おしゃれで使いやすいベビーケープ9選!抱っこひも用やベビーカーの防寒は必須【2019】

肌寒くなってくると、外出のときに必須なのが抱っこひも用のケープ。ベビーケープ、防寒ケープ、ベビーウォーマーなど、いろいろな呼ばれ方をしていますが、つけはずしが簡単なので、抱っこのときもベビーカーにも使えてとても便利です。
今回はケープの選び方とおすすめの9選をご紹介します!ベビー ケープ

防寒用ベビーケープの選び方

様々に活躍するベビーケープですが、何に注目して選べばいいのでしょう?
そのポイントをご紹介します。

素材を確認する

ベビーケープやベビーウォーマーにはいろいろな素材が使われています。

中綿

ふわふわしているので、軽くて暖かいです。
最近は発熱する素材を使っていることもありますが、丸洗いできるのでお手入れが簡単です。

ダウン

空気の層を多く含んでいるので、1枚だけでも暖かいです。
ただ、肌寒いくらいのときには使えないというデメリットも。

フリース

軽くてコンパクトなので肌寒くなってきたころに、温度調節するにはぴったり。
真冬はコートなどの上着と組み合わせましょう。

表面の生地やデザインを確認する

雨が汚れを防ぐ撥水加工がされたものや、帯電防止加工がされたものなどがあります。
ポケットがついていると、何かと便利です。

何通り使えるか確認する

一つのケープでどのくらいの使い方ができるのかを確認しましょう。
ライフスタイルにあった、自分にとって必要な使い方ができるよう、選びましょう。

おすすめのベビーケープ<中綿>

ユグノー FTケープ+はっ水 抱っこひも ベビーカー防寒ケープ

フィールサーモという生地には赤外線を吸収する発熱効果、そして、熱を保つ蓄熱効果があります。すそ部分が足元をくるんでくれるので、すきまから寒い空気が入ってくることがありません。

3way コンフィケープ

中綿なのに、ダウンのように軽くて暖かいシミレーテッドダウンを使っているから、汚れても洗濯機で洗えます。
抱っこひも、ベビーカーはもちろんのこと、おんぶにも使えます。

ポグネー ベビーケープ キャリアカバー

外側はアウトドア用の生地、裏地は最高級極細ポラポリス生地になっています。
フードの裏地にはオーガニックコットン100%を使っているので、お肌にも優しいですね。

セブンエイエムアンファン プーキーポンチョ

多くのセレブママが使っているブランドというだけあって、とてもおしゃれ!
高品質な素材を使っているので保温効果があるのに、丸洗いができるところも嬉しいですね。

おすすめのベビーケープ<ダウン>

ベビーホッパー/オールウェザー・ダウンカバー

エルゴベビーと共同開発したケープ。
レインカバー、ダウンカバーのそれぞれ単体でも使え、2つを組み合わせれば、真冬の気候にも対応。1年中使えるので、とても便利です。

ダディダディ エアライトダウン3Wayフィットケープ

約100gの超軽量ダウンケープ。
スナップボタンで留めるだけなので、つけ外しも簡単。アジャスターもついているので、成長に合わせて使えますね。

おすすめのベビーケープ<フリース>

くま耳つきボア 素材 リバーシブルマルチケープ

内側のボアを外せばレインカバーにもなるので、1年中使えます。
スリーピングカバーがついているので、頭も寒くありません。
もちろん家で洗濯ができます。

ママコ プリュムケープ

デザイン性の高い表地に、裏地がフリースなので、赤ちゃんに触れる部分がとても暖かいです。
外側には帯電防止加工がされているので、安心ですね。
収納用巾着袋もついているので、持ち運びに便利です。

ソレイアード 2Way ベビーウォーマー

歴史あるテキススタイルブランドの素材にこだわったベビー ケープ。
赤ちゃんの足先までしっかり包んでくれるから、冷たい空気が入る心配がありません。
撥水加工の生地を使っているので、おていれも簡単です。

まとめ

防寒用のケープは、肌寒いときには大活躍!
最近は一年中使えたり、何通りもの使い方ができたりするものがたくさんあります。
赤ちゃんが暖かくすごせるように、ベビーウォーマーを検討してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています