プレミアム商品券に疑問と不安の声多数!「無駄に経費を使っている」「5000円の商品券でいい」などなど

このニュースの概要

10月の消費税率引き上げによる負担の緩和を目的に、低所得者や子育て世帯を対象とした「プレミアム付商品券」を発行する。4000円で5000円分の商品券を入手し、上乗せされる1000円分を国が負担。消費の下支えにつなげる狙いがあるが、十分な効果があるか疑問視されている。

この記事への反応

ご機嫌を取らないといけない増税なら止めた方が良い。
本当に必要な増税なら、一時しのぎの商品券等止めて、きっぱりと増税すれば良い。
商品券等を出さないと景気が支えられない程景気が弱いなら、まだ増税のタイミングではないねではないか。

一部しのぎのプレミアム商品券。こうやって政府はさも、国民の味方です的な体裁を保ちつつ、大企業しか大切にしていないという事。国民の生活なんて、二の次三の次なんだよね。

今後の話としては、下げた法人税をある程度戻したり、高級品、高額品に対する税率を上げれば良いと思われる

2万円で5千円分のプレミアム、なんかなあ、商品券発行にかかる費用の方が大きんじゃないの。
それと、3歳半までの根拠は?住民税非課税者とは、昨年度の所得だよね。今現在、所得が無い人には何も手当がないんだ。おかしい制度だよね。

消費税増税時の軽減税率など、面倒で導入コストの高い税制は止めて、格差社会が広がってしまった今だからこそ、日本もアメリカのように高級車やブランド品などの高級品購入に対して「贅沢税」を導入して、それを財源に低所得者対策するなどして欲しい。

余計な経費がかかりすぎるのがよくわかる。お金を配るのがまずいからこうするのか、印刷業者が儲かるようにしてるのか不明です。

プレミア商品券を取り扱いする金融機関が家から遠いので、身体障害者の私はタクシーで行くと最低でも3000円必要になるので、2万円分購入で5千円分商品が多く購入できたとしても実質は2千円以下しか得にならず、普段買い物している店舗が取り扱いするかも判らないので、申し込みせずにそのままゴミに出してしまいましたよ。

わざわざそんな面倒くさいことしないで5000円分の商品券を送ってくれればいいのに、と思いました。

何処でも使える10パーセント割引クーポン券何枚か配られたほうが、貧乏人には有難いのです。

経済効果は400億~500億円程度と言う事ですが、プレミアム商品券の運用にいくらかかったか公表して欲しいですね。

一時しのぎのバラマキは何の解決にもならない。
貧困層に仕事を与え、労働の対価に正当な報酬を与え、娯楽を与え、消費を促し、税を納めさせる。

商品券、買える世帯だったとしても、きっとそこにまわすお金もありません。そういう家庭、少なくないと思います。一体誰が得してるのか…

一人につき2万5千円分を購入出来ても2万円は払わないといけない、5千円分のプラスしかない。5千円が欲しくて2万円も払わされる。だったら始めから低所得者に5千~1万円をばら撒いた方がマシだと思う。

1819万円無駄遣いですね
うちにも郵便が来ました
子どもの名前ごとに別々の宛名で中身が同じ封筒が

現金支給か減税すれば良い。商品券配るのに一体いくらの税金が使われたんだろう?それを考えるとやっぱ減税が一番良いのだろう。

どこで使えるのか。近くのスーパーでしか使えないなら、6カ月間で使い切るのは、普段より高額の出費になる。

お釣りが出ない趣旨はわかりますが、せめて生活に必要な公共料金や交通費の支払いに使えれば良かったのにと思います。

のアイコン画像
最初から現金あるいは5000円分の商品券をくれればいいのにという声に思わずうなずいてしまいました。日本経済の先行きを考えると不安ですが、とりあえず税金の無駄遣いはやめて欲しいです…

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています