麦茶を赤ちゃんに飲ませるのはいつから?あげる時のタイミングやポイントとおすすめ商品7選

生後すぐから母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんにも、離乳食を始める前に他の味を……ということで、麦茶を飲ませたいと考えるママも多いでしょう。でも、あげるタイミング、難しくないですか? 大人の麦茶をあげていいの? どのくらいの量を与えればいいの? と迷うこともあるのでは?
今回は赤ちゃんに麦茶をあげる時のポイントや注意点、おすすめの麦茶をご紹介します。

麦茶

赤ちゃんに麦茶はいつからあげていい?

市販のベビー用麦茶のなかには、生後1カ月から飲めるものもあります。
でも、実際には、WHO(世界保健機関)が発表した指針にしたがい、離乳食を始める前の生後5〜6か月ごろから飲ませるのが一般的です。

それでも、大人用の麦茶では味が濃いので、離乳食の時期は赤ちゃん用に薄めてあげたり、ベビー用の麦茶をあげたりするようにしましょう。

赤ちゃんへの麦茶のあげかたは?

もし、麦のアレルギーがある場合もあるので、初めてあげる時は、ほかの離乳食食材と同じように、スプーン1杯を飲ませてみて、じょじょに増やすようにしましょう。

また、冷えたものをあげるとお腹が冷えてしまうので、なるべく常温にするか、お湯で薄めてあげるようにしてみてください。

麦茶を飲ませるタイミングはいつ?

麦茶を飲む子供
赤ちゃんに麦茶を飲ませるのは、汗をたくさんかいたあとがいいでしょう。
外出時の水分補給でもいいですが、お風呂上がりなのが最適です。

離乳食が始まったら、食事と一緒にあげるようにすると、甘いものを飲まない習慣づけにもなるようです。
また、虫歯予防にもなるとされていますよ。

麦茶は赤ちゃんに安全?

赤ちゃんはカフェインを分解する力が弱いのです。
麦茶にはカフェインがないので、幅広い年齢の人に受け入れられています。そのため、妊婦さんにもおすすめされることが多いでしょう。

ただ、アレルギーの可能性はゼロではありません。
麦茶は小麦ではなく、大麦を使っているので、小麦アレルギーとは直接的な関係はありませんが、「麦類」に弱い子もいるので、確認するようにしましょう。

麦茶はいたみやすいお茶なので、必ず冷蔵庫に保存するようにしてください。

赤ちゃんにおすすめの麦茶8選

和光堂 飲みたいぶんだけ 麦茶 1ヶ月から幼児期まで(1.2g*8包入*3コセット)【飲みたいぶんだけ】

国産の六条麦茶を使ったフレークタイプの麦茶。 お湯で溶かして、人肌に冷ましてからあげるようにしましょう。

和光堂 ベビーのじかん むぎ茶 500ml (1ヶ月頃から)【24本セット】

菌を防ぐ乳化剤などを使用していない無添加の麦茶。 成分的には安心ですが、開けたらその日のうちにのみきるようにしましょう。

ピジョン ベビー麦茶 500ml(1ヶ月頃から)【24本セット】

国産の二条大麦を使用した麦茶。 ペットボトルタイプなので保存がしやすく、ストローが使えない赤ちゃんにも必要な分だけあげることができます。

ピジョン 紙パック飲料 ベビー麦茶(125ml×3個パック)×4個  02P03Dec16

飲みきりサイズの紙パック入りベビー麦茶。 持ち運びに便利で、ストローを使う練習にもなります。

和光堂 元気っち! むぎ茶(125ml*3本入*6コセット)【元気っち!】【麦茶】

赤ちゃんが持ちやすく、吹きこぼれにくい麦茶。 他の容器への入れ替えもできるので、ストローの練習にもなりますし、哺乳瓶などに入れることもできます。

はくばく こども喜ぶ麦茶 416g(8gx52袋)×12袋入

大麦を低温でじっくり焙煎してあるから、ほのかな甘みがある麦茶です。 実際に子供に飲んでもらって改良を重ねて開発した商品だそうです。

伊藤園 健康ミネラルむぎ茶 こども麦茶 125ml紙パック×36本

国産大麦を100%使用し、素材本来の甘みと香ばしさを引き出したむぎ茶。ミネラルもあり、無香料・無着色で仕上げています。

OSK オーガニック麦茶 自然の実り 160g(10g×16袋)

農薬や化学肥料を一切使わない100%オーガニックの麦茶。ティーバックにも無漂白の素材が使われています。赤ちゃんに飲ませる分は、熱湯や湯冷ましを入れてうすめてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんにはじめて麦茶をあげるのは、生後5〜6ヶ月からが良さそうです。
そして、ひとさじずつあげるようにしましょう。
個人差があるので、焦ることなく、赤ちゃんの様子を見て、飲ませるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています