幼児の転落事故を絶対防ぐ!転落しないための心構えとおすすめグッズ5選

マンションなどのベランダから子どもが転落するというニュースが後を絶ちません。
落ちてしまう原因などを知り、転落事故を防ぐために準備しておきたいものです。
今回は細心の注意を払うためのチェックポイントなどをご紹介します。ベビーガード

転落してしまう原因を知っておこう

転落事故が起きやすい原因をチェックしておきましょう。
そのポイントに注意すれば、事故を軽減することができるでしょう。

●「高所平気症」の子供が増えていて、転落事故が起こりやすい。
●大人が目を離してしまった。
●朝、夕方の時間帯に多い。
●3〜4歳の幼児に多い。
●ベランダにものが置いてある

上記の原因を軽減するようにしましょう。

転落を防ぐためにできる対策

なるべく転落事故が起きないように、しっかり準備しておく必要があります。
今すぐチェックして、事故が起きないようにしましょう。

ベランダの手すりに気をつける

安全上、必要な高さは1.1m以上の部分には、手すり壁やさくをつけなければなりません。

ベランダに足がかりがないか

踏み台や荷物、子どもの椅子などがないかチェックしましょう。
そういったものがあると、のぼれてしまいます。

3〜4歳が多いので注意

体格が違うこともあり、しっかりと安全対策をとりましょう。
一番、動ける時期なので見守りが必要です。

なるべくベランダに出さない

目を離さないことは必須ですが、そもそもベランダや窓に出さないように気をつけましょう。

転落防止用のグッズ5選

スマートゲイト2プラス

子どもに入ってほしくない場所や階段にベビーゲートを設置すれば安心です。
手動で施錠できる安心ロックスイッチ機能、ドアを開けたままにしておけるスルッとドア機能などがあります。

ドアモンキー

工具なども必要なく、簡単に設置できるドアロックです。
ドアノブやレバーハンドルなどすべてのドアで使用でき、子どもが自由に出入りすることができなくなります。

ベビーガード 網戸ストッパー

子供が網戸を勝手に開けないための商品で、粘着テープを貼るだけです。
施錠や開錠は片手で簡単にできます。

アルミ面格子

トイレやお風呂など、換気のために開けておきたいところに面格子をつけておくことができます。
防犯対策にもなります。

ウインドストッパー4個セット

マジックテープによる取り付けなので必要に応じて取り付け取り外しが可能です。
ベランダへの掃き出し窓に取り付ければ、ベランダへの外出を防げます。

まとめ

「うちは大丈夫」と思わず、まさかの事態を考えて、日頃から安全な環境を作っておきましょう。
赤ちゃんが安心してすごせるようにすれば、心配も少なくなり、のびのびと子育てができますよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています