【2017年】マタニティ用コートの賢い選び方とおすすめ4選!冬はコレを着てオシャレに決めよう

寒い季節に妊娠すると、購入を検討する人が多いのがマタニティ用コートです。でも妊娠前に着ていたコートだとお腹周りがきつくなるけど、妊娠中にしか着られないマタニティ用コートをわざわざ買うのもなぁと、躊躇してしまう人も意外と多いんですよね。

そこで今回は、マタニティ用コートの賢い選び方や、おすすめのマタニティコートをご紹介します。

マタニティーコートの選び方

産後も使えるかどうか

マタニティ用コートの選び方で一番重要な点は、産後も着ることができるかという点です。妊娠中のためだけにマタニティ用コートを買うのがもったいないと感じる女性は多いですよね。

ですから産後赤ちゃんを抱っこしている時でも使えるようなゆったりデザインのものや、抱っこ紐の使用を想定して作られているマタニティー用コートを選ぶようにしましょう。

軽さにこだわるのがおすすめ

妊娠中はそこまで素材や軽さは気にならないかもしれませんが、出産後もマタニティ用コートを活用したい場合には、軽さにこだわるのがおすすめです。

赤ちゃんの抱っこやおんぶは、想像以上に体に負担がかかります。特に腰や肩が痛くなるというのは、産後のママにとっては日常茶飯事。そんな時に重いマタニティ用コートを着たいとは思わないですよね。

軽いダウン系の素材などを選んで、体への負担を少しでも減らしてくれるアイテムを選んでください。

毎日着たくなるかわいいデザイン

マタニティウェアは妊娠期間しか着ないからという理由で、あまりデザインにこだわらない方も多いですよね。でもマタニティ用コートは、寒い時期にほぼ毎日活用するものになります。

出産が冬だと、産後も使う期間は長くなりますから、できるだけ自分が毎日着たくなるような可愛いデザインや、おしゃれなマタニティ用コートを選ぶようにしましょう。

おすすめのマタニティーコート4選

4wayで使えるマタニティ用コート

妊娠中にはポンチョとしてゆったり使えるライトアウターですが、産後にはおんぶ・抱っこ・授乳ケープとして、幅広い活躍をしてくれるマタニティコート。フリース素材で作られているのでとっても軽く、便利な大きめポケットが付いているのも嬉しいポイントです。

レビュー

のアイコン画像
ベージュを購入♪
想像してたより薄手でしたけど。。。
形は綺麗で羽織りやすいです♪

長く使えるのが嬉しいあったかコート

妊娠中には、お腹周りをゆったりカバーしてくれるマタニティ用コートに。産後にはカバーを付けることで、赤ちゃんを抱っこしながらの着用にも対応してくれます。そして着膨れしないことにこだわって作られたスタイリッシュなシルエットで、子供が大きくなってからも活用できるんです。

レビュー

のアイコン画像
マタニティの商品とは思えない、とっても綺麗なデザインのコートです。襟元が特に気に入りました。

バリエーション豊富なベスト付きコート

おしゃれなモッズコート風のアウターは、なんとアウターとライナーベストとダッカ―がセットになっているアイテム。ベスト単体でもセットでも、もちろんダッカ―を付けてママコートとしても活用できる、かなり優秀なマタニティ用コートなんです。

レビュー

のアイコン画像
インナーダウンを重ねれば真冬も大丈夫そうだし、ベストを外せば秋口から5月くらいまでは着れそう。
ダッカーを外して1人で着ても違和感なし。
カジュアルな服装が好きな方にはオススメです。

洗えるのが嬉しいマタニティ用コート

肌触り抜群のカシミアタッチコートは、なんと自宅で洗えるという魅力がプラスされたマタニティ用コートです。妊娠中はもちろん、産後も抱っことおんぶの両方で使えるので、活用の幅もかなり広がりそうです。赤ちゃんの吐き戻しなどで汚れてしまっても、気軽に洗えるのが嬉しいですよね。

レビュー

のアイコン画像
思ったより薄手かな…とゆう印象はありましたが、その分秋口から使え、ダウンコートよりも長く使用できそうです!
年子に近い兄妹のため、ダッカーなしでおんぶも!とゆうのが最大のメリット。
これから大活躍してくれそうです(^^ゞ

まとめ

冬の妊娠・出産は、女性の体に大きな変化や負担を与えるもの。妊娠中の体を寒さからしっかり守るためにも、マタニティ用コートの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています