焼き芋メーカーって知ってる?ホットサンドやじゃがバターも作れて便利

専門店が続々と登場するなどブームとなっている焼き芋。家で手作りするとなると意外と難しく、甘くホクホクにはなりません。そこで登場したのが「焼き芋メーカー」。自宅で手軽に焼き芋を作れるホットプレートのようなものなのです。
今回は焼きとうもろこしやジャーマンポテトなど、焼き芋以外の料理も作れる「焼き芋メーカー」をご紹介します。
親子で焼き芋

一台あれば最強! 手軽に使える「焼き芋メーカー」

簡単便利な「焼き芋メーカー」ですが、電気、コンロ、ストーブ、IHなど調理法は様々です。メーカーによってどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

SOLUNA 焼き芋メーカー BAKE FREE/ドウシシャ

電気調理
付け替えプレート付き(平面・おにぎり)

スイッチを入れ、待つこと40分。上下のヒーターで水分を飛ばすから、栄養素も逃さず、甘い焼き芋が出来上がります。オプションプレートを使えば、焼きおにぎりやホットサンド、アップルパイ、炒め物などが簡単に作れます。

口コミ
のアイコン画像
薩摩芋をスタンバイして、商品が届くことを待ってました。届いたので、作りました。おいしいです。大きい芋はカットしました。もちろん冷めてもおいしいです。
今度は焼おにぎり、夏は焼とうもろこしと作りたいものがいっぱいです。

別売りプレート

たい焼きやドーナツなど生地を流し込むだけで、お店で売っているようなものが作れます。自宅で作るからアレンジの幅も広がりそうですね。

魔法の焼き芋鍋 発熱セラミックボール付/イシガキ産業

電子レンジ調理

器の形がかわいい焼き芋器。付属のセラミックボールと一緒に電子レンジにいれるだけで簡単においしい焼き芋が完成。じゃがバターなどもほくほくに仕上がります。

口コミ
のアイコン画像
届いたその日に焼き芋にトライしてみました。
思ったより簡単に調理をすることができ、食べてみると予想以上のほくほくで
石焼いもの味そのものでした。
そろそろ安納芋の収穫を予定しているので今からこの活躍が楽しみです。

ホーロー焼き芋器/高木金属工業

ガスコンロ調理
IHクッキングヒーター(200W)用

専用の小石がついているので、文字通り「石焼き芋」が作れます。また、焼きとうもろこしや鮭のホイル焼きなどが作れる簡単レシピもあります。ホーロー製だからお手入れも簡単!

口コミ
のアイコン画像
知人に「芋が美味しく焼けるよ」と勧められ、半信半疑で購入しましたが、予想を遙かに超えるコストパフォーマンスでしたす。
「ジャガイモ、なると金時、安納芋」などにトライしましたが、いずれも美味でした。
特に安納芋では「焼き芋の概念」が全く変わりましたので、鹿児島から「本場物」を取り寄せたほど程です。
友人にも「芋とセット」でプレゼントしちゃいました。

ほっこりぐるめ 焼き芋鍋/イシガキ産業

ガスコンロ調理

外の皮もパリパリになるくらいの本格的な石焼き芋が作れます。お鍋が陶器だから遠赤外線効果で美味しさもアップしそうです。もちろん普通の鍋としても使えます。

口コミ
のアイコン画像
お値段以上の素晴らしい商品です。焼き焦げができるのでアルミ球を入れて底上げしてます。ふっくら甘いお芋が食べれます。重宝いたしております。ありがとうございました。

グレイスラミック 陶製焼きいも器/カクセー

電子レンジ調理

陶器と付属の天然石で、時間をかけず、優しい味わいに仕上がる焼き芋器。もちろん焼き芋のほかに丸ごとにんにくやごぼうチップスなども楽しめます。

口コミ
のアイコン画像
電子レンジで簡単に焼きいもを作れて便利です。

石焼きいも鍋 いも太郎/具

ガスコンロ調理

天然石と陶器の遠赤外線効果で芯までホクホクに焼き上がります。もちろん、とうもろこしや栗、落花生などもおいしく焼き上がります。通常の土鍋よりも高い温度を維持できるところが魅力ですね。

口コミ
のアイコン画像
石焼芋が家族中好きなのですが、なんせ買うととても高い!
それで購入しました。感想は大満足です!! 初めに石を洗ってという事で、最初は石をとりだして洗っていましたが、面倒くさくなり、今は鍋に水を少しいれて、ゆすいで、流しています。(小さい穴から流すようにすると石が流れません)このやり方にしてからは本当に簡単になりました^^。
石焼芋は最初強火10分でそのあと40分弱火(途中ひっくりかえす)消火してから1時間位余熱でじんわりすると~~おいしい焼芋のできあがり~^^
さつまいもだけでなく、じゃがいもも同様、皮ごと香ばしくいただけます。一年中使えます。

「石焼き芋メーカー」の選び方のポイントとは?

石焼き芋メーカーを選ぶときに考えなければいけないポイントは5つです。
ここでは、どこに着目すべきかご紹介します。

どうやって作るか

ご紹介してきたように、電気を使ったり、ガスコンロを使ったりといろいろです。本格的な石焼き芋のような仕上がりにするために、何を重視するか考えましょう。

かかる時間

ガスで調理すると時間はそれなりにかかりますが、電子レンジ調理だと数分です。仕上がりを重視するか、時短で手軽に使いたいか目的に応じて選びましょう。

他に何を作るか

ドーナツやおにぎりなどバラエティに富んだものを作りたいのか、野菜やお肉等、素材の味を生かして芯までじっくり熱を通したいのかによっても変わってきます。また、自宅にすでにある調理器具を考えて選んでもいいですね。

価格

焼き芋メーカーを買うのは、お店で買うと高いものを自宅で手軽に楽しみたいから、という目的もありますよね。性能と価格を比較して、自分に合ったものを選びましょう。

大きさ

特殊な形をしている鍋もあるので、置き場所に困ることも。サイズもしっかり確認しましょう。

まとめ

いまや大注目の「焼き芋メーカー」。
一家に一台あると、話題性もありますし、家族で楽しめそうですね。焼き芋以外、どんな調理をしたいかなど考え、ニーズにあった商品を選んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています