妊娠検査薬の正しい使い方とは? おすすめ5選と特徴もご紹介

生理が遅れている、風邪っぽい症状……となると妊娠の可能性を疑いますよね。そんなときは市販の妊娠検査薬を使ってみるでしょう。
どこでも買えるものですが、初めての時は何を選んでよいのか迷ってしまうことも。
今回はおすすめの妊娠検査薬とその正しい使い方をご紹介します。
検査薬

妊娠検査薬とはどういうもの? そのしくみは?

妊娠検査薬とは文字どおり、妊娠判定をするための道具です。
妊娠すると尿から体内で分泌されるhCG(human Chorionic Gonadotropin:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を検出できるため、それで判定をします。
多くはhCG濃度が50mIU/mL以上に達していれば妊娠していることを示す「陽性」反応が現れますが、妊娠していなければ反応が見られないため、「陰性」となります。

妊娠検査薬はいつから使える?

妊娠するとhCG濃度が高くなるとお伝えしましたが、早い時期に妊娠検査薬を使ってしまうと、正しい判定結果を得られないことがあります。
時期が早すぎるて陽性にならなかった場合、「妊娠していない」として薬やお酒を飲んでしまうということも起こります。
一般的には、生理開始予定日の1週間後以降とされているので、決められた時期に使うようにしましょう。
また、妊娠の可能性があったり、体の変化があったりした場合は、薬やお酒の服用は避けた方がよさそうです。

妊娠検査薬の正しい使い方とは

基本的にはそれぞれ購入した検査薬の取扱説明書を参考にしましょう。
ここでは一般的な方法をご紹介します。

妊娠検査薬に尿をかける

どんな時間帯でも大丈夫ですので、妊娠検査薬の該当部位に尿をかけましょう。
かける秒数が種類によって違いますので、気をつけてください。

水平において1分待つ

正しく判定ができるように、尿をかけた妊娠検査薬は水平な場所に置きましょう。キャップがあれば装着しておいてください。

検査薬の反応を見る

妊娠検査薬には、検査が終わったことを示す「終了窓」と、陰性・陽性の判定が出る「判定窓」があります。間違えないようにしましょう。

早期妊娠検査薬というものも存在!

通常の検査薬のhCG検出基準値は50mIU/mlなのですが、早期妊娠検査薬は感度が高く作られています。そのため、25mIU/mLで検出できるのです。妊娠後に順調にhCGが増えていくという前提で、「生理開始予定の5日前から検査可能」といっている海外製の早期妊娠検査薬もあります。

ただ、生理予定日より遠くなればなるほど、正確性は失われていくので注意が必要です。

妊娠検査薬が陽性だったとき、陰性だったとき

妊娠検査薬の判定窓に棒線が現れたら陽性になります。
線が薄い場合は確定ではないので、数日後に再検査をしましょう。

陽性ということは

・正常な妊娠
・生化学妊娠(いわゆる化学流産)
・異所性妊娠(子宮外妊娠)や胞状奇胎などの異常がある
・不妊治療でhCG製剤の投与を受けている
・卵巣に悪性腫瘍がある

陰性ということは

・妊娠していない
・妊娠超初期で、まだ検出可能なhCG濃度に達していない
・水分の摂り過ぎなどで一時的に尿のhCG濃度が薄い
・生理周期の計算を間違えている

おすすめの妊娠検査薬5選

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用

ドゥーテスト
ロート製薬の「ドゥーテスト」は使いやすさを最大限に追求して作られました。尿をかける部分が大きく、かける時間も2秒と短め。 判定方法が箱だけでなく妊娠検査薬のスティックにも書かれています。使いやすいのでおすすめです。

【第2類医薬品】クリアブルー 2回用

オムロン(OMRON)
イギリスのユニバス社が開発した「クリアブルー」は、判定時間が1分と短いのが特徴。 生理周期が順調な場合は生理予定日の1週間後から判定できますが、尿中のhCGが少ない人は結果が不明瞭になることもあります。

【第2類医薬品】P-チェック・S 1回用

P-チェック
ミズホメディーの「P-チェック・S」は、ロングタイプなので検査しやすく便利です。 判定窓が四角、終了窓が丸と、異なる形で分かりやすく、結果に迷うことがないのも特徴です。

アラクス チェックワン 2回用

ほとんどの妊娠検査薬が放置しておくと判定結果が消えてしまったりしますが、こちらは10分経ってもくっきり判定結果が残ります。 判定間違い?となることもないので人気です。

【第2類医薬品】ウー・マン チェック 2回用 2本

ウー・マン
「ウー・マンチェック」は大きな採尿チップで尿がかけやすいうえに、手にフィットして持ちやすい親指グリップが採用されています。判定方法がスティックで確認できるのも分かりやすいポイントです。

まとめ

妊娠の可能性があると、早く検査したいと思いますよね。
でも、一般的には生理予定日の1週間後から使えるものがほとんどです。
そして、検査薬で陽性が出たら、しっかり病院を受診し、
妊娠確定の診断をしてもらいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています