ベビーベッドはいつまで使う?買うよりレンタルがお得?選び方とおすすめ8選

ベビーベッド ベビールーム

赤ちゃんのグッズを用意する時、「本当に必要?」と悩むものの一つがベビーベッドではないでしょうか。大きくなるまで使うものではないので、レンタルの方が賢いのでは? と考える方もいるでしょう。
今回はベビーベッドの必要性と、どのように選べばいいのか、おすすめ商品も併せてご紹介します!
ベビーベッド ベビールーム

そもそもベビーベッドは必要?

ベビーベッドが必要かどうかは、各家庭の環境によって異なります。
赤ちゃんが眠る部屋の大きさなどによっても違いますね。
ベビーベッドがあった方がいいという環境をご紹介します。

パパママがベッドを使っている場合

パパやママがベッドを使用している場合は、ベビーベッドを使うと、夜中のお世話もわざわざ立ち上がる必要もなく、楽です。
大人と一緒に添い寝をさせてしまうと、窒息など危険な場合があるので、赤ちゃんはベビーベッドに寝かせましょう。

ペットがいる場合

家の中でペットを飼っている場合も、ベビーベッドを使用したほうが、思わぬ事故を防げます。

兄弟がいる場合

上の子が赤ちゃんに手を出したり、お世話をしようとしたりすることがあり、危険なこともあります。
第一子の場合でも、第二子、第三子を考えている場合は、長く使えるので用意しておいてもよさそうです。

腰や膝を痛めている場合

赤ちゃんのお世話をしていると、膝や腰を痛めることがあります。ある程度、高さがあり、オムツ替えなどができると、あまり負担をかけずにすみます。

また、ハウスダストから守ってくれたり、布団から出てしまう危険から守ってくれたりもするので、安全性を考えるとベッドを使った方が良さそうです。

購入とレンタル、どっちがいい?

ベビーベッドを購入する場合とレンタルした場合のどちらがお得なのかというのも、各家庭や商品によって違うので、実は一概には言えません。
どちらを選ぶのがいいか、比較のポイントをご紹介します。

価格

<レンタル>

一ヶ月1000円〜2000円の費用がかかるので、1年間しか使わない! と割り切っていれば、10000円〜20000円ですみます。また、返してしまえば、その後の収納スペースに困ることもありません。

<購入>

木の素材やデザインにこだわると、それなりの費用がかかります。
ただ、長く使えるタイプにしたり、兄弟を考えていたりする場合にはお得です。

使用年数

<レンタル>

赤ちゃんがベッドを気に入らなかった場合など、すぐ返せるので便利です。業者によっては延長もできるので、融通がききます。

<購入>

最近は、形を変えて小学校に入るくらいまで使えたりするものもあるので、商品によっては、レンタルよりもお得になります。

スペース

<レンタル>

借りている間だけ、ベッドのスペースを確保しておけばいいので楽です。

<購入>

使わなくなったとき、引き取り手がいなかったりすると、いつまでも場所をとってしまいます。

他にもフリマやオークションなどで中古を購入したり、お下がりをもらったり……という方法もあります

ベビーベッドの選び方

赤ちゃんとベビーベッド

ベビーベッドを購入する場合、どんなポイントに気をつければいいのかご紹介します。

安全性

日本で販売されているベビーベッドは「PSCマーク」と「SGマーク」の表示が義務付けられています。
これがないと、安全性が保証されないので、日本製の場合はこれを確認しましょう。
海外製品の場合は、その国の安全表示がされている場合もあります。

大きさ

部屋の広さや形、置き場所に関わってくるので、しっかりサイズを確認しましょう。

タイプ

大人用のベッドにつけられるタイプなのか、四方を囲まれているタイプなのか、サークルになったり棚になったりするのか、使い方を考えて選びましょう。

高さ

最近はベッドの床板の高さを変えられる商品が多いですが、お世話の仕方や、お世話をする人の体格を考えて選びましょう。

下のすきまに収納スペースがあるか

ベビーベッドの下に収納スペースがあるとおむつなどが入れられて便利です。
もし、ない場合でも、掃除をしやすいかどうかをチェックしましょう。

素材

もしアレルギーなどを心配するのであれば、無塗装など木の質が良いものを選びましょう。

キャスター付きかどうか

脚にキャスターがついていると、部屋の中の移動や掃除の時に楽です。

使い勝手がよくおしゃれなばベビーベッド8選

成長に合わせて長く使えるベビーベッド

ファルスカ/ミニジョイントベッド NEOナチュラル

小さい時はベビーベッド、少し大きくなったらベビーサークルとして、さらに大きくなったらキッズベンチへと形を変えられます。
省スペースでコンパクトな設計なので、あまり邪魔にもなりません。工具が必要ないので、組み立ても簡単です。

収納スペースがあり、移動もカンタン!

KATOJI/ミニベッド チャーミーホワイト

ミニベッドなので狭い場所でも使用できるところがメリット。床板の高さも3段階に変えられます。
ベッドの下にはたっぷりの収納スペースがあるので、おむつや肌着など赤ちゃんに必要なものをすべて置くことができます。

コンパクトにたためてサークルとしても!

アップリカ/ココネル エアー

マットに通気性の高いクッション材を使っているので赤ちゃんへの体の負担を軽減できます。また、簡単にたためて、コンパクトになるので、寝室からリビングへの移動も楽々。
床板の高さを変えられるので、大きくなったら昼間の遊び空間にすることも可能に。

安全性にこだわりのある日本製ベッド

石崎家具/NEWエリーゼ

スライド開閉扉や床板の素材、塗料や接着剤にいたるまで、赤ちゃんの安全をとことん考えて作られたベッド。角棒や丸棒の質や間隔にもこだわっています。デッドスペースになりがちなベッドの下は収納スペースになっているので便利です。

ベッド、ラック、サークルと長く使える3WAY

ベルメゾン/低ホルマリンの多機能ベビーベッド

ベッドとしてはもちろんのこと、使わなくなったら収納棚、さらに、サークルとしても使えるので、コスパは抜群。こどもの健康を考えたやさしい材質で作られているなど、安全にこだわって作られています。日本製なのも嬉しいところ。

家具の下取り・還元サービスあり

IKEA/SUNDVIK ベビーベッド

ベッドベースの高さは2段階に調節可能。少し大きくなって、ひとりでベッドの上り下りができるようになれば、ベッド側部を取り外せます。
IKEA製品は不要になったら下取りをしてくれ、状態に応じた査定金額を還元してくれるのがメリットです。

折りたたみ可能で、しかも多機能

グレコ/ベビーベッド バウンサー付

両サイドがメッシュになっていて通気性がいいだけでなく、取り外せばバウンサーとしても使えます。ベッドとしてはもちろんのこと、おむつ交換台やベビーサークルなど様々な使い方ができます。

コスパ最強の4WAY

キンタロー/4WAYデスク エコ

ベビーベッドとして使い終わったらサークルに、または収納ラック。はてはキッズデスクにも大変身します。もちろん天板の高さなども変えられるので、かなりの間使えそうです。組み立ても簡単で使い勝手もよいです。

まとめ

まず、ベビーベッドを使うかどうか、レンタルするか購入するかなど決めなければいけないことがたくさんありますね。
商品によってもサイズや機能性もさまざまになっているので、ご家族で話し合いながら赤ちゃんとの生活をイメージして、ご家庭に合ったものを選んでくださいね。

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”8368″]

ベビーベッド ベビールーム

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています