休校中のご飯のおともに!栄養たっぷりで子供におすすめのふりかけ7選

休校中や外出自粛中のお昼ごはん、時には手軽に済ませたいですよね。テレワーク中のママは子供がお腹をすかせても手が離せないことも。そんなときにおすすめなのが海鮮素材や野菜が栄養たっぷりのごちそうふりかけ。こちらではおすすめのふりかけをご紹介します。

栄養たっぷりのふりかけとは?

スーパーで手に入る普通のふりかけも美味しいのですが、今回注目したいのは海鮮素材や野菜が入った栄養たっぷりのごちそうふりかけです。かつお、こんぶ、エビ、海苔、めかぶ、しらすなどの海鮮素材が豊富なので、子供の成長に欠かせないタンパク質も摂ることができます。ソフトタイプのふりかけなら小さな子供でものどに詰まらせることがなく安心!ご飯にかけたり、おにぎりにしたりするだけでなく、あえ物やサラダのトッピング、パスタなどにもアレンジすることができてお料理のレパートリーが広がります。

ご飯にかけるだけじゃない!ふりかけを使ったレシピ

からあげの衣に

からあげをはじめ、揚げ物やフライの衣にふりかけを混ぜるといつもとは一味違ったあじわいに。

野菜を和える

かぶやレンコンなどの野菜をふりかけで和えるだけで副菜が完成!もう一品欲しいなというときやパパのおつまみにもおすすめ。

サラダのトッピング

生野菜のサラダやポテトのトッピングにもぴったり。和風ドレッシングとの相性も抜群です。

パスタのソースに

休校中のお昼ごはんに人気のパスタ。茹でたパスタをオリーブオイルであえて、ふりかけをかければ完成です。

トーストに乗せて

朝ごはんは手軽に済ませたいもの。トーストにチーズとふりかけを乗せてトースターでこんがり焼けば和と洋が融合したいつもとは違う朝ごはんができます。

おすすめのふりかけ7選

瀬戸の生ふりかけ きくらげ ちりめん 小エビ わかめ 香川県産 無添加

容量:100ℊ
国産栽培、無農薬で育てたきくらげを使って、瀬戸内で採れるちりめんじゃこ、小エビ、わかめと合わせてふりかけにしました。白ご飯にさっとふりかけて、混ぜご飯にして、パスタに和えて…使い方次第で色々なお料理に使うことができます。安心・安全で貴重な国産きくらげ、美味しい瀬戸の恵みをお楽しみください。

九州熊本の逸品 10種の中から選べる4種ふりかけセット

容量:各35-40g
納豆ふりかけ、鮭ふりかけ、野菜ふりかけ、十穀みそふりかけなど10種類のふりかけの中からお好みのものを4つ選ぶことができます。有明海の海苔にこだわったふりかけです。

いか昆布・梅ちりめん・たこ昆布 3種生ふりかけセット

容量:各70-80ℊ
厳選吟味した海鮮素材を柔らかく風味豊かに仕上げました。いか昆布、梅ちりめん、たこ昆布の生ふりかけ3点セットです。全国ふりかけグランプリも2連覇!海のうまみが凝縮された贅沢なふりかけです。

【6種類から選び放題】宇和海生ふりかけ40g×4種類!「生ふりかけ40×4」

容量:各40g
6種類から選び放題の宇和海産生ふりかけ。自然が創る素朴な味が人気です。育ち盛りのお子様の栄養補給におすすめ!ひじき,ちりめん,わかめ,昆布などを使用し栄養満点、ソフトタイプで柔らかく食べやすい。様々な料理のトッピングに使用できます。

「母ちゃんのふりかけ」4種から選べる!3袋セットたっぷり合計450g

容量:各150g
大容量だから遠慮なくかけられる「母ちゃんふりかけ」のご紹介です。定番ですが飽きのこない3種類のたっぷりボリュームのふりかけ!ごまの香ばしいかつお味・さっぱりした梅の風味とわかめの梅味・明太子の香りとピリ辛がくせになる明太子味・ツンとくる辛味と旨みのわさび味から選べる3袋。

ご飯のお供 ふりかけ4個セットふりかけ ひじきふりかけ 

容量:各30-40ℊ
毎日の食卓に栄養満点の三つのおいしさ、最高級の枯渇節の風味と栄養満点の厳選した素材が特徴です。鴨川産のひじきは煮崩れがなく、ふっくらとした食感と自然の風味豊か、国産の牛ひき肉を丁寧に炊き上げた牛そぼろはコクがありながらあっさりした味わいです。

国産 海の恵みふりかけ+イカ昆布ふりかけ 半生タイプ 2種類セット 各1袋(1種80g)

容量:各80g
栄養たっぷりの小魚と海藻類が入ったふりかけの登場です。豊富な魚介類のうまみが生きているソフトタイプのふりかけで小さなお子さまにも安心。昆布、めかぶ、わかめ、エビなどの魚介類をはじめ、風味づけに青のり、梅、しその実などが使用されています。

まとめ

大人も子供も大好きなふりかけは、あつあつのご飯にかけるだけでごちそうに早変わり。ふりかけを使ったレシピも豊富で、ご飯やおやつに大活躍です。美味しいふりかけを何種類か用意しておけば、休校中や外出自粛中のママの負担を減らすことができます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています