初めて靴を履くならいつ?ファーストシューズの選び方のポイントとは?

ファーストシューズというのは、赤ちゃんが初めて履く靴のこと。厳密に言うと「ベビーシューズ」とは少し違いますが、「おはママ」では今回、赤ちゃんが歩きはじめた頃、外で履くための靴選びについてご紹介します。
選び方や注意点など参考にしてみてくださいね。
ファーストシューズ

ファーストシューズはいつから履く?

小さい靴ってかわいいですよね?
つかまり立ちをするころに、おうちで履いたり、飾っておいたりする靴もいろいろあります。
でも、「外で歩くために」履くファーストシューズは、「赤ちゃんが自力で10歩程度歩くようになってから」がいいそうです。
購入する際はどこかでサイズを測ってもらうといいそうですよ。

ファーストシューズの選び方

シューフィッターがいるお店に行けばすべて測ってくれますが、足のサイズだけでなく、横幅や甲の高さもきちんと測定する必要があります。
また、赤ちゃんの足は3ヶ月ごとに変化するそうですが、大きめの靴を選んでしまうと、歩き方が悪くなったりします。なるべくぴったりのものを選ぶようにしましょう。

特に歩き始めたばかりの赤ちゃんには、柔らかくて足にフィットするものがいいですね。
一度、店舗で試してみれば、その後はネット通販などもできるのでおすすめです。

  • つま先部分が少し上にあがっていると、つまずきにくい。
  • 靴底に適度なクッションがあるか
  • 脱ぎ履きしやすいか(親が脱ぎ履きさせやすいか)
  • 軽くてクッション性があるか
  • 足の甲や足首をホールドしてくれるか

おすすめファーストシューズ7選

アシックス すくすくファーストシューズ

つま先をおおきく巻き上げ、より履きやすくリニューアルした商品です。子供の足にあった扇形をしていて、指をのびのびと動かすことができます。
肌に触れる部分は赤ちゃんの肌に優しい素材を採用し、かかとの安定性にも富んでいて靴と足の一体感を高めています。マジックテープで足を固定するので履いている時に脱げることも少なく赤ちゃんの歩みを助けてくれます。

ミキハウス デニムファーストベビーシューズ

見た目はもちろん、機能面も申し分ない一足。
つま先が少し上がっているので、歩き始めの赤ちゃんの歩行もしっかりとサポートしてくれます。
マジックテープで履き口が開くので、履かせやすいところが魅力。

アーノルドパーマー

日本生まれのベルクロシューズ。
履かせるのも脱がせるのも簡単なことに加え、柔らかくよちよち歩きの赤ちゃんがのびのびと歩けます。

ニューバランス 996 ベビーシューズ

大人のスニーカーも人気ですが、ベビーシューズも大人気!
親子や兄弟でリンクコーデができますね。
マジックテープで足をしっかりと固定してくれるなど機能性も高いです。

コンバースベビースニーカー

軽くて屈曲性のよいソールを採用したベビーシューズ。
通気性もよく、柔らかいので履きやすいです。
色味もカラフルなので、親子コーデなどをしやすいですね。

アディダス ベビーシューズ

とても柔らかく、足を包んでくれるので大人気。
靴底も柔らかく足を包んでくれるので、安心して履かせることができますよ。

セカンドシューズは?

よちよち歩きを卒業し、歩行が安定してくると足も成長します。
単純にサイズが大きくなるだけでなく、足自体も成長していくので足の形が変わるのです。
歩行が安定しはじめた3ヶ月後くらいが変更のタイミングといえそうです。

まとめ

赤ちゃんが初めて履く靴だからこそ、きちんと選んであげたいですよね。
靴を履くことを喜ぶ赤ちゃんばかりではないので、実際に履かせてみるのが一番です。
足の成長も早いので、ぴったりのものを選んであげてくださいね。

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”747,6807″]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています