沐浴におすすめな折りたたみ式ベビーバス☆口コミ人気の7選

赤ちゃんの沐浴に必要なベビーバス。でも、気になるのが「大きさ」や「利便性」。かさばるし、大きいとどうしても使い勝手が悪くなりますよね。そんな悩むママにおすすめなのが「折りたたみ」できるタイプ。持ち運びも簡単、コンパクトに収納できるので邪魔になりません。そこで今回は人気の折りたたみベビーバスを口コミとともに紹介します!

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”1185″]

折りたためるベビーバス7選

一口に「折りたたみ」といってもいろいろな種類があります。プラスチックタイプ、ビニールタイプなど、使い方に合わせたベビーバスを紹介していきましょう。

カリブ バス 折り畳み式 ベビー

折りたたむと6㎝という薄さになるベビーバス。フックがついているのでかけて収納可能。シャンプーが置けるトレイがついているので便利です。もちろんバスの脚元は滑りにくい素材で出来ていて ストッパーの役割をしてくれるので安心。 注目したいのは底についている栓。後片付けの際は栓を抜くだけでOK。栓は温度が上がり過ぎると青から白へと色が変わる仕様になっていて、温度の目安になるという嬉しい工夫も。 カラーバリエーションもそろっているので、好みのカラーをチェックしてみては?
口コミ
のアイコン画像
栓が付いている方を一番下まで下げて、斜めに傾けて使えば沐浴もしやすそう!
石鹸やガーゼの一時置き場も付いています。
我が家では首が座るまでは、沐浴で対応させようと思っていたので、大きめのこちらのベビーバスでよかったと思います^^

【ストッケ正規販売店】ストッケ フレキシバス バンドルパック

海外製のオシャレな折りたたみベビーバス。組み立てがなく、開いてお湯を入れるだけ。収納もかなりコンパクトにたためるので収納場所に困ることがありません。また、デザインがスタイリッシュでオシャレなこともオススメのポイントです。 プラスチックですが、底面に滑り止めがついているので、身体がすべる心配もありません。専用の「ニューボーンサポート」という別売り製品があれば、新生児から使うことができ、より楽に赤ちゃんを沐浴させられます。 栓がついているので水を抜くのも簡単。お手入れもしやすくカビにくいという点もうれしいですね。使われている素材には重金属やホルムアルデヒドなどの有害物質を一切含んでいないのもポイント。 シンクでも使えるのでオシャレで使いやすいベビーバスを探している人はぜひチェックしてみて!持ち運びにも便利なので、お出かけ先でも活躍しそうです。
口コミ
のアイコン画像
沐浴用に買うにはちょっと高いかな? と思ったのですが、成長に伴い、ベランダなどでの水浴びに使えるかもと購入しました。
普段は現在4ヶ月半の息子をお風呂に入れていますが、主人がいない日はこれを台所のシンクに置いて軽い入浴で済ませることもあります。
使用後、垢を落とすのもスポンジで軽くなでる程度で大丈夫。折りたたむのも簡単で、洗濯機の横に立てかけています。狭い我が家にピッタリ(笑)

ソフトタブ ワイド 折りたたみ

アウトドアや洗車などにツ会える折りたたみ式のバケツなのですが、ベビーバスとして使っている人が多く、人気の商品。 水抜き栓もあり、底面にはすべり止めもついているので、普通のベビーバスよりも使い勝手が良い! と高評価されています。 ベビーバスとして使用する機会が無くなったら、おもちゃの収納や水遊びなど他にもいろいろな用途で使えるので、「使う期間が短いから、わざわざ買うのはもったいない」と思うこともありませんね。
口コミ
のアイコン画像
楕円タイプのこの大きさや取っ手付きが理想そのもので即決買い!!
使用感も良好です!! 洗いやすく、勝手に折りたたまれたりすることはないし、少し柔らかいのも良いところ。水抜栓がついているので、重いお湯を持ち上げて傾けなくてもよく、大変便利です!!
双子育児で、平日にひとりで二人を入れるため……まだまだ沐浴槽が便利!!
たためて小スペース収納が可能、マンション暮らしにはとてもありがたい。
今後は子供の汚れ物や上履きのつけおきをはじめ、様々な用途で使えてとても重宝しそうです!!

ソフトタブ ワイド  折りたたみ

カリブのベビーバスと似た製品ですが、こちらは一回り大きめのサイズ。大きいのでパパでも洗いやすいというメリットがあります。 折りたたみは簡単で、大きいのに7cmのうすさになります。また、底に栓があるので片付けも楽。 トレイがついていたり、水栓の色が温度によって変わるなど利便性が高い点もポイントです。 大きめサイズの折りたたみベビーバスを探している人はチェックしてみましょう。
口コミ
のアイコン画像
とても使いやすく、なんと言っても収納場所に助かってます。購入して良かったお品です♪

リッチェル ふかふかベビーバス プラス

背もたれの傾斜などが赤ちゃんにやさしい柔らかいベビーバス。ストッパーがついているので、赤ちゃんがずり落ちる心配ももありません。ふわふわとはいっても縁の部分が丈夫なので、つぶれる心配もありません。 使う時は浮き輪などで使う空気ポンプをつかってふくらませるだけ。フックもついているので洗い終わった後は風通しのよい場所にかけておくだけで乾きます。かなり小さくたためるので持ち運びにも便利。
口コミ
のアイコン画像
初めての子で、ベビーバスの購入もいろいろ検討しました。かさばらなくて良さげだったのでこちらを購入したのですが、本当に買って良かったものNo.1です!現在生後7ヶ月ですが、コスパが良すぎ!7ヶ月使って、さすがに穴が開いたので今回2回目の購入です。お座りできる様に尻止めがついていて、子供が成長して不要になれば、そこだけ空気を抜くことが出来ます。シャワー派で毎日お風呂を沸かさないので本当に助かっています。使い終わったら風呂場の物干しに引っ掛けて干してます。

スイマーバ(swimava) マカロンバス

ママやパパの「こんなベビーバスがほしかった!」を詰め込んだ、マカロンをイメージしたベビーーバス。 お湯の中で不安定な体勢になることなく、しっかり座れるからお風呂でぽかぽか。赤ちゃんが接する部分はもちろん、全面すべてクッション性に優れています。 。 約5リットルのお湯ですむから節水できるのも魅力。 沐浴の時に使わなくなったら水遊びの際にどうぞ。専用パッケージがかわいく、空気入れもついているのでプレゼントにも◎。
口コミ
のアイコン画像
夏のプール替わりに水遊びをさせるのに安全そうなので購入しました。ワンオペの日のお風呂の待ち時間にも良さそうです。使うのが楽しみです。

リトルプリンセス ブルーミングバス/Little Princess Blooming bath

シンクに敷くタイプの沐浴マットだから、ママやパパの首や腰の負担が軽減します。 しかも、厚みのあるしっかりした素材なのでクッション性も抜群。花の形になっているので、まるで赤ちゃんを花びらが包んでくれるようです。 沐浴マットとして使わなくなったら、オムツ替え用のマットやプレイマットとして活躍してくれそうですね。
口コミ
のアイコン画像
洗面台での沐浴用に使ったり、床に置いてその上でオムツを替えたり、厚みがあるのでフカフカで赤ちゃんにとっては最高の気持ちだと思いました。
カラーもいろいろあり、カラフルで綺麗です。

折りたたみベビーバスのメリット

折りたたみ式ベビーバスの良い部分をまとめてみました。

  • 場所を取らない
  • 収納場所に困らない
  • 後片付けが簡単
  • 持ち運びが楽
  • 場所を問わず使える

赤ちゃんからも目を離せない時期だからこそ、手軽に使えることが重要ですね。急に赤ちゃん用品が増えたから、なるべくかさばるグッズは避け、コンパクトにしたいという先輩ママの意見もあるようです。
では、特にオススメしたいメリットについて詳しくご紹介します。

収納場所に困らずかさばらない!

折りたたみタイプではないベビーバスは、大きくてゆったりしているものの、それだけにお風呂場のバスタブの横に置くと場所を取ってしまいますし、圧迫感があります。

でも、折りたたみ式ベビーバスならそのようなことはありません。
「置き場所に困る」というのはちょっとしたことですが、毎日続くといずれは苦痛になってしまいます。
できるだけ便利なアイテムを選んで極力ストレスを軽減させたいですね。

後片付けや収納が楽!

私は1人目の時、大きいプラスチック製のベビーバスを使っていたのですが、重くて少し動かすのもとても大変でした。
特に辛かったのが後片付け。
重くて大きいベビーバスだと、お湯を捨てるのも一苦労なんです。
お風呂から上がった後は赤ちゃんを拭いて、水分を取らせて、着替えさせて授乳をして……とやることがたくさんあって大変ですよね。そして、ようやく寝たと思ったら後片付けをしなければならない、というのはとても大変です。

2人目から折りたたみベビーバスを使用し始めたのですが、とても簡単に片づけられて「どうして1人目からこれにしなかったんだろう!」と感じました。
片付けが楽ということもあり、ママ1人で2人の子供をお風呂に入れなければならない場合も気が楽になります。

まとめ

折りたたみのベビーバスはとても使い勝手がいいので、どのベビーバスを購入するか悩んでいるという方には最適です。
また、現在使っているベビーバスではお風呂に入れるのが大変……とお困りの方にもぜひオススメしたいです。
特に1人でお風呂に入れなければならないというママにはオススメなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”1185″]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています