夏のベビーカーにはひんやりグッズを!おすすめの保冷ベビーカーシート8選

夏にベビーカーでおでかけすると、直射日光があたるだけでなく、地面からの照り返しも強いので、赤ちゃんにはかなりの負担がかかります。
赤ちゃんが快適にすごせるために、ひんやりシートや保冷シートは必須!
今回はベビーカー用の保冷グッズをご紹介します。
ベビーカーに乗る赤ちゃん

ベビーカーのシートの選び方のポイント

ひんやりシートを選ぶ際には、以下のようなポイントをチェックするのがおすすめです。

素材を選ぶ

使うのは赤ちゃんなので、赤ちゃんが快適に使える素材を選びましょう。

素材と特徴

  • ガーゼ素材……肌に優しい・吸湿性がある・通気性がいい
  • メッシュ素材……通気性がいい・クッション性があるものも
  • パイル素材……吸湿性がある・肌触りがいい
  • オーガニックコットン……肌に優しい

サイズを確認する

ほとんどのベビーカーに使えるものが売られていますが、ベビーカーの形によっては、使えないものもあります。
サイズ表記を確認しておきましょう。

ベルトの位置を確認する

サイズ表記を確認したら、3点ベルト対応なのか5点ベルト対応なのかを確認しましょう。多くは両方に対応していますが、こちらも時々合わないものがあります。

お手入れが簡単かどうか

洗えるか、さっと拭くだけで綺麗になるか……なども見ておくとよいでしょう。

夏も快適なベビーカー用ひんやりシート8選

ニトリ ひんやりベビーカーシート

頭の部分と背中部分はマジックテープで取り外しできるのでベビーカーの大きさを選びません。
また、速乾性があるので汗をすいとりますし、洗濯をしてもすぐ乾きます。

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”12113″]

バディバディ 3Dメッシュセパレートベビーカーシート

凍っても柔らかい日本製の専用ジェルがついたシート。
クッション性が高いので快適です。
ひもがついているので、ベビーカーだけでなく、チャイルドシートや抱っこひもにも使えます。

保冷剤ポケットつき 6重ガーゼ ベビーカーシート

ガーゼなので柔らかく、吸水・速乾性に優れています。
一番暑くなってしまう首や頭を冷やしてくれるので、体全体が冷たくなることはありません。

ベビーカーマルチシート

ドイツ製の3Dエアメッシュを使用した柔らかいシート。
通気性もよく、抗菌・防虫加工もしてあります。
もちろんまるごと洗えますし、冷えすぎる心配もありません!

日本製クールドライ ベビーカー用ひんやりパッド

接触冷感タイプのパッド。
東レのクールモーション素材を使用しているから、汗や水分を吸って素早く発散させてくれます。
いつもさらっとした感触を保ってくれるので、赤ちゃんも快適。

クールミー さらさらシート

クッション性のある断熱素材をメッシュ素材で挟んでいるから、蒸れずにいつでも快適です。
また、冷やしすぎず、赤ちゃんの体温をコントロールしてくれるところが魅力。
洗濯しても乾きやすいところが便利ですね。

日本エイテックス ひんやりカドリー ベビーカーシート

ベビーカーのシートにセットするだけで、暑さをやわらげてくれる冷媒ジェルパッド入りのひんやりシート。
ダブルガーゼ素材を使っているので、肌にも優しいですね。
ひもをむすぶだけなので、どんなベビーカーにもとりつけられます。

DORACO FIRST パイルシート

凍らせても柔らかい保冷剤のついたシート。冷え具合を見て、好きなところに入れられます。
配色もかわいいので、ベビーカーとコーディネートできそうですね。

まとめ

ベビーカーでのお出かけの際、保冷シートなどを使わないと、赤ちゃんが不機嫌になるばかりか、熱中症になってしまう恐れもあります。
ベビーカー用のひんやりシートを使って、快適におでかけできるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています