突然やってくる「停電」!今すぐやるべき対策と備えたいグッズ12選

地震や水害などの自然災害によって、一年中発生する可能性のある「停電」。
停電になった場合に備え、身を守る準備をしておきましょう。
今回は、停電になった時の対策と、グッズをご紹介します。
ランタン

停電になると……どうなる?

自然災害や人為的なミスなどによって起こる「停電」。
停電になると、どんな影響が出るのか、まとめてみました。

家電が使えなくなる

冷蔵庫や電子レンジが使えなくなります。
また、夏場なら冷房、冬場なら暖房も使えません。
IHを使用している家、オール電化の家などは特に備えが必要です。

断水の可能性

浄水場では水の組み上げ作業に電気を使っています。
停電になると、各家庭まで水を送ることができなくなる可能性も。

通信機器が使えなくなる

家電同様に固定電話などが使えなくなります。

PCデータの消失

突然の停電が起こった場合、バックアップをとっていなかった部分は消えてしまいます。
こまめにバックアップを取りましょう。

交通機関が影響を受ける

電車が運休する可能性もありますが、信号機に供給される電源も断絶されます。

突然の停電に備えておきたいものは?

停電時には、外出もしづらくなります。
そのため、事前の準備が必要です。

照明器具を用意しておく

懐中電灯やろうそく、ランタンなどを用意しておきましょう。

非常食を用意しておく

炊飯器や冷蔵庫、レンジなどが使えなくなるので、それらがなくても大丈夫な食材を用意しておきましょう。
傷みにくいものを買っておくのも一つの方法です。

冷暖房を用意しておく

冬場には乾電池で動く石油ストーブなどがあると便利です。
夏は冷房が使えないので、常に、冷蔵庫に保冷剤や氷を常備しておくといいでしょう。

水とお湯を確保

停電になりそうな自然災害が起こったら、水をバケツに貯めたり、お風呂を沸かしたりしておきましょう。

クーラーボックスを用意

停電になりそうだと思ったら、保冷容器に氷をいれたり、クーラーボックスに保冷剤を入れたりしておくと、いろいろ使えます。

おすすめの停電対策グッズ

GENTOS LEDランタン

LED ライトで日本のトップシェアを誇るジェントス。
高品質で明るく、安いのでいくつか用意しておくことをおすすめします。

ラブロス マジックバルブ

見た目は電球ですが、内臓バッテリーによって最大3時間店頭できます。
本体をソケットから外すと、懐中電灯としても使えます。

エムパワード

電池のいらないランタンです。
空気で膨らませるタイプなのでコンパクトですし、ソーラーパネルで充電ができるので便利です。
水にぬれても大丈夫なところが嬉しいですね。

コーセー スティーブン ノル ドライシャンプー

人気のドライシャンプー。
地肌と髪のベタつきを瞬時にリセットしてくれます。
清涼感もあるので、リフレッシュ効果が高まりますよ。

SAWYER ミニ 携帯用浄水器

水道が使えなくなったときに困るのが飲み水。
付属の袋に水をいれて浄水器に取り付ければ、きれいな水を入れることができます。

風まる2 カセットフー

万が一の時に使えるのがカセットコンロ。
停電だけでなくガスの復旧も遅れたときにも力を発揮します。
風に強いタイプなので屋外での使用も安心。

バイオライトキャンプストーブ

たき火で発生した熱を電気に変換して燃焼効率を上げるストープ。
お湯を沸かすと同時い、スマホなどの充電もできます。
また、モバイルバッテリーへ充電することで、USBを使ったものへ活用もできます。

SOL ヒートシート エマージェンシーヴィヴィ

コンパクトになる寝袋。
人体から発せられた熱の90%を逃すことなく、反射させて体温維持をしてくれます。

キングキャンプ ソーラーキャンプシャワー

太陽エネルギーを吸収して水を温めることができるので、温水シャワーになります。
雨水や川の水でも入れられ、高いところに吊るすだけなので簡単です。

水電池NOPOPO

水を入れるだけで電池からを作れる水電池。
長期保存が可能なので、防災用にぴったり。
水以外でも液体ならば可能です。

ポータブル電源 Rockpals

一台あるだけでスマホはもちろんのこと、パソコンや冷蔵庫、LEDランタンなどがなんども充電できます。
コンパクトに大容量なので、一家に一台はおいておきたいですね。

発電機 MGC900GB

家庭用のカセットボンベが燃料となるので、電力が使えないときなどに役立ちます。
高価格ですが、家族が多い方や赤ちゃん、お年寄りがいるご家庭におすすめ。

まとめ

今は何でも電気なので、停電になるとかなり不便でしょう。
短時間の停電でも慌ててしまうことがあるので、万全な対策をたてておくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています