今年最強の台風19号接近中!風が強まる前にするべき10の対策

このニュースの概要
「今年最強」クラスと呼ばれる、大型で猛烈な強さの台風19号が接近中です。気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎さんは台風発生の6日から、自身のツイッターアカウントを繰り返し更新し注意を呼び掛けています。

この記事への反応

週末のラグビーの試合は、早く中止にして順延にすべきです。九州在住ですが、今は緊急事態です。関東の方々は台風の怖さを甘く見すぎです。不要不急の外出は避けるべきです。

台風が去った後に必ず湧いて出るリフォーム詐欺にもご注意を・・。向こうからくるリフォーム業者、電気ガス水道業者を名乗る人間も100%詐欺です。

スマホの充電は早めに→いつ停電が起こるかわかりません。去年は約1日半の停電を経験しました。 最低限の水と食料の確保を→街中に居住してますが停電でコンビニもスーパーも閉店してました。もちろん自販機も停電で買うことはできません。

朝6時発表の予想進路は、少しだけ西に寄りましたね。今のところ、非常にまずいコースです ((((;゚Д゚)))))))

台風は地震とは違い日が特定できるので、できることを思い付いた。 水道が止まった時、トイレ流しなど飲み水以外の目的に使えるよう、12日の午前中にバスタブに水を張ろう。

近所の家から100メートルくらいは瓦飛ぶのでしょうか?

水や食料用意しました。うちの近くのスーパーは水やカップ麺が品薄でした

台風は、前もって分かるからね。色々準備しなきゃ

首都圏住みです
自宅被害、停電、断水が怖いです
懐中電灯は先日電池を入れ替えました。
今から、なま物でない食料と水を買いに行ってきます。

千葉。
もう勘弁。

地震とは違って事前に備えられるよね。
ガソリン入れてお風呂にお水張って。
何も無かったらそれで良いんだから。

点検されていない高所の看板が、どこからか超暴風で吹っ飛ばされる可能性だってある。マンションの高層階に住んでいても窓を突き破って襲ってくるかも。寝る場所の選択も慎重に。

窓ガラスにダンボールやガムテープを貼るだけでもいざと言う時は違うと思いますが、浸水や土砂崩れの危険がない場所であれば可能な限り窓から離れた場所で、且つ一階で寝るのが良いと思います。

万が一窓が割れて風が吹き込んだら、反対側の窓を開けて風が抜けるようにしないと、部屋の中で風が大暴れ。最悪屋根が飛びます。

のアイコン画像
首都圏に住んでいる人の中にはいまだ台風を甘く見ている人がいるかもしれません。専門家が対策をこんな風にまとめてくれると助かりますね。台風は予測できる災害なのですから対策を怠らないように!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています