【ついに起きた】80歳男が免許返却後に高校生をはね逮捕される事件が発生!

免許自主返納後に運転、高校生はねた疑い 80歳男逮捕

このニュースの概要

4月に運転免許証を自主返納した80歳の男性が13日、車を運転し高校生をはねてけがを負わせたとして逮捕されました。返納後は親族に運転を依頼していたようですが、グラウンドゴルフの大会に向かったこの日は親族が不在だったとのことです。

この記事への反応

とうとう、あってはならない事件が起こりましたね。本当に全国で運転免許証の自主返納をアピールしているときに水を差すことをしましたね。

今の免許証はICチップが内蔵されているのだから、車載用のICカードリーダーを義務付けて、免許証を挿さないとエンジンがかけられないようにするとか出来ないものか?いくら免許証の返納を促進しても、無免許運転されては意味がない。

多分、「自分の運転には何の問題もないのに、子供らがうるさいから、仕方なく返納した」と確信していたのだと思う。

有効な免許証を差し込まないとエンジンがかからないようにするべき。

同じ事故を起こしても免許返納後の無免許で罪が重くなるなら返納しない方がまだましだと考える人もいると思う 。

自主返納したことを忘れてしまったのでしょうか。それとも、自主返納による何らかの特典を得つつ、無免許運転しようと思ったのでしょうか。返納をしておいて無免許運転した場合は新たな罰則を定めた方が良いでしょう。

法律違反をすることより、ゴルフ大会の方が重要と考えるだけでアウト。

免許を返さないほうが罪が軽い。

今回だけでなく返納後に何度も運転しているのでは。
無免許で運転は過失ではない、殺人又は殺人未遂で実刑が妥当。

無免許=無保険
家族にとって、返納して無免許無保険で運転する金銭的に莫大な危険があるのと
事故の可能性はあるが返納せず保険付きで運転を控えさせる金銭的な補償はカバーされる状況

 


のアイコン画像
免許証を自主返納したのに車を運転してはいけないですね。返納後は不便かもしれませんが、あってはならない事故です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています