緊急事態宣言を受け東京を脱出する人が続出!「移動を控えるようにもっと呼びかけるべき」

このニュースの概要
新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、7日にも緊急事態宣言が出されるとの情報が流れ、ツイッターでは「東京脱出」というハッシュタグ(検索ワード)が拡散されている。だが、ウイルスを地方に運び、そこで広げてしまえば、新たなクラスター(感染者集団)を生んでしまうおそれも否定できない。専門家は注意を呼びかけている。

この記事への反応

問題はこれだよなぁ、仕事と関係なく避難目的で来られると潜伏期間中のかただったりした場合その土地で感染を拡大させてしまう。

確かに学校も休み、仕事も休み。蔓延してる都市にいる必要がなくなったら、少しでも安全な土地に…っていう気持ちも分かるけど、それじゃあいつまで経っても終息しないよ。

未だに「自分は感染しているはずはない」、「自分が感染しないようになんとかしよう」という意識を持っている人がいるということか。
まず、こういう意識を持つ者を根絶しないと収束には程遠いと思います。

緊急事態宣言出すならこの事も言ってよ!!と思います。うちの県はほぼよそから来た人が発症していて私の地元の指定医療機関は予定病床オーバーしているそうです。

「地方に迷惑を掛けてはいけない」というような考えもなく、自分だけが良ければいいという短絡的な考えて行動を起こしたら大変なことが生じる。自分がもしかしたら保菌者であるかも知れないというような危機意識を持って慎んだ行動が求められる。

全世界に広がったのは人が運ぶから。人の動きで全世界に広がったのに…。
ここまできたら自分が感染している事を前提に行動しないと感染抑制は出来ない。
特に都内在住の人は「自分がうつらない為には」の考えから「自分がうつさない為には」の考えにシフトして行動してほしい。
都内の人への差別や偏見ではなく、日本全土のことを考えれば誰しもがそう考えれるはず。

このままでは、大量の首都圏、阪神圏住民が「疎開」を始める。そして、そういう人たちは自由を求めて脱出してくるので、緊急事態宣言が全国に蔓延するのも時間の問題。

今は特に人口の多い都市では自分が感染している可能性があるんだと思って そのまま留まって欲しい。大型連休ではなく ウィルス感染対策なんです。といっても 自分は関係ないって思ってる人が多いんだろうな。

ロックダウン情報で一気に地方逃避行したイタリアやタイの例、ヨーロッパバカンス帰りなのに自宅待機を無視したフランスの例、結果感染を広めてしまって大変な状態になっています。こういう事例を認識して欲しいです。
地方の方がベット数、医療体制が脆弱です。既に出されている資料を見れば明らかです。むしろ危ないでしょう。
今回の宣言は、人の移動を少なくする事によって感染拡大を抑え、その間に対策を取る事です。3月連休で気が緩んだ結果今この数字です。帰省して感染を広げてしまったら、重症化したあなたの母親は父親は2度とあなたと会えなくなるかもしれません。自分は違うと過信せず宣言された県の方は移動しないで欲しいと思います。

のアイコン画像
海外ではロックダウン前や解除後に旅行に行く人が多いようで地方に感染広めてしまうことが指摘されています。感染を拡大しないために一人一人の配慮が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています