結局、ダイソンの掃除機はどれがオススメ?選び方や最新機種をご紹介【2020】

「吸引力」といえばダイソンというくらい、サイクロン式を採用し、有名メーカーとなったダイソン。スティック型やキャニスター型などいろいろなシリーズがあります。
でも、実際のところ、どれが一番いいのかわかりにくいいですよね。
今回はダイソン掃除機の選び方や最新機種のご紹介をします。

ダイソンイメージ

ダイソンとはどんな掃除機?

そもそもDyson(ダイソン)というのは吸引力がキーワードとなったサイクロン式を採用した掃除機メーカー。価格は日本メーカーのものよりも少々高いですが、日本ではかなり信頼度が高いです。
特にコードレスのスティック型は強い吸引力でゴミを集められると人気です。

ダイソンの掃除機を選ぶポイント

Woman cleaning floor with cordless vacuum cleaner in the modern white living room. Concept of easy cleaning with a wireless vacuum cleaner

ダイソンの掃除機をどのように選べばいいのかをご紹介します。

形で選ぶ

ダイソンの掃除機には、スリムなスティック型、吸引力の高いモーターを搭載したキャニスター型、車などあらゆる場所の掃除に便利なハンディ型があります。どこで、どのような使い方をしたいのか考えてみましょう。

シリーズをチェックする

ダイソンのシリーズはVのあとにくる数字が大きければ大きいほど、パワーが強いという傾向にあります。ただ、強ければ強いだけいいというわけではなく、重さにもかかわってきますので、バランスを見るとよさそうです。

付属品をみる

シリーズごとに「Absolute」「Fluffy」「Slim」などの言葉が入っていますが、これは付属品の違いでヘッドやブラシの種類が変わります。ちなみに、Absoluteが一番付属品が多い上位モデルです。

重さや静音性、連続使用時間をチェック

ダイソンはコンパクトでスリムなイメージがありますが、重いものは重いです。また、モーター音もシリーズによってはかなり大きいので、比較するとよいでしょう。コードレス掃除機なので、連続使用時間も見ておきたいところです。

ダイソンのおすすめ掃除機

Dyson(ダイソン) SV10KSLMCOM スティッククリーナー Dyson V8 Slim Fluffy+

最長40分の駆動ができるダイソンシリーズ。 日本の住宅に合わせて設計されていて、前シリーズよりも40%近く軽量化。 使い勝手がよくなったので、掃除も快適。アタッチメントを付け替えればいろいろな使い方ができるのも魅力です。

Dyson(ダイソン) Dyson V11 Fluffy SV14FF

吸引力はもちろんのこと、高い静音性を備えた機種。 V10と比べると、吸引力は25%もあがっているのに、運転音は低減されています。 駆動時間が最長60分なので複数の部屋を掃除することもでき、きれいな空気を排出します。

ダイソン SV14ABL Dyson V11 Absolute

液晶ディスプレイを搭載していて、付属ツールがとても充実しているシリーズ。標準のクリーナーヘッドでは掃除しづらい場所もらくらくです。
必要な時だけ作動させるトリガー式を採用しているのでバッテリーの消費もおさえます。

Dyson V7 Slim SV11 SLM ダイソン ハンディ スティック

機能がシンプルだけに、ダイソンの中ではリーズナブル。 ダイソンの特許技術を搭載しているので、毎分最大107000回転で強力な吸引力があります。 細かい微細な粒子もとらえて、部屋の空気をきれいに保ってくれるところも魅力です。

ダイソン 掃除機 Dyson Ball Turbinehead CY25 TH

ダイソンデジタルモーターV4を搭載したキャニスター型の掃除機です。 24個のサイクロンを同時に機能させ、強力な遠心力を生み出してくれるのに、静音性が高いのも魅力。夜中でも安心して使えます。

ダイソン DYSON CY24FF(ブルー/レッド) Dyson Ball Fluffy サイクロン式掃除機 CY24FF

パワフルな遠心力を生み出して風量を強め、効率よくゴミを集めるシリーズ。 運転音を低減させる音響工学に基づいて設計されています。 ダイソン独自の最新技術を採用しているので優れた操作性を実現していて、小回りがききます。

ダイソン V7 トリガープロ HH11MHPRO(1台)【ダイソン(dyson)】

ハンディ掃除機で最大30分の運転ができるため、吸引力を落とさずにすみずみまで掃除できます。細かいゴミを捕らえるサイクロン技術も魅力の一つ。掃除をしながら、部屋の空気もきれいにしてくれるので部屋の換気も必要ありません。

まとめ

吸引力の強さが魅力のダイソン。
バリエーションも豊かで、毎日の掃除が快適になるのも魅力です。
使い方などに合わせて、自分にあったものを選んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています