妊娠中もおしゃれに! 夏でも快適!マタニティウェア特集

日差しが強く、猛暑日が続く夏。
悪阻と暑さで食欲がわかない。栄養も摂らないといけない。
熱中症対策もしなければ行けないが、冷房対策も大事。
プレママさんにとって大変な季節ですね。
今回は夏でも快適おしゃれウェアをご紹介します。
マタニティ 妊娠5ケ月 屋外 夏

夏のマタニティウェアを選ぶポイントは?

マタニティウェアのポイントは、体型をカバーしつつ、おしゃれのトレンドを取り入れたり、マタニティ用アイテムに上手に使いながら選びましょう。

お腹をしめつけないもの

体型も大きく変化し始めます。どんどん変化していく妊娠期の身体に対応でき、ゆったりとお腹や腰回りをカバーできるものがおすすめです。

冷房対策

夏でも冷えは禁物です。
冷房で冷えないよう、腕や足の露出が多くならないものを選びましょう!

むれ対策

暑さであせもやかぶれにならないよう、コットン素材の下着や服を着用
コットンは生地の外側と内側に気温差ができることで吸水性を発揮します。
内側の水分を吸い取り、外側に放出してくれるためあせもや肌かぶれを予防してくれるもの着ましょう。

夏のマタニティウェアおすすめの5選

ミシシッピコットンVネックワンピース サッシュベルト付き

シンプルなデザインの大人顔のワンピースです。 ウエストから流れ落ちるドレープが素敵なママを演出します。 こんなにドレッシーに見えるのに、実は着やすくて楽ちん。
体型もカバーしつつ素肌に優しいミシシッピコットンを使用し、ナチュラルでざっくりとした風合いが◎。 優しいアースカラーが良く似合い、夏の気分を盛り上げます。

口コミ
のアイコン画像
色も形も可愛く、シンプルなので使いやすいです。
ミシシッピコットンは初めてですが、何となく心地いい気がします。
ゆったりして風通しも良く、快適でした!
155cmだと丈が長くて地面ギリギリくらいなのでもうちょっと短めだと良かったどすが、
トータル的に満足です!
ラベンダーを購入しましたが、グリーンも欲しいです!

授乳服 マタニティ 半袖マシュマロ・プリーツワンピース サイドスリットタイプ

シルクのような光沢のある不規則なプリーツは高級感漂い、とてもおしゃれなワンピース。
スッポリ着ることができ、産後はスリットから片手で簡単に出せる授乳口。上の布は授乳時の目隠し代わりに。大きくなるお腹もすっぽり包み込んでくれます。
口コミ
のアイコン画像
サラッと着れて便利そう!
妻に頼まれて購入しました。妻によると、臨月に入り、暑くなってきたので、サラッときれて産後のこれからの夏にも使いたくて購入。プリーツ部分は軽く、上部も、白なので透感を懸念したが、しっかりした生地で洗濯しても大丈夫そうとのこと。フリーサイズなので、臨月でも余裕があり、モデルさんくらいのシルエットにするには、お腹の紐部分をしっかり絞る必要があるが、産後も調整で上手く活用できそうとのことでした!

アンジェリカ・パフィーチュニック(ジッパータイプの授乳口)

ふわっふわのパフィーなシルエットが天使の様に愛らしいチュニック。
たっぷりと寄せられたギャザーで体型カバーしながら華奢に見せてくれるデザインです。
サイドのジッパーは下からがばっと開くタイプなので、産後は授乳しやすく、また、ケープ代わりにもなります。

\3点セット/ 授乳服 トップス キャミワンピ マタニティウェア フィッシュテール ワンピース

キレイ色のテールカットスカートとベルトが印象的な、おしゃれワンピセットアップです。 上質なリネン素材を使用したスカートは、春夏もサラッと涼しく着られてとっても快適。 スカートの身頃と裏地部分はコットン素材で、肌に優しく、着心地抜群です。 裏地付きだから、透ける心配もなく、安心して着られますよ。
口コミ
のアイコン画像
162cm53キロ妊娠5ヶ月です。
妊娠前より4キロ太ってしまい服が
入らなくなってきたのでイエローM購入しました。試着してみると気安くてオシャレでとても
可愛いです!ゆとりもあるのでギリギリまで着れそうです!ベルトで調節も出来るので産んだ後も着れると思います!

マタニティ サロペットパンツ オールインワン パンツ

夏のマタニティママのオシャレ欲求を叶えるマタニティサロペットパンツ。
素材は、暑い季節にもサラッと快適な肌あたりのコットン100%ツイル。
ライトオンスで軽やかな着心地です。
洗い加工が施されて程よくアタリ感のあるナチュラルな風合いは夏にぴったり。
ご家庭でじゃぶじゃぶお洗濯できます。
産後は授乳もできる便利な一枚です♪

番外編

夏のお呼ばれやビジネスウェアにも。

レーストップス&ワイドパンツセット 産前産後兼用

レース素材で上品なトップスとパンツセット。
コットンストレッチ素材のリブで、お腹を優しくカバー。内側に紐が付いているから、ピッタリサイズに調節が可能です。 ストレッチが効き動きやすいです。
汗の吸収や、静電防止にも優れて、風通しも良くさらさらの着心地。
きちんと見せつつ楽がバレない優秀素材です。

まとめ

マタニティウェアは、お腹が目立ち始める4・5ヵ月目から、切り替える方が多いようです。妊娠したからといって、妊娠初期からマタニティウェアを着なくては!と言うことはありません。ウェアの目的はお腹をしめつけないことです。
妊娠は人生の中でも変化が大きい時期。
赤ちゃんが生まれる喜びの気持ちの一方で、不安や心の変化で戸惑いも多い時期です。
おしゃれをすることでストレスや不安も軽減させることができるため、自分のきやすい好きなデザインを選んで快適な夏のおしゃれなプレママライフを存分に楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています