機内持ち込みOK!おしゃれで使いやすい女性向けキャリーバッグ9選

旅行といえばキャリーバッグ。キャスターやキャリーバーが付いていて、女性でも持ち運びしやすいのが特徴です。今回は機内持ち込みが可能なおしゃれで機能性に優れた女性向けキャリーバッグをご紹介します。

機内持ち込みルールとは?

飛行機の機内に持ち込める荷物には規定があります。例えばANA(全日空)では、100席以上旅客機の場合は3辺の和が115㎝以内(縦55×横40㎝×高さ25㎝以内)、100席未満の場合は3辺の和が100㎝以内(縦45×横35㎝×高さ20㎝以内)と定められています。個数は1個まででそのほかに身の回りの品(ハンドバッグ、カメラ、傘)などを持ち込むことができます。

ただし、機内持ち込みのルールは航空会社によって異なりますので事前に確認が必要です。とくにLCCは重量制限が厳しいので注意しましょう。

機内持ち込みキャリーバッグの選び方

耐久性で選ぶ

機内持ち込み可能なキャリーバッグは乱暴に扱われることはありませんが、ぶつけたり、倒れたりすることを考えて耐久性に優れたものがおすすめです。ハードタイプのものは最新素材で軽量なのに、中の荷物をしっかり保護してくれます。壊れやすい角部分にプロテクションがついているものがおすすめです。

ソフトタイプのキャリーバッグは軽く、荷物が多くても柔軟に押し込むことができるのが魅力ですがハードタイプに比べると型崩れが心配です。

走行性で選ぶ

空港内でキャリーバッグを引いて歩くときには360度回転する4輪キャスターが便利です。とくに日乃本錠前社製グリスパックキャスター はホイール内部のグリスが走行しながら少しずつ流れるため、スムーズに走行するので人気です。静音キャスターなら深夜や明け方の住宅街でも静かに移動することができます。

最近では女性向けのおしゃれなデザインのキャリーバッグも沢山登場しています。レトロ調やパステル調、花柄や水玉などカラフルで旅行が待ち遠しくなります。外側にポケットがついていると、すぐに取り出したい小物などを入れることができて便利です。バッグを固定するゴムバンドがあれば荷物を一つにまとめることができます。

表面にエンボス加工やマット加工がしてあるものがキズが目立ちにくくおすすめです。

ロックの種類で選ぶ

キャリーバッグのロックには、鍵を入れるシリンダータイプやマグネットをくぼみに合わせて開閉するマグネットタイプ、暗証番号で開閉するダイアルタイプなどがあります。

最近主流のTSAロックはアメリカ運輸保安局に許可・容認されたロック機能で、鍵をかけたまま荷物を預けることができます。ただし、セキュリティ強化のためTSAロックが搭載されていても鍵をかけずに荷物を預けるように指示されることもあるようです。

持ち運びしやすさで選ぶ

空港や市内の移動では持ち運びしやすさも大事です。キャリーバッグは段階調節できるキャリーバーや横向きで持つことができるハンドルなどがついているものが便利です。

おすすめのキャリーバッグ9選

旅行におすすめの女性向けキャリーバッグをご紹介します。

キャリーケース トランク キャリーバッグ SSサイズ

サイズ:H51×W34.5×D21.5㎝
重量:2.92㎏
容量:29.1ℓ

PP+PVC加工、最新の埋め込み型TSAロック搭載のおしゃれなキャリーバッグのご紹介です。握りやすい取っ手、二段階調節可能なハンドル、コーナープロテクト、荷崩れを防ぐ内装パーツなど使い勝手が抜群で長持ちするおすすめのキャリーバッグです。

のアイコン画像
とても可愛いデザインで、お出掛け気分が高まりますo(^o^)o
早速、新幹線のお出掛けに使用しましたが、軽くて、操作性も快適でした。

機内持ち込み スーツケース Sサイズ

サイズ: H53.5×W37×D22.5cm
重量:2.8㎏
容量:32ℓ

今までにないグラデーションカラーのおしゃれなスーツケース。軽くて強いボディ素材、360度回転する4輪キャスター、段階調節できるキャリーバー、シフレロックシステム搭載など使いやすい工夫が満載です。ショルダーバッグにもなるミニトランクが付いているのも嬉しいですね。

機内持ち込み スーツケース キャリーバック

サイズ:H55×W33.5×D25㎝
重量:2.85㎏
容量:35ℓ

フロントオープンが使いやすいキャリーケースの登場です。上面にロックが搭載され、移動中や少しの隙間でスーツケースを開くことができます。座ったままで開閉できるのもこちらの商品の特徴です。マチが広がる拡張ファスナー、3段階調節可能なキャリーバー、55㎜の大型ダブルキャスターなど進化したキャリーバッグです。

「CHOCOLAT」トランクケース 「CHOCOLAT」Sサイズ

サイズ:AタイプH58×W37×D20cm
重量:3.8㎏
容量:25ℓ

サイズ:BタイプH56.5×W36×D22cm
重量:3.24㎏
容量:29ℓ

耐久性、軽量性に優れたPVC加工のキャリーバッグです。TSAロック搭載で安心、仕切り板も装備されていて荷崩れを防ぎます。360度回転の静音キャスターで、スムーズで静かな移動が可能です。持ちやすい取っ手と出し入れしやすいキャリーバーも嬉しいですね。

キャリーケース 機内持ち込み SSサイズ

サイズ:H47×W32×D24cm
重量:3.5㎏
容量:31.5ℓ

こちらは累計300万台売れている人気のキャリーバッグです。軽くて割れにくいポリカーボネート100%のボディ、なめらかな走行のグリスパック静音キャスター、歪みに強い深溝フレーム、メッシュポケット付きの充実した内装、TSAロック、段階調節式キャリーバー、持ちやすいトップ&サイドハンドルなど充実した装備です。

のアイコン画像
気に入りました!
色、大きさ共に大満足です。
春らしい色でとてもかわいいです。
キャスターも左右前後問題なく使用できます。
何よりもフレーム式で軽量なのは嬉しいです。
スーツケースベルトも付属されていて、助かりました。

「ストラティック」フロントポケット付き 【レザー&モア】

サイズ:37W×23D×55Hcm
重量:3.3㎏
容量:33ℓ

キャスタ―の滑らかさ、ハンドルのグリップ感、立体的な曲線の美しさ、一目でわかるクオリティが人気のキャリーバッグです。フロントポケットやドリンクホルダーもあってとても便利。洗練されたデザインが女性にぴったりです。

のアイコン画像
期待通りの上質な商品です
機内持ち込み用のスーツケースを新調するにあたって、かなり多くの中から吟味を重ねてようやく見つけたのがこちらでした。
デザインや色味の良さはもちろん、上品でシック、ドイツ製ならではの質の良さ、堅牢さも気に入りました。さらに、非常に軽くて動きもスムーズです。
ミルクとグリーンで迷いましたが、永く使えるものをと思い、グリーンを選びました。
この商品のおかげで、お出かけが一層楽しみになりました。

スーツケース 横型 SSサイズ

サイズ:H43cm×W43cm×D22cm
重量:2.4㎏
容量:23リットル

こちらはパステルカラーと横型がかわいいキャリーバッグです。超軽量で、表は傷が目立たないエンボス加工が施されています。動かしやすい4輪Wキャスター、ワンタッチ伸縮タイプの収納ハンドル、シリンダー式TSAロック搭載、機能的な収納スペースなど女性の旅行にぴったりの商品です。

「CLIO-SS 」スーツケース 機内持ち込み

サイズ:H55×W35.5×D21.5cm
重量:2.5㎏
容量:35ℓ

軽量で国際基準のTSAロックを搭載、表面はキズに強いマット加工で開閉部分はファスナー式でスムーズ。4輪キャスターと3段階調節のキャリーバーも嬉しいですね。旅行がより楽しくなること間違いなしです。

「シフレ Parfume 」キャリーバッグ 機内持ち込み可 Sサイズ

サイズ: H46×W33×D19cm
重量:3.0㎏
容量:23リットル

鍵をかけたまま検査に出せるTSAロックを搭載した人気のキャリーバッグです。内外にポケットが豊富で収納しやすい、サイドの取っ手付きで階段などでも横持ちで楽に移動できるなど使い勝手も抜群。スムースで静かな走行性を保つグリスパックキャスター付きです。

のアイコン画像
グレイを購入!大満足☆
家族旅行を1週間後に控えた状態で注文しましたが、夜に注文し2日後くらいに届きました!(北関東在住)
気に入ったポイントは3つです!
(1)お洒落なデザインとカラー
黒×黒が欲しかったのですが、売り切れでグレーを購入しましたが、結果、グレー、よかったなぁと思います。添付の通り、スタイリッシュでちょっとゴシック感もあって、カッコ可愛いです!どんな服にも似合いそう。
(2)お値段
送料込で8000円くらいで購入できたと思います。母にそれを伝えたら「安いね!いいもの買えたんじゃない?」と。わたしもそうおもいます。
(3)収納力
意外と収納力が高いです!私は荷物が増えるタイプなので、一泊でパンパンになりましたが、無駄なものを省けば、2・3泊いけそう。
縦に開くのも移動中に取り出したいものがあるときに大変便利でした!
見づらいほど書いてしまいましたが、それくらい気に入るキャリーバッグになりました。
このキャリーバッグを使いたくて旅行に行きたいくらいです。ありがとうございました!

まとめ

旅行が決まったら準備したいのがキャリーバッグ。今回は機内持ち込み可能な女性向けキャリーバッグをご紹介しました。小さくても機能性と実用性に優れたおしゃれなキャリーバッグなら、旅行に行く前からテンションが上がりますね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています