熱中症対策に大人気の男性用日傘おすすめ7選!父の日のプレゼントにも

最近、熱中症対策や紫外線対策の一つとしてメンズの「日傘」への注目が高まっています。ちまたでは「日傘男子」などという言葉も生まれ、男性が日傘を持つことに違和感をおぼえるということも少なくなったようです。今回は、男性が使ってもおしゃれな日傘をご紹介します。父の日のプレゼントにもおすすめですよ。

傘をさす男性

日傘を使う4つのメリット

日本人は湿度にもよりますが、8℃〜25℃という気温がもっともすごしやすいとされているそうです。
近年の猛暑は歩き回らなくても体力を奪い取ってしまいますね。
日傘を使うとどのようなメリットがあるかご紹介します。

1 体感温度が低くなる

日傘を使うと2〜3度、体感温度が低くなると言われています。
吹き出る汗を減らしてくれることでしょう。

2 体力を奪われない

暑さが緩むのもそうですが、汗をかいたあとに冷房の効いたところに入ると、その温度差で体力が奪われます。その温度差が減れば快適ですね。

3 周囲にアンテナをはれる

暑くてまぶしいと顔を上げる気にもなりません。
でも、日傘があれば日よけになるので、周囲を見渡すことができます。意外なところに、アイディアが落ちているかもしれませんよ。

4 急な雨にも対応

男性用の日傘は晴雨兼用になっているものも多いです。突然、雨が降ってきてもずぶ濡れのまま取引先へ行く……などということはなくなります。

メンズ日傘の選び方5つのポイント

基本的には女性用の日傘を選ぶ際と同じですが、ここで改めて選び方の5つのポイントをお伝えします。

5つのポイント

  • 遮光・遮熱効果の高いもの
  • 初心者は折りたたみタイプ
  • 晴雨兼用が便利
  • 軽くて開閉のしやすいものを
  • 大きさは二の次

この5つのポイントを基本にし、好きなデザインを選ぶようにしましょう。

男性におすすめの日傘7選

ひんやり傘

生地の表面に分厚いコーティングがあるので、日光による熱をブロックしてくれるのだそう。
この傘をさした直後から、体感温度が抑えられると話題です。
カラーもおしゃれなので、好きな色を選びましょう。

UVカット率 99%以上
遮光率 99%以上
折りたたみ
晴雨兼用
重さ 240g
ワンタッチ ×

メンズ 晴雨兼用傘ストライプシェード

晴雨兼用、折りたたみ、開くと長傘と同じくらいになるというかなり実用的な日傘。
ベースがチストライプ柄でおしゃれなデザインになっています。
傘と同じ生地のケースがついているので持ち運びには便利ですね。

UVカット率 99%以上
遮光率 ――
折りたたみ
晴雨兼用
重さ 305g
ワンタッチ ×

Fidus 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉

高機能タイプの日傘だから、日差しや有害な紫外線から肌を守り、暑さを軽減してくれます。
ワンタッチの開閉ボタンを押すだけで傘が自動開閉できるので、手に資料などをたくさん持っているときでも便利です。

UVカット率 99%以上
遮光率 100%
折りたたみ
晴雨兼用
重さ 400g
ワンタッチ

自動開閉折りたたみ傘(収納袋付き)

耐久性の高い8本骨構造だから丈夫で壊れにくく、風が強くても安心です。
たたむとコンパクトサイズなのに、開くと直径が95cmにもなるので、男性におすすめです。

UVカット率 ――
遮光率 ――
折りたたみ
晴雨兼用
重さ 365g
ワンタッチ

SOLSHAD 晴雨兼用メンズ日傘

第三者機関でしっかり検査された遮光率に加え、撥水性能もあるので雨の日も安心。
傘をとじるときに爪をはさまない安全ストッパーも採用しています。

UVカット率 99%以上
遮光率 100%
折りたたみ
晴雨兼用
重さ 390g
ワンタッチ ×

w.p.c メンズ日傘

「可能性を創造する」をスローガンに立ち上げたワールドパーティのマスターブランド。
デザインにこだわりがあるので、日傘に個性を求める人にはおすすめ。

UVカット率 ――
遮光率 ――
折りたたみ
晴雨兼用
重さ ――
ワンタッチ

史上最強の男性用日傘マクロッサ

日傘男子の始まりともいえる、いとうせいこうさんデザインの男性用日傘。
涼しげなシャンブレー生地でできていて、日光と熱を徹底的に遮断してくれます。
男性用ですが、女性が購入することも多いそう。

UVカット率 99%以上
遮光率 100%
折りたたみ
晴雨兼用
重さ 280g
ワンタッチ ×

まとめ

猛暑で照り返しがきつかったりすると、命の危険さえも感じてしまいますね。
熱中症や紫外線アレルギーを防ぐために、男性も日傘を持つことをおすすめします。
自治体で「日傘男子になろう」を推奨しているところも出てきていますよ。
今年の夏は日傘デビューしてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています