まるでドレスを着てるみたいなドレスアップスタイ!SNS映え間違いなしのおすすめ10選

冠婚葬祭やおでかけなどの際に赤ちゃんにフォーマルウェアを着せるパパママは多いですが、正直着せるのが大変だし赤ちゃんが嫌がることも。そんなときにおすすめなのがドレスアップスタイ!こちらではおすすめのSNS映え間違いなしのおしゃれなドレスアップスタイを集めてみました。

ドレスアップスタイとは?

ドレスアップスタイとは最近人気のおしゃれなスタイのこと。形は一般的なスタイですが、レースやフリル、リボンなどがあしらわれていて正面から見るとまるでドレスを着ているみたい!赤ちゃん用のフォーマルドレスは着せるのが大変だし、赤ちゃんが嫌がったり、洗濯が面倒だったりしますよね。ドレスアップスタイなら首の後ろでパチンと留めるだけでドレスアップできます。さっと付けてさっと外せるのでとても便利。男の子用にはネクタイやベスト付きのドレスアップスタイも!

ドレスアップスタイの口コミ

おすすめのドレススタイ10選

【ベルメゾン】 リボン付きシフォンドレススタイ 「ライトグレー」

首もとのスナップボタンをパチッと留めるだけでお出かけスタイルに変身。寝転んだままや座ったままでもスムーズに着脱でき、ちょっとしたお呼ばれや記念日の撮影にもぴったり。身生地は綿100%のスムース素材でやさしい肌ざわり。シフォンを重ね、フレアスカートのようなふんわり感、中央にはシフォンの飾りリボン付きです。

蝶ネクタイ付ドレスアップスタイ

おでかけに、記念日に、写真映えするおしゃれなフォーマルスタイです。安心安全の日本製。ギフトにもオススメ。後ろのスナップ留めは2か所で長さ調節可能。前の蝶ネクタイは、スナップではずせます。

子供服 スタイ ビブ エプロン よだれかけ ベビー BIBSY GIRLS TULL DOLL

襟元と裾にたっぷり。コットンチュールのギャザーがシフォンにオン!シンプルな洋服の上に重ねるだけで、ドレスアップ。月齢少なめの赤ちゃんが着るとドレスのように。後ろ下にも身頃があるから、常時フィットし、 お子様が嫌がることなく、のびのび動けます。

ドレス アップ ビブ ギンガム ハート おめかし

鮮やかな色合いがカワイイドレスアップビブを付けると華やかなお出かけスタイルに。ひらっとかわいい二段スカート。首周りの長さが調節できるので成長に合わせて長く使うことができます。

niva チュールとレースのスタイ(二ヴァ BOX入り)

付けるだけでドレスアップできるドレスアップビブ。写真映え間違いなしです。素材から縫製まですべて日本製なので安心。細めのリボンや繊細なチュール、ふんわりシルエットが特徴です。かわいいギフトボックス入りでプレゼントにもおすすめ!

niva ニヴァ 女の子 スタイ ハート刺繍 フリルスタイ heart embroidered frill bib

赤ちゃんの誕生という幸せな時を共に喜び、おめでとうの気持ちを込めて、笑顔がこぼれる瞬間をお贈りいたします。出産祝いやお誕生日のギフトにぴったりなドレスアップスタイや、お食事エプロン等、大人が好きな’かわいい’を提案します。

Alohaloha Japan アロハロハ・ジャパン BIBSY GIRLS 

肩から裾まで大胆なワンショルダーフリルをあしらいました。暖かくなってきたらこれ1枚、またはトップスの上からビブとして、1年通してご着用できます。

SOULEIADO 着るスタイ ドレス ミント

袖を通して着るタイプのスタイなので、くるくるとずれてしまう心配はありません。また、内側には防水素材の生地を挟んでいるため、肌着やお洋服に水分が浸透するのを防ぎます。首元は面テープで調節可能です。さっと着せるだけでドレスアップできます。

フォーマル スタイ 『POMPKINS』ポプキンズ

POMPKINS(ポプキンズ)は、ひよっこお母さんだった創業者の優しい想いから生まれました。サテンリボンに繊細なチュールをあしらったおしゃれなスタイです。特別な日のドレスアップによく似合う、上品なデザイン。着なれたお洋服の上につけるだけでも、おしゃれ感がアップします。

ミキハウス mikihouse ドレス風スタイ・ブルマセット

さっとつけるだけでドレスアップできるスタイ・ブルマセットです。お祝い事やおでかけに。ギフトにもおすすめです。優しい色使いとディテールにこだわったスタイなので、派手になりすぎずにドレスアップできます。

まとめ

赤ちゃんにドレスはちょっと窮屈だけどドレスアップスタイならさっとつけるだけでまるでドレスを着ているみたい。かわいくおめかしした赤ちゃんにおじいちゃまおばあちゃまも大喜び。一枚持っていると大活躍です♡

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています