子どもの自立を妨げるヘリコプターペアレンツ!過干渉と放任のさじ加減がわからない…

このニュースの概要
「ヘリコプターペアレンツ」という言葉をご存知ですか?ヘリコプターのように、子どもの上空を飛んで、子どもの行くところどこにでもついてまわるという比喩で使われています。過度に子どもを監視続ける、親子関係のことをいうのだそう。我が子かわいさが故に、干渉してしまうことはあります。けれども度をこすと、子どもは常に親の意見に従い、自分で決断できなくなることもあるようです。

この記事への反応

心配しすぎて過干渉になるのと、全く心配しないで放任するのは、どちらも簡単なことだと思う。今の子供の現実に合った心配をして、一貫して程よくサポートすることは…本当に難しい。
親の精神状態が安定してるってことが、子供にとっては何より幸せなことなのかもしれない。

うちの母親がそうだな。自分の意見が一番いいと思って色々決めつけたり押し付けてきたり、友達も全部把握したい人だった。子供に依存していると言ってもいいのかな。
大学生になってサークル入ったりバイトしたり、色んな人と出会って世界が広がり、このままじゃ嫌だと思い、母親とめっちゃぶつかりながらもやりたいことはやった。一人暮らしも社会人になっても干渉がひどい母親と喧嘩がきっかけで始めた。
私は母親と戦いながら勝手に自由にしてきたけど、残念ながらいい子やってた妹はもう長いこと実家で引きこもりになってる。自分で生きようという意思が作られていない。親が未だに世話し続けてるから自立もない。
何のために生きてるのかわからない、そんなことを言う大人にしたくなければ、何でも口を出すのではなく見守るということも大事なんだと思う。心配だけど経験をしなきゃ成長していかないことたくさんあるから、ただ守るだけが愛じゃない。

20代後半にもなって、一人暮らしはダメと言われてたり出先にしつこく電話されたりしてる人を知っている。振り切って一人暮らしすればいいと思うかもしれないけど、少しでも娘の帰りが遅いと近所に聞いてまわったり警察を呼んだりして騒ぐ人が親だと周囲への迷惑を考えて結局一人暮らしを諦めてしまう。その帰りが遅いというのも、例えば門限が夜10時で娘は「夕飯食べてくるかも」と言って家を出ているのに夕方の6時にしつこく携帯にかけて「何故こんなに遅いの、心配になるでしょ」と言うとか、そういうレベル。電車に乗っているときもしつこく電話し(メールをしても見てない)、一旦電車を降りて折り返せば「親からの電話にはすぐに出ろ」と怒鳴りつけられ、次の電車を待つ分帰りが遅くなると帰宅後また怒られ…という具合。周りも引いちゃうし、例え本人の人柄が良くてもおつきあいを遠慮したいと思ってしまう。気の毒だけど。

これ母にやられました。
本当に辛かった。
22歳で就職した時、職場は家から通える距離だったけど、私このままじゃ恋愛も何も自由に出来ないと思って一人暮らし始めました。
離れると本当に楽だった。
夜遅くコンビニに行けたことすら幸せに感じた。
関わりすぎはダメだね。私も子供いるのでこの経験を生かして過干渉にならんように育児しようと思う。

気持ちはわかる…すごくわかるんだけど、実際はダメな事。子どもは1人の人間だからね。親の所有物ではないからね。その人生の生き方を親が決めてはいけない。でも過干渉してしまう気持ちはわかる…。だって自分の命より大切な存在なんだもんね。わかるけど駄目だよ!

自分がされたら嫌なことはしないっていうのがシンプルなルールだと思う。
自分がその年齢の時に親からこの連絡きたらどう思うかな?という視点で考えて、愛のある連絡だと思えるあたりが線引きでは。

息子が高校生の時。息子の仲良しグループメンバーの母親達だけのLINEグループが発生した。
それだけでも驚きだったが…修学旅行で。
親のグループLINEで、今○○にいるみたい!と子供達のいる場所が報告された。何故わかる?いちいち親に報告する子供がいるのか?と思っていたら、6人中3人がスマホのGPSで息子達を監視していたとわかり、気持ち悪くなった。17歳の男子。

私はこれで、友達が離れていった。不思議だったのは、家を出たら、全く過保護どころか連絡もして来なかったこと。つまり、親は、私が可愛いんじゃなくて、自分の思うように動かしたかっただけ。目が届かないなら興味もないってこと。親の親もそう。連鎖する。

自分の母親がそうだった
自分の意見をひたすら押し付ける人
自分の考えが正しいんだと信じてる人
こちらの主張を全て潰す人
自分の主張が通らないから何でも諦めるようになってしまった

子離れ出来ないんだろうね…
自分も子供が中学生まではあれこれ先回りして心配したけど、高校生になってからは報告だけはきちんとして、ということで干渉を控えるようにしました。それくらいからは子供達からもほっといて!と怒られることが増えてきますしね。
今はそれぞれ一人暮らしで時々連絡が来てご飯に行こうと誘ってもらってます

のアイコン画像
子供を育てることに全力を注ぐ親が増えました。それはとてもいいことなのですが、過干渉と放任の境目がわからなくなってしまうヘリコプターペアレンツが増加。子供を守ることとコントロールすることは違いますよ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています