あおり運転の対処法を紹介!トラブル回避方法と被害に遭わないための対策・グッズをご紹介

ニュースで何かと話題になっている「あおり運転」。被害に遭ったり、巻き込まれたりしないためには、きちんとした対策が必要です。
自分だけは大丈夫と思わず、運転マナーも含め、しっかりと対処しましょう。
今回は、グッズもご紹介します。
車

トラブルを回避するための運転マナー

まずは何よりもあおられない運転をすることが重要です。
以下に、運転の時の注意をご紹介しますので、チェックしてみてください。

流れにそった走りを心がける

法定速度を守っているからといって、渋滞の原因を作ったりせず、周りに合わせましょう。

追越車線はいつまでも走らない

高速道路の右側車線は追越車線。追い越しを終えたら、すぐに左側に戻りましょう。

ミラーで後方確認を

前方との車間距離も重要ですが、気づくと、意外に後続車が近くにいることも。
すみやかに車線を譲りましょう。

合流は交互に

車線を合流するときは、なるべく1台ずつ交互になるようにしましょう。合流後は感謝の合図も忘れずに。

簡単なことばかりですが、相手を不快にさせないための運転が必要です。

もし、あおり運転に遭ってしまったら?

こちらに落ち度がなくても、あおられてしまうことはあります。
その場合、すぐに車線を譲るようにしましょう。
それでも、進路を妨害され、相手が車から降りてきた場合の対処についてご紹介します。

対処法

  • すばやく相手の車や人物を撮影
  • 一般道の場合は、コンビニやファミレスなど人の多い安全な場所に駐車する
    高速の場合は、パーキングエリアやサービスエリアなどに移動
  • 道路上に停止してしまったら、ハザードを点灯する。
    エンジンは切らず、ブレーキランプも踏みっぱなしにする。
    ロックをかけ、ドアを絶対に開けないこと。
  • 相手が攻撃してきたら、すぐに110番通報をする。
    同乗者がいる場合は、動画撮影をしておく。

やはり証拠を残しておくことが必要なので、ドライブレコーダーをつけたり、ステッカーを貼ったりするのが有効です。

あおられた時にやってはいけないこと

あおられたら、こちらもイライラしますが、以下のことをしてしまうと、こちらが罪に問われることもあるので注意しましょう。

あおり返す

もし事故になった場合、「向こうが先にやったから」というのは理由になりません。
常に冷静でいましょう。

クラクションを鳴らす

道路交通法で決められている場面以外では、クラクションでは鳴らしてはいけません。
正当な理由なく、クラクションを鳴らさないように注意しましょう。

急停止する

あおられたからといって、わざと急停止するのは危険です。
こちらにも過失があるとされてしまうので、気をつけましょう。

あおり運転対策グッズおすすめ9選

コムテック HDR360G ドライブレコーダー

GPS と360°カメラが搭載されたドライブレコーダー。
取り付けも簡単で、駐車監視機能もついています。

サンコー ミラー型360°全方位ドライブレコーダー  CARDVR36

操作はタッチパネルだから簡単で、見たい方向にすぐカメラを動かすことができます。
カメラレンズはドーム型で、カメラから下半分を球体状に撮影できます。

ドライブレコーダー 前後カメラ VANTRUE N2 Pro

画質もよく、車内と車外を同時撮影できるドライブレコーダー。
高画質なのでナンバーまでくっきりと記録できます。
熱対策も万全です。

ドライブレコーダー 前後カメラ  DRV-MR740 ケンウッド

前方と後方を同時録画できるので安心。
高精細のフルハイビジョンなので、車のナンバープレートもしっかりと撮影できます。

小型ドライブレコーダー

前後2つのカメラで同時録画、5つの画面モードで確認ができます。
もしもの事態に対処できるようなドライブレコーダー。
低価格なので、1台あると便利です。

ドライブレコーダーK6000

コンパクトながら高機能のドライブレコーダー。
おまけに低価格だからコスパも抜群です。

ドライブレコーダー マグネットシール

もしドライブレコーダーにお金をかけたくないという方は、ダミーのドライブレコーダーに、このシールを貼っておけば、トラブル回避になりそうです。

ドライブレコーダー 警告シール HASBY

しっかり貼れるシールタイプ。あまり、車を飾り立てたくない人もこれなら大丈夫なのでは?

ドラレコ ステッカー サンリオ

サンリオの人気キャラクターがデザインされたステッカー。
かわいく、しっかりドライブレコーダーの存在をアピールしましょう。

まとめ

もし、あおられたとしても感情的になってはいけません。
どんな時でも安全運転を心がけるようにしましょう。
その前に、あおられないような運転マナーをもう一度チェックし、対策グッズも準備しておきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています