児童相談所に保護を求めた小6女児を追い返す 真夜中のありえない対応に非難の声続出

このニュースの概要
神戸市こども家庭センター(児童相談所)で護されたという。センター今月上旬の未明、親から家を追い出されたとして保護を求めてきた市内の小学6年の女児(12)に対し、当直業務を受託しているNPO法人の職員がインターホン越しに追い返していたことがわかった。女児は警察に自ら出向いて保は「極めて不適切な行為だった」としている。

この記事への反応

児童相談所はただ設置していればいいという情けない対応がこういう状態で未だになされているということはあってはならないことが現実にはあるという証左だ。またこういう大事な生命にもかかわる職員や対応がNPOでやってることが問題で真剣に取り組もうという意識がないということだ。やらない、できない、動かない職員はクビにしてもっと真剣に対応する職員を配置すべきだ。今回の対応は開いた口が塞がらない対応でしかない。

学校のいじめ問題もそうだけど、対応する一番現場に近い人たちが、めんどくさがって自分たちの仕事じゃないと思っている。学校の先生はいじめは当事者で解決してほしいと思っているし、児童相談所職員は、警察が対応してほしいと思っている。何で自分たちがやらないといけないのかと考えているのが真実。だから、これらの問題は未来永劫解決しない。

高校生に見えたとしても、そんな時間に訪ねてくるなんて緊急事態だと思わないんですかね。
高校生でも、そんな時間に助けを求めてきた子を追い返すなんて酷だと思います。

コイツは懲戒免職相当だな。それか夜間専門の嘱託職員かな?どちらにせよ、児童の身に危害が及ばなくてよかった。午前3時だよ、変質者に誘拐されてもおかしくない。上役と所長を厳しく処分するように。

午前3時に児相を訪問する人にインターホン越しでしか対応しなかったことにあきれる。 この職員は児相には向かない。今回事故事件にならずにすんだけど一歩間違えば大事になっていた。 児相のお仕事は人手不足もあって大変だと思いますが、人をそれも子供を救う大切なお仕事です
絶対に”お役所仕事”では対応していけません。

普通に考えて、あれだけニュースで児童相談所の対応が問題視されてるのに、この対応したわけだからクビでしょ。
こんな仕事しない人達が税金で生活していると考えると、自分達がなんのために頑張って仕事して税金払ってるか分からなくなる。

こんな時間だったら、児相でなくたって保護します。
犯罪や事故に会わなくて、ホントに良かった。
それより、児相が一番大事な現場をNPOに丸投げしていることが問題です。他人事なんですか?

お外に出て直接話も聞かないでは、当直の意味はないし仕事放棄しているのと一緒。
大人がこういう態度だから、虐待による悲惨な事件が無くならないのだと思う。

この親子のやりとりも気になりますが、これだけ児相の対応が毎度、問題視されているのにまだこういう職員がいることに呆れます。
人の命にまでかかわるかもしれない仕事なのにわかっていないのなら、その職は向いてないでしょう。

高校生だったらいいと心から思っているようですね。
まともな家庭の高校生は、午前3時に家から出たりしません。
親も子も寝ています。そんな時刻に助けを求めてきたら、何か事情があるに決まっていますよ。

のアイコン画像
状況はわかりませんが、他の方も言うようにこの職員は児童相談所には向かないのだと思います。仕事であるないにかかわらず子供に対する理解や思いやりを常日頃から持っている人でないと務まらないのでは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています