アウトドアやレジャーに大活躍!強力な保冷剤おすすめの8選

食材や飲み物を冷やすのに便利なのが保冷剤。なんとなく冷たければいいと思ってしまいがたいですが、昨今の暑さ対策には持続時間やクーラーボックスとの相性などでしっかりチェックが必要です。今回は、アウトドアでも活躍するおすすめの保冷剤をご紹介します。

保冷剤の正しい使い方とは?

なんとなく凍らせて、クーラーボックスに放り込んでおけばOKと思いがちな保冷剤。
手軽なのがメリットですが、それだけではありません。まずは正しい使い方を知っておきましょう。

0度タイプを使う

長時間の保冷に適したものは0度で大きいものがおすすめです。氷点下タイプは短時間で急速に冷やすものに向いていますが、効果が長持ちしにくい傾向にあります。長時間冷やす場合は0度タイプがいいでしょう。

量に気をつける

一度に使う保冷剤の量は、クーラーボックスの1/4程度が目安です。少なすぎるとじゅうぶんに冷却されません。

時間をかけて凍らせる

保冷剤を凍らせるには少なくとも8時間以上が必要とされています。時間をかければかけるほど、解凍までの時間も長くなります。

食材が凍らないようにする

食材の水分を凍結させないように、食材を新聞紙で包んだり、タオルを巻きつけたりすると、凍らずに冷やすことができます。

保冷剤の選び方の5つのポイント

保冷剤を選ぶ際、何をポイントにすればよいか、見ていきましょう。

持続時間

保冷持続時間というのは、冷たさを維持できる時間のこと。だいたい約120~150分程度の保冷持続時間が目安です。

冷却温度

保冷剤の冷却温度は「0度タイプ」と「氷点下タイプ」に分けられます。
0度タイプは凍らせずに冷やしたいものに、氷点下タイプは屋外で肉や魚などを冷凍に近い状態に保ちたいときにおすすめです。

サイズ

サイズは保冷剤の容量を表します。小型のものはお弁当など普段使いに最適です。一方、大型の保冷剤は、釣りやキャンプ用のクーラーボックスと併用するのがおすすめです。

ケースのタイプ

保冷剤は「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」に分かれます。ソフトタイプはパッケージと内部の溶液が柔らかいタイプで、周囲の熱エネルギーを吸収しやすく、小さいサイズが多いです。ハードタイプは大量の物をまとめて冷やすのにおすすめ。外気の影響を受けにくいのも特長です。

再凍結時間

保冷剤が再び凍るまでの時間は短いもので8~10時間程度、長いもので36~48時間程度が目安です。再凍結時間が短いと再利用しやすいですが、もちはそれほど長いとはいえません。

強力な保冷剤おすすめの8選

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード1200

アウトドアブランドで有名なロゴスの1.2キロの保冷剤。一般的な保冷剤の8倍の保冷力が持続するので、ハードタイプの氷点下シリーズを考えている方にはおすすめです。

ロゴス 倍速凍結 氷点下パック XLサイズ(1コ入)

一般的な保冷剤の約16倍の能力がありながら、凍結に必要な時間は一般的な保冷剤の約半分です。それだけ強力な保冷力なので、数時間はアイスクリームなども溶けずに入れておけますし、魚も凍ってしまう程です。

アイリスオーヤマ|IRIS OHYAMA 保冷剤ハード CKB-500

アイリスオーヤマの保冷剤は性能を落とすことなく冷たさを維持してくれます。値段もお手頃なのでコストパフォーマンスがよく、再凍結が早い点が人気の理由です。

キャンパーズコレクション 保冷剤 ポイントクール 500g YAMAZEN CampersCollection

山善のアウトドアブランド「キャンパーズコレクション」の保冷剤です。厚さ2cmの薄型ポリエチレンケースを使った抗菌仕様で、わずかな隙間に入れて使うのに適しています。

[トウリト] TOURIT 保冷剤 倍速凍結 長細いからスリム型【4個セット】

トウリトのICE PACKは、いくつかセットになったスリム型の保冷剤。コンパクトなのでペットボトルに近い感覚で使うことができます。再冷凍の所用時間は約8時間です。

ガツンとこおるくん ハード 1000g 【アステージ】

氷点下約-15℃の強力な保冷剤。ハンドル付きで持ち運びやすい点が特長の一つ。大容量1Lタイプで、1個でも十分な効果が得られます。

ロゴス LOGOS 保冷剤 氷点下パック GTマイナス 16度 ソフト

氷点下パック GTマイナス 16度は、魚も凍るほどの強力な冷却力のある保冷剤です。ソフトなので、隙間にいれやすいのが魅力。凍結に36~48時間とやや時間がかかるため、余裕をもって準備しましょう。

キャプテンスタッグ 保冷剤 時短凍結 スーパーコールドパック Mサイズ 750g 2個セット

短い時間で凍結できるハードタイプの保冷剤。冷たさを2時間持続でき、丈夫な造りなので変形に強いのも特徴です。

まとめ

保冷剤は繰り返し使えてとての便利。お弁当や飲み物はもちろん、アウトドアなどでも大活躍してくれます。
目的にあった保冷剤を選ぶようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています