厚着のままチャイルドシートは実は危険!?聞けば納得のその理由とは?

このニュースの概要
寒い時期、乳幼児をチャイルドシートに乗せる際、ダウンジャケットや分厚いコート、おくるみ(ベビー服)などを着せたまま、座らせていませんか。じつはこの状態、衝突事故などの際、子どもの命に危険が及ぶ、とても恐ろしい行為なのです。なぜ危険だといえるのでしょうか。

この記事への反応

信号待ちで 並んだ横の車を見るとチャイルドシートに 座らせてるけど ハーネス着けてないお子さんが居ることも・・・・

チャイルドシートのベルトを上着なしの時でセットしているので、我が家では面倒ですが脱がせています。

まさに昨日、ダウンに合わせてハーネスゆるめたとこ!ナイロンで滑りそうだなとは思ったけど、身体とのダウンによる隙間も危ないんですね。勉強になりました。

チャイルドシートの時はコート脱がせて上からブランケットとか毛布かけてたな
事故の際の危険もあるけど、ずっと厚着したままでいるのは体温調節のうまくできない赤ちゃんにはしんどいと思う

締め方が不十分で車外へ放り出されてしまった事故が今までもあったでしょうね

考えれば分かることだけど、なかなかそこに考えをめぐらすことはできないですね。購入時の説明だけでは、夏に買った人などは忘れてしまいそうですし。もっと発信して、意識づけていくしかないでしょう。

「よく考えたらそうだけど言われなきゃ気付かなかった」って人多いんじゃないかな?
私も気を付けよう。

あと、乳幼児向けの後向きベビーシートを助手席に付けてる人も結構多い。
エアバッグ作動したらかなり危険。

分かってはいるけど2歳差の子供で2人ともまだ親が上着を脱がす、シートにのせる、車から降りたらまた服着せる、を手伝う必要あるので脱がせるのかなーり面倒。モタモタしてるの上の子が駐車場飛び出して行っちゃう。そもそも説明書通りに装着したのに気づいたらハーネスはずれてることも。チャイルドシートの構造自体見直してほしい。


以前、ダウンを着てチャイルドシートに乗せた子供人形が、事故時にダウンから脱皮するように飛び出していく動画を見て以来、必ず脱がせるようになった。

嫌がって泣いても子供の命には変えられません
乗車中の子供の命を守れるのは親しかいません
今でもまだ走行中に後部座席で子供をジャンプさせてる車も見かけます
年末に不幸な事故がないことを祈ります

勉強になりました。チャイルドシートはきちんと装着しないと意味がない とはわかっていましたが、上着を着てたらその厚み分も緩んでいる状態なんですね。言われてみれば納得。

のアイコン画像
言われてみると納得だけど気づかなかったという声が多く、とても役立つ記事だと思いました。乗せるときに上着を脱がせて降りるときにまた着せる、確かに面倒だけど子供の命には変えられません。全国のパパママ、ハーネスの使い方を今一度確認してください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています