赤ちゃんの脱水や熱中症が危ない!水分補給の適切なタイミングとは?

赤ちゃんは大人よりも身体の水分量が多いもの。そのうえ、汗をたくさんかき、尿の回数も多いため、水分消費量も多いのです。
赤ちゃんは喉が渇いた、脱水症状になったなど不調を訴えることができませんし、だからと言って、自分で水分補給をすることもできません。
赤ちゃんの不調や、脱水や熱中症の症状を見逃さないためにも、水分補給の必要性とタイミングを知っておきましょう。
夏は特にしっかり観察してあげたいものですね。

赤ちゃんは脱水になりやすい!

脱水 不機嫌

赤ちゃんは汗をかきやすいから、夏は特に脱水になりやすいということは想像つきますよね。
でも、それだけではありません。
大人は体の約60%が水分であるのに対し、赤ちゃんは体重の約70~80%が水分で占められています。だからこそ、大人よりもたくさんの水分が必要です。
それなのに、前述したように汗をかきやすく、尿の回数も多く、下痢や嘔吐をするなど、水分が出ていく頻度が高いのです。
さらに、大人と違って腎臓の機能が未熟なため、身体の中の水分量を調節できません。
そのため、身体に必要な水分も排出してしまうのですね。

見逃してはダメ! 脱水のサイン

赤ちゃんは喉が渇いた時や体の不調などを、泣くことでしか訴えられません。症状が進んでいたら、泣くことすらないのです。
以下に脱水症状かも!? という症状を一覧にしたのでチェックしてみてください。

  • 便秘気味
  • おしっこの量が少ない
  • 落ち着きがない
  • 泣いているのに涙が出ていない
  • 発熱しているのに汗をかかない
  • よだれの量が少ない
  • 肌が乾燥している

おとなしくしているからといって体調がいいわけではないので、なるべく観察をして、すぐに対応できるように心構えをしておきましょう。

赤ちゃんの熱中症はとても危険

赤ちゃん 熱中症

脱水もさることながら、夏は抵抗力の弱い赤ちゃんにとって危険がいっぱい。でも、熱中症は病気ではないので、日頃から大人が注意をしてみてあげることで防ぐことが可能です。どの症状が熱中症のサインか、などしっかり知識を得ておきましょう。

  • 元気がなく、ぐったりしている
  • ミルクの量がいつもより多い
  • オムツが渇いている(おしっこの出が少ない)
  • ほっぺが赤く、熱を持っている

赤ちゃんの反応がうすくなったり、身体は熱いのに手足だけ冷たくなったりした場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

水分補給の必要性とタイミング

哺乳瓶 水分補給

赤ちゃんが健康な時と、脱水や熱中症をおこしている時はあげるものも水分量も変えなくてはなりません。

健康な時

母乳や粉ミルクを中心にします。遊んだ後やお風呂あがりなど、あきらかに汗をかいた時は多めに水分をあげましょう。
逆に冷房の効いた部屋にいる際にも積極的に水分をとらせるようにしてください。
寝ている時にもたくさん汗をかくので、喉が渇いて起きてしまった時のために、準備をしておきましょう。

脱水や熱中症の時

熱が高い時や脱水症状のある時には、飲めるだけあげましょう。赤ちゃんは体内の水分量が少なくなると本能的に欲しがるものなので、吐かない程度に飲ませてあげます。

脱水症状の時に与えるものは?

「水分補給」といっても、ただ水を飲ませればいいというものではありません。
身体の中の水分はナトリウムやカリウム、塩素などのミネラルがイオンという形でたくさん解けているのです。
だから、脱水の時にイオンを含まない水を与えすぎると、体内のイオンの濃度が薄まってしまってけいれんをおこしてしまうこともあります。

また、水分補給は母乳やミルクで十分という考え方もありますが、湯冷ましやンンカフェインのお茶なども効果的です。離乳食が始まっていれば薄めた果汁やスープなどでもいいでしょう。とにかく胃や腸に負担をかけないことが大切です。

一番いいのは赤ちゃん用のイオン飲料。大人用のスポーツドリンクなどに比べて、赤ちゃんに必要なミネラルが含まれているので、効率的に水分補給することができます。

アクアライトORS 乳児用イオン飲料

水分や電解質の吸収が良い浸透圧で作られています。天然果汁を配合したりんご風味で、虫歯にも配慮されています。
独特の味が苦手なお子さんにはりんご味、白ぶどう味などもありますよ。

元気っち アクアライト りんご

赤ちゃんが持ちやすく、つぶれない作りになっているので、外出時に1つバッグに忍ばせておいてもいいでしょう。りんご味なので飲みやすいです。

ベビー飲料 飲みたいぶんだけ 粉末アクアライト

まだ1パックは飲めないというように、飲む量の少ない赤ちゃん向けの商品。飲みたい時に飲みたいぶんだけ作れるので、ムダがありません。
しかも個包装なので持ち歩けます。

赤ちゃんのためのポカリスエット

赤ちゃんの体に負担をかけないポカリスエット。ブドウ糖の果糖と果汁で調整した優しい味です。まとめ買いをしておけば、いざという時にも困りません。

すっきりアクア もも

名前どおりすっきりとした甘さのイオン飲料。もちろん着色料や保存料無添加なので安心して赤ちゃんにあげられますね。糖分も70%オフになっているので、虫歯の心配も低いですね。

ベビーほうじ茶

甘みのあるものが苦手な赤ちゃん、糖分はまだ与えたくないと思っているママにおすすめ。苦みを抑えてあり、低カフェイン、農薬不使用の国産茶葉を使っているので安心です。

まとめ

赤ちゃんを脱水や熱中症から守るためには、日頃から赤ちゃんの様子を見ておくことが大切ですね。
いつもと少しでも違う様子だったら、すぐに対処するようにしましょう。
そして、そうならないためにも、少しずつ何回も飲ませてあげるなどのこまめな水分補給が大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています