日本で販売された乳児用の液体ミルクとは?赤ちゃんに本当に大丈夫?

2018年に乳児用液体ミルクの製造・販売は解禁されてはいたものの、流通していたのは海外製品ばかり。しかし、2019年3月、ついに国内で江崎グリコと明治が液体ミルクの販売を開始しました!
でも、粉ミルクとどう違うのか、どうやって使うのか、本当に乳児に飲ませて大丈夫なのかなど、疑問だらけではありませんか?
今回は液体ミルクについて、徹底的にご説明していきましょう。
ミルク・哺乳瓶

液体ミルクってどんなもの?

大きな特徴は粉ミルクと違い、「あらかじめ調乳されているミルク」という点です。
常温保存も可能なので、外出時や災害時の授乳に役立ちます。
海外では何十年も前から利用していましたが、熊本地震の際、緊急支援物資として被災地に送られたことで注目されました。
日本では2018年に製造・販売が解禁となり、2019年3月、江崎グリコと明治から発売されたのです。
海外では哺乳瓶にセットするだけというものもありますが、今回日本で販売されたものは、どちらも哺乳瓶に移すように書かれています。

液体ミルクのメリットとデメリットは?

メリット
  • 調乳の必要がないから誰が作っても一定の味になる
  • 外出の際、荷物が減る
  • 手軽だから赤ちゃんを待たせない
  • 常温で6ヶ月〜1年保存できるから非常グッズとして備えておける
デメリット
  • 今まで外国産しかなかったため、なじみがない
  • 粉ミルクより割高
  • 一度開けてしまうと保存がきかないので、無駄が出るかも

国産の液体ミルク どこで買えるの?

グリコ/アイクレオ赤ちゃんミルク

グリコ「アイクレオ赤ちゃんミルク」は成分ひとつひとつと原材料にこだわって作られ、母乳に近い栄養成分を目指したとされています。
全国のドラッグストアやベビーストアで販売中。バラ売りもあるので、1つ試してみてもいいですね。
もちろんネット販売もあります。

容量 125ml
値段 200円
容器 紙パック
賞味期限 6ヶ月

明治/明治ほほえみらくらくミルク

粉ミルクの「明治ほほえみ」と同等の栄養設計。
災害発生下でもミルクの品質を守れるスチール缶を採用しています。

容量 240ml
値段 215円
容器 スチール缶
賞味期限 1年

液体ミルクって安全なの? 栄養は?

アイクレオもほほえみらくらくミルクも、「母乳代替食品」とうたっているように、母乳成分に近づけ、栄養組成は粉ミルクを調乳した時と同じだと発表しています。
また、色や味なども限りなく母乳に近づけるよう研究を繰り返したのだそう。
ただ、「母乳に近い」とは言っていますが、当然ながら「母乳」ではないので、免疫力を高める効果はないとしています。

一度、開封したものを使いまわさない、直射日光に当てないなど、注意事項に書かれた基本的な事柄を守れば、安全で便利に使えそうです。

液体ミルクの口コミ

液体ミルクに関する口コミをインスタから集めてみました!

View this post on Instagram

3.13 ㅤㅤ ついに日本で解禁された液体ミルク! さっそく我が家にも届きました ◎ ㅤㅤ ひとりでふたご連れておでかけの時など、 念のためミルクも持ち歩いているのですが、 双子となるとなんせ荷物が多くて。 そして同時にぐずり出した時に限って ミルクが冷めなくて焦る焦る。w ㅤㅤ これはストローをぷすっとさして 哺乳瓶にじょぼじょぼ注ぐだけ! 常温で半年持つので、防災セットにも入れました 🙆‍♀️ ㅤㅤ ㅤㅤ 今日ちょうどおでかけだったので試してみたけと、 ほんとーうに楽!楽!素晴らしい! うちはもともとアイクレオを使っていたので、 嫌がることなく飲んでくれました 🍼 ㅤㅤ いまストローマグ練習中なので、 上手に飲めるようになったら 哺乳瓶いらずでこのまま飲めるってこと?楽ー! ㅤㅤ 来週、ひとりでふたり連れて新幹線に乗るので さっそく大活躍してくれる予感 ☺️ ㅤㅤ ㅤㅤ #液体ミルク #アイクレオ

A post shared by 𝑚𝑎𝑐𝑜 (@__maco) on

View this post on Instagram

✳︎ 今日もちょっと気晴らしにお出掛けさせてもらいました😌 ✳︎ スタバでティラミスフラペチーノ🥤ティラミス好きな私はリピートしたい程気に入りました💕 お昼は銀だこ✨しかもチーズ明太🧀✨ 幸せだった💕 ✳︎ 自分の洋服とか見たかったけど、結局娘の服選んでたら時間切れ😭 ✳︎ ベビはというと躊躇なく液体ミルクをぐびぐび飲んだそう✨ 毎回80mlで満足。 完母だけど、母乳もそのぐらいしか飲んでないっぽい⁉️だから授乳も2、3時間おきなのかな💦 もっと一回でいっぱい飲んでくれー‼️ ✳︎ ✳︎ ✳︎ #生後1ヶ月#男の子#2月生まれ #男の子ベビ#完母#生後36日 #子供のいる暮らし #赤ちゃんのいる生活 #液体ミルク#アイクレオ#新米ママ#新米ママと繋がりたい #ママ友募集 #2019_winter_baby部

