赤ちゃんの初めてのヘアカット!ハサミやケープなどおすすめの散髪グッズ7選

伸びた髪が邪魔、暑そう、そんな風に感じたら赤ちゃんの初めてのヘアカットにチャレンジしましょう。ハサミを使うのでママも緊張しますが、赤ちゃん用の散髪グッズがあればスムーズにカットできます。こちらではハサミやケープなどおすすめの商品や赤ちゃんのヘアカットのポイントなどをご紹介。

ヘアカット

赤ちゃんのヘアカットいつから?

ママが悩むのは初めてのヘアカットの時期。これは髪の毛の状態によりますので赤ちゃんそれぞれです。髪の量が多い赤ちゃんや、伸びるのが早い赤ちゃんは3か月ころからカットすることもあります。前髪やサイドの髪の毛の伸び具合をチェックして、遅くても6か月頃には初めてのヘアカットを経験する赤ちゃんがほとんどです。

赤ちゃんのヘアカットのポイント☆

赤ちゃんのヘアカットは最初はちょっと難しいかもしれません。ママは赤ちゃんを傷つけたらどうしようと不安になりますし、赤ちゃんによっては嫌がって泣いたり、動いてしまったりすることもあります。ポイントは決して無理強いしないこと、そして美容院へ行ったような完璧なスタイルを求めないことです!

■ポイント

テレビやスマホなどを見せる

赤ちゃんは髪を切っている間もじっとしていられません。何をされるんだろうという不安から泣き出してしまうことも。そんなときはお気に入りのアニメをテレビやスマホで見せてあげるとじっとしていてくれます。

髪の毛を濡らす

乾いた髪の毛はぱらぱらと散らかりやすく、赤ちゃんの目に入ったり、皮膚に触れて痒がることも。霧吹きなどで軽く濡らしてあげると切りやすくなります。

スキばさみ使う

普通のハサミだけだとどうしても毛先がぱっつんになってしまいます。そんなときはスキばさみがあると毛量を調節したり、毛先を自然な仕上がりにすることができます。毛先をつまんでカットすれば、刃が肌に触れにくく安全です。

ドライヤーやバリカンはNG

ドライヤーやバリカンは大きな音が出て、赤ちゃんがびっくりしてしまいます。ヘアカット=こわい、と思うようになってしまうと大変なのでNG!ドライヤーやバリカンはもう少し大きくなって慣れてから使用するようにしましょう。

おすすめのヘアカット動画


おすすめの散髪グッズ7選

サボ ヘアトリマー ベビー&キッズ ヘアカッター ヘアカット

髪の量を調節し、毛先を自然な形でカットできるヘアカッター。カットもスキ刈りもできる2WAY。クシでとかすようにカットするので、ハサミを怖がるお子様にも安心です。赤ちゃんから大人の方まで使用できます。

ベビーキュート ヘアカットセット スキハサミ スキ鋏 散髪ハサミ 散髪はさみ ヘアカット

高品質ステンレス製で切れ味シャープなカットハサミや髪のボリューム調節し毛先を自然に仕上げたいときにおすすめのスキはさみのセットです。プロの持ち方が自然にできるハンドル設計と指穴調節リング付です。

【グリーンベル/GREENBELL】BA-112 ダイヤルヘアカッター (クシ付き)

クシ付きだから髪をとかすのも切るのもこれ一本。ダイアル操作で切る量を調整。クシ目の違う普通刃とスキ刃のツーウェイタイプ。さらに5段階のダイヤル操作で刃の出し具合を簡単に調節できます。先端は頭皮にやさしい円盤型。左右切替式。

ベビー用 散髪マント 散髪ケープ ヘアーエプロン

赤ちゃんの散髪中も切った髪が散らからない散髪用ケープ。コンパクトに折りたためるので収納にも場所を取りません。

ベビー 散髪用エプロン おうちで使う散髪ケープ

こちらはおしゃれな柄がかわいいベビー用散髪ケープ。切った髪が散らからないので片付けもとっても便利。折りたたんでコンパクトに収納できます。

パナソニック/簡単操作で安全設計。赤ちゃん専用のヘアカッター ER3300P-W

こちらは刃が赤ちゃんに触れない安全設計のヘアカッター。カットした毛くずが飛び散らないので片付けもラクラク。カットした髪の毛はカバーの中に溜まるのでそのままゴミ箱に捨てるだけ。ママの手にフィットする小型形状です。

ヘアカッター ダイアル クシ付 ベビー用 日本製

ダイアル操作で切る量を調節できるヘアカッター。5段階のダイアル操作で刃の出し具合を調節でき、切り過ぎる心配がありません。左右のクシ目の違う普通刃とスキ刃の2WAYタイプです。ハンドル部分は角度を左右に切り替え可能です。6か月頃から使用できます。

まとめ

赤ちゃんのヘアカット、上手にできそうですか?少し大きくなって髪の量が増えてきたら美容院へ行くのがおすすめです。また赤ちゃんのときの髪の毛は、写真と一緒にとっておくと大切な記念になります。初めてカットした髪の毛で筆を作るサービスなどもありますのでチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています