしたい時や口さみしい時、なにかを考えたい時などに吸うので、もしかしたら喫煙者がたばこ吸うのに似ているのかもしれないです。

無理にやめさせなくていいと思うなぁ。自分も子供の頃吸ってたけど親にうるさい!って寝るたび言われてて布団に隠れて吸ってたわ。でもね、自然とやらなくなるよ、何がきっかけか忘れたけど自然とやめた気がする。

アラサーですが20までは毎日、今でも時々してしまいます。指しゃぶりをすると不安や孤独といったストレスが軽減されるのです。(今でも仕事やプライベートで大きなストレスがあった次の日には指を加えた状態で起きます)

3歳になってしばらくして、幼稚園に入園間際にやらなくなった。なんで?と聞くと、「もう幼稚園行くのに、指しゃぶりしてたら恥ずかしいぞってじいちゃんに言われた」と。

のアイコン画像
大人になっても指しゃぶりしている人結構いるんですね。不安やストレスを解消する一つの方法なのかもしれません。乳幼児の場合、無理にプレッシャーをかけるのは賛成しません。6歳以降も続くようであれば専門家に相談してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています