【2020】働き方を選ぶ時代!主婦に人気の資格の選び方とおすすめの7選

今すぐは無理でも、子育てが少し落ち着いたら仕事に復帰したい、新しいことにチャレンジしてみたいけど、資格があった方が有利なのでは? と勉強に励んでいる方も少なくないでしょう。今回は資格を取るメリットとその選び方、おすすめの資格についてご紹介します。

資格

資格をとるメリットとは

主婦が資格を取っておくと、次のようなメリットがあります。
一度取ればずっと役に立つものが多いので、思い立ったら、早めに取得しておくとよさそうです。

  • 再就職しやすくなる
  • 待遇がよくなることがある
  • 目標があるので充実する
  • 趣味が増える

趣味系の資格なのか仕事に役立つ資格なのかによっても違いますが、自分の知識を広げることにつながり、自信にもなります。

資格を選ぶ際の5つのポイント

今回は、趣味の分野ではなく、仕事につながりそうな資格を選ぶ際のポイントをご紹介します。

取得しやすいかどうか

 主婦は時間の制約もあるし、学校に通うにも限界があります。
 なるべく短期間で、通いやすいものを選びましょう。

費用がどのくらいか

 費用対効果に着目しましょう。どんな仕事に就けるかということにもかかわってきます。

働きやすいかどうか

 資格をとってから、企業へ就職できるのか、在宅ワークに役立つのかなどを調べておきます。
 独立や就職支援サービスがあると、よりよいです。

需要があるか

 資格を取得しても雇用されなければ、たんなる趣味で終わってしまいます。
 業界の将来性や安定性についても調べましょう。

長く続けられるか

 子供がいても、年齢を重ねても続けられる資格や技術課どうか調べておきましょう。

主婦におすすめの資格7選

医療事務

病院やクリニック、診療所などで仕事をすることができます。
業務内容としては、受付や会計、医療費の計算、カルテ管理などになります。

ポイント
・就職しやすい
・一生使える
・パートでもフルタイムでも働ける
・長く働ける
・景気に左右されにくい

歯科助手

受付や会計、電話対応のほか、診療現場のアシストをします。
歯科医師に器具を渡したり、患者さんに声をかけたりするなど、歯科によって、助手をする範囲が違います。

ポイント
・自分の都合に合わせて働けることが多い
・景気に左右されにくい
・技能は全国共通なので、どこでも働ける

調剤薬局事務

調剤薬局で薬剤師さんのサポートをする業務になります。
受付や会計、レセプト作成、処方箋のチェック、おくすり手帳の発行などを行います。

ポイント
・比較的、簡単に取得できる
・全国どこでも働ける
・パートでもフルタイムでも働ける
・家事や育児と両立しやすい

ネイリスト検定

ネイルサロンで働くだけでなく、自宅で開業したい人にもおすすめの検定。
エステサロンや美容室、ブライダル業界などでも活躍できます。

ポイント
・ネイルアート、リペアなど総合的に学べる
・趣味の範囲でとどめることも、就職することもできる
・美容関係で求められるので、様々な就職先が考えられる
・自宅で開業することも可能

整理収納アドバイザー

自宅の整理収納を学んだり、職場環境の改善をしたりできる検定です。
講座を修了すれば2級がとれますが、仕事にいかしたい場合は1級を取得しましょう。

ポイント
・講座を修了するだけでも、家事の効率をあげられる
・教室を開いたり、相談を受けたり、いろいろな働き方が考えられる
・断捨離ブームで注目されている資格の一つ

介護福祉士

別名ケアワーカー。高齢化が進んでいる日本では今後、さらに必要とされる資格の一つです。家族に介護が必要になった時も知識を活かせます。

ポイント
・社会的信頼度が高い
・介護業界に就職しやすい
・通信教育+スクーリングという講座があるのでとりやすい
・職場によっては、資格手当が加算されることも

全国通訳案内士

訪日外国人観光客に同行し、観光案内をしたり、ツアーガイドをしたりする国家資格です。
外国語ができるだけでなく、日本の観光地や歴史などについても知る必要があります。

ポイント
・受験資格はないが取得の難易度は高め
・日本観光通訳協会に登録し、フリーで働く人が多い
・自分の都合に合わせて勤務できる
・資格を保持している人物を積極採用する企業も増加

まとめ

資格を取ることで仕事の選択の幅も広がりますし、待遇がよくなる可能性もあります。
家庭と仕事を両立しながら、目標に向かってコツコツと頑張りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています