ヒートテックだけじゃない!キッズのあったかインナー徹底比較おすすめの6選

冬の必需品といえば、ヒートテックなどのあったかインナーですね。
今はいろいろなところからあったかインナーが出ていますが、実は、それぞれ機能や目的が違っています。
暖かさや着心地も違うので、今回は様々なあったかインナーをご紹介します。
寝ている子供

あったかインナーの選び方のポイント4つ

あったかインナーを選ぶ時にチェックしておきたい事項をご説明します。

吸湿発熱性のもの

繊維が水分を吸収することで発熱する機能性が吸湿発熱性。
汗をかいた後の肌冷えを防いでくれます。

保温性に優れたもの

綿や毛、シルクなどの天然素材は吸湿性に優れています。
毛は吸湿性が高く保温性も高いです。

肌触りのいいもの

化学繊維のものは、吸湿性が少ないです。
これを改善するために作られたのがアクリレート系繊維です。

おしゃれなデザイン

子供のものでも、いわゆる「ババシャツ」的なものだとテンションも下がってしまいますよね。
襟ぐりの大きさや縫い目などにも注目しましょう。

キッズのあったかインナー6選

created by Rinker
今や、防寒インナーの代名詞ともいえる「ヒートