最強の時短調理は忙しいママの強い味方!レシピも充実のヘルシオ「ホットクック」

「材料を入れて、ボタンをポン! あとは待つだけ」
働くママや忙しいママにとっては、こんな料理家電があったら嬉しいですよね。まさに、時短・カンタン・おいしいという要望に応えてくれるのがシャープの「ヘルシオ ホットクック」。自動で予約調理も可能だから、子どもと過ごす時間が増えそうですね。

ヘルシオのホットクックとは?


シャープの「ヘルシオ」といえば、もともとは「ウォーターオーブン」という他社とは差別化をはかったオーブンレンジのこと。その後、「ヘルシオ炊飯器」、「ジュースプレッソ」などを次々に発売したことから、調理家電のブランド名称となりました。

今回、ご紹介する「ホットクック」もそのヘルシオシリーズの一つ。
家庭用の電気鍋では業界で初めて、水を使わず野菜などの食材に含まれる水分を活用した調理を可能にしました。

作るメニューに合わせて、ちょうどよいタイミングでかき混ぜてくれ、温度と蒸気のダブルセンサーで火加減も自動調整してくれます。だから、メニューを選んで食材をセットしておくだけで、手の込んだ料理が完成! かき混ぜたり、火加減を調整したりする必要がないので、ずっとそばにいる必要もありません。メニューによっては、予約調理も可能なんです。

ホットクックのメリット・デメリット

必要な材料や調味料を入れておくだけのほったらかし調理で、メイン料理が一品できるというのは大きな魅力ですよね。電気ということで危なくもないし、ずっと鍋のそばにいる必要もありません。

このように簡単で時短になることに加えて、栄養価が高く、旨みのある料理ができるのもメリット。具材の味を水で薄めることがないので、煮物などでも素材の味を生かした仕上がりになります
水を使わないという無水料理は、電気式はない調理鍋でもできますが、火にかけなくてはならないので、火加減がとても難しく、焦げ付きやすいんです。でも、ホットクックなら内部で温度調整をしてくれるので、焦げ付きもの失敗もありません。

「ホットクック」では、100種類以上のメニューが内蔵されています。
カレーやおでんだけでなく、トロみのある炒め物や蒸し料理も作れるし、もちろんごはんも短時間で炊けてしまいます。
最新モデルは無線LANを搭載していて、インターネットのクラウドサービスと連携したため、さらにメニューが豊富に。
これで、今まで作りたくても作れなかったメニューが簡単に作れますね。

まさに「ホットく」クッキングができるヘルシオ「ホットクック」の弱点は、レシピブックの味付けが自分に合わなくても調整がききにくいところ。作りながら味見などができないので、完成してからアレンジを加えなければなりません。
そういう場合は、ほかの無水鍋用のレシピを参考にするというユーザーもいるそうですよ。

ホットクックで作る子どもが喜ぶ料理レシピ

カレーやシチュー、煮物以外にも様々なメニューが作れるホットクック。たまには子どもと食材を刻んで、鍋に並べる作業をしても楽しいかも。ホットクックが調理してくれている時間は、たっぷり子どもとコミュニケーションがとれますね。

彩り野菜のナポリタン

彩り野菜のナポリタン

パスタと玉ねぎ、ベーコンなどを鍋に投入して25分。
4人分まで自動で調理ができます。

スポンジケーキ

スポンジケーキ

混ぜあわせた生地を内鍋に入れるだけで、ふんわりしたスポンジケーキが完成。
子どもと一緒にデコレーションしても楽しいですし、急なお客様の予定があっても大丈夫ですね。

ソーセージ

ソーセージ

ひき肉と玉ねぎやにんにくを棒状にするだけで、オリジナルソーセージが作れます。自分の好きな形に作ってもいいですね。

ビーフストロガノフ

ビーフストロガノフ

無水カレーや煮物と同様、予約調理ができる大定番のレシピ。朝、ボタンをポンと押しておけば、帰るころにはあったか料理が待っています。

ほかにも、パンなどが焼けるので夜のうちに作っておけば、翌日の朝食にも。1日を通して、活躍しそうですね。仕込んでおいて、

ホットクックシリーズ ラインナップ

ホットクックは大きさと機能の違いによって、3種類から選べます。

KN-HT99A スタンダード1.6Lタイプ

価格:オープン価格

定格消費電力:600 W
幅x高さx奥行き:364x224x280 mm
重さ:約5.2 kg
メニュー集掲載数:100(自動メニュー85/手動メニュー15)

2人から4人程度のファミリー向けタイプ。まず、自動調理鍋を試してみたい方に。

KN-HY24B 2.4L大容量タイプ

価格:オープン価格

定格消費電力:800 W
幅x高さx奥行き:395x240x305 mm
重さ:約6.1 kg
メニュー集掲載数:143(自動メニュー119/手動メニュー24)

2人から6人程度まで作れる大容量が登場。温め直しもできます。

KN-HW24C  2.4L 無線LAN&音声発話機能搭載

価格:オープン価格

定格消費電力:800 W
幅x高さx奥行き:395x249x305 mm
重さ:約6.5kg
メニュー集掲載数:155(自動メニュー130/手動メニュー25)

液晶画面も大きく見やすく。無線LANにつなげば、さらにメニューが増えます。

まとめ

晩ごはんの準備にかかる時間が短くなると、心にも少しゆとりができますね。
食材カットも工夫して時短にすれば、忙しく働くママにとっては、さらなる時短になりそう。
鍋として考えてしまうと高価格ですが、時短になるうえ、レパートリーも増えて、身体にもいいとなれば、試してみる価値アリかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています