実際に使ってみた! おすすめオンライン飲み会ツール4選

オンライン飲み会は、ネット環境がどこでも参加でき、また、自宅で行えば交通費もかからないのでその分の費用を自分の好きなおつまみや飲み物に還元できるのが魅力の1つ。
ところがやろうとすると何を使えばいいのか迷うと思います。
ここでは実際に使ってわかったことを踏まえつつ、いくつかご紹介したいと思いますので
参考にしてみてくださいね。
インターネットを使ったオンライン飲み会

Zoom

zoom
パソコン Windows7/8/10/xp/Vista Mac 10.7以降を搭載のMac OS Xなど
モバイル Android5.0 iOS8.0以上(アプリが必要)
料 金 無料(有料版あり)
人 数 100人
使用できる時間 3名以上の通話で1回40分(現在は、無制限)
一気にオンライン飲み会で有名になったZoom。Zoom飲みという単語ができてしまうぐらいなので皆さんご存知かと思います。
仲間のうちの1人が代表で主催者となりアカウントを作って、メンバーにURLを送って招待をすればすぐにスタートできます。
メリットは、音質が良いのと様々な背景に変更できる「バーチャル背景」で色々と楽しめるので個性的に楽しめるのが特徴です
デメリットは、大きく遅延することがあるのとアプリのバージョンを揃えないと1部の昨日が使えないことがあるなどです。

色々な企業が無料で背景を配布したり、子供が書いたイラストを背景にしたりなど会話を楽しむ以外の楽しみ方を行っている人も多いようです。

LINE

LINE
パソコン Windows7以降 Mac 10.10以降など
モバイル Android5.0 iOS11.0以上(アプリが必要)
料 金 無料
人 数 200人
使用できる時間 無制限
メッセージのやり取りや電話として使うLINE。
無料グループを作ってしまえば簡単にグループ通話でオンライン飲み会ができてしまいます。ほとんどの人がLINEのアプリを使用しているので、Zoomよりも気軽にできるかもしれません。
メリットは、エフェクトが豊富・スマホ画面やYoutubeを一緒に見ることができることです。エフェクトは可愛いキャラクターが多いのでお母さん通しのオンライン飲み会でお子さんと一緒に楽しむことが可能。Youtubeを一緒に見ることが可能なので、話題の動画を一緒にみて盛り上がることもできちゃいます。
デメリットは、スマホやアプリのバージョンが古いままだと映像がカクカクしたり、映らなくなってしまうことや、スマホ上の画面に4人の画像しか映らないため、5人以上の通話だと顔が見れない状態になってしまうことです。
少人数でサクッとするならLINEが使い方に慣れている分早いかもしれません。

たくのむ

たくのむ
パソコン Windows10以降 Mac 10.10以降など
モバイル Android10 iOS13以上
料 金 無料(有料版あり)
人 数 6人(現在、期間限定で12名まで可能)
使用できる時間 1〜4時間または無制限
たくのみに特化したオンラインツールで、zoomのように代表者が「飲み会ルーム」を作成してURLを送ればすぐにスタートすることができます。
ほかとダントツに違うメリットがあります。それは、時間設定ができるところ。
オンライン飲み会だとダラダラしてしまいがちで抜けるタイミングが難しかったり、時間ぐらいなら参加できるんだけどなどの悩み解消にぴったり。
時間が決まってれば、予定が立てやすいので気軽に参加できますし、もう少しって人は「二次会に参加しますか?」の回答を参加にすれば、続きを楽しむこともできます。

まだ昨日は開発中のようですが、出前注文機能やオンライン飲み会中に写真を撮影アルバムにしてくれるサービスなど機能が増える予定とのこと。
デメリットは、Snap Cameraなどのアプリを使って、顔や背景を加工することができるのがパソコンでしかできないこと。
Snap CameraだとZoomより多くの背景や顔の加工ができるので、早くスマホでもできるようになることを願ってます。

Skype

Skype
パソコン Windows7以降 Mac 10.10以降など
モバイル Android4.4以降 iOS10以上(アプリが必要)
料 金 無料(有料版あり)
人 数 25人(現在、期間限定で250名まで可能)
使用できる時間 無制限
仕事でのデータのやり取りで使ったことが多いのではないでしょうか?
IDを作ってそこからの参加となりますが、グループを作ればすぐに始められます。
スクリーン共有ができるので、ネット上のサイトなどをパッと見せたいときは便利。
デメリットは画面が4分割なので参加人数が多いと右上に小さく表示になってしまうこと。
Skypeを使い慣れている人は、すごくスムーズにつながりますが登録がひつようなだけ
ハードルが上がってしまうかも。

まとめ

あれ?〇〇さんだけカメラ映らないね。なんでだろう?とかのハプニングで飲み会どころじゃなくなったり、今となったら単純なことだったりするので、機械が苦手な人も是非チャレンジしてみてください。
また、お酒の飲めない人は14時とか15時に行う「オンラインお茶会」をオススメします。
子供と一緒にお菓子作りにチャレンジして報告会したり、コンビニスイーツの品評会など結構楽しめますよ。
「Messenger」「FaceTime」「ハングアウト」などいろいろとありますが、
実際にやってみないとわからないことがたくさんありましたので、少しづつ試してみて使いやすいツールを選んで楽しみ方を見つけてみて下さいね。
パソコンを使ったオンラインで飲み会をするイメージ

こちらの記事も読まれています
ライフスタイル カテゴリの最新記事