A post shared by @ ma.se.11.02 on

https://www.instagram.com/p/BvLqi3eBaIr/

View this post on Instagram

待ちに待った#液体ミルク 販売にいたるまでにはプロジェクトX があったに違いない…!!胸アツ!! 我が家は一歳過ぎなので、タイムオーバー感はありますが…、#防災備蓄 と#買って応援 の意味をこめて少し買ってみました。 ストローでそのまま飲めるじゃん!!って思ったら、哺乳瓶移しかえ用のだから短いのね😂このあとコップで飲みました。 これ、混合の人とか少しミルク足したい人にちょうどいいかも!! ちなみに賞味期限は8月だったので、約半年。 あと、開栓したあとに「よく振ってからあけて…」を見てしまう方(私含む)お気をつけくださいwwww #アイクレオ #調整液状乳

A post shared by Mh Ksg (@34lilced) on

https://www.instagram.com/p/BvJth63ldDq/ https://www.instagram.com/p/BvJqhuNFVd7/

View this post on Instagram

子どもふたりと わたしの3人でおでかけをしてきたよ✨ きょうは抱っこひもでgo🏃 . 荷物を最小限にしたくて、 最近販売開始された液体ミルクを はじめて使ってみました🔰 哺乳瓶さえ持っていればOKというのは、 ありがたい☺ ごくごく飲んでいました。 . ほんとうは今日開催されている ウルトラマラソン、 柴又100kを見たかったのですが たくさん歩いてぐったりしてしまい、 参道でバラ売りしている おせんべい🍘食べて 早くも終了…😨 . 帰りは妹もお兄ちゃんも爆睡💤 しばらくダブル抱っこ (6キロ+15キロ)になってしまって 腰に負担かかりそうだから、 よいしょ、よいしょ~、って かけ声かけながら帰りました(笑) . 重いものを持つときは よいしょ、って言いながら 持つとからだ痛めにくいって 聞いたことがあって✨ そのおかげか、腰は無事👍 エネルギー使ったので、 お腹すきました🍴 ごはんは何食べようかなぁ😋 . . . #おでかけ #液体ミルク #柴又

A post shared by 徳島由莉 Yuri TOKUSHIMA (@yuritokushima) on

View this post on Instagram

【may 15,2019】 ✴︎#らくらくミルク 🍼 ・ 今日は初めてミルク缶を持ってお出掛け! 準備超楽なんですけど!!! ・ それでも朝からバタバタしながら 念願の#BWJ2019 へ出陣!!! ・ 最終日になっちゃったけど いい商品買えるといいな〜〜♡♡♡ ・ あ、入場証忘れたの(笑) でも登録した時の返信メール見せれば大丈夫みたい😂 助かったー💦 ・ ・ 去年はひなたの熱で行けず… ・ #子連れ#準備たくさん#まだ何も買ってないのに#荷物ぱんぱん#明治ほほえみ#液体ミルク#めっちゃ楽#みなタン#4ヶ月#調整液状乳#便利な時代

A post shared by mom lash artist 📍jpn (@xoxomkxoxo) on

https://www.instagram.com/p/BxZPJxJnisF/

View this post on Instagram

お出かけに持ち出すミルクが面倒だった件😆 お湯持って行ったり、 湯冷まし持って行ったり、 荷物になるし、 泣き出してから作ると慌てる慌てる でもこれなら開けてすぐ飲める〜 ゴミ捨てれる〜 こんなに素晴らしい物が発売されたら試すしかない〜 ということで 哺乳瓶に移してそのまま飲める 缶ミルク うちの子、大丈夫でした🙆‍♀️ いつも飲んでるメーカーの物だった事もありめちゃ便利✨ 1缶200円前後と割高ですが これからヘビロテ間違いない! 旅行とかにもいいかも✨ 嬉しい〜🙌 #8ヶ月ベビー #らくらくミルク #明治ほほえみ #明治ほほえみらくらくキューブ #お出かけ便利グッズ

A post shared by risa0709 (@ritamonattu) on

まとめ

液体ミルクを使うと夜にミルクを作る手間がはぶけたり、パパやおじいちゃんおばあちゃんでも手軽に作れたりという点がいいですね。
販売価格は粉ミルクに比べると少し割高ですが、メーカーは使い捨て哺乳瓶の同時販売なども考えているそう。何かあったときのために少しでも備蓄しておくとよさそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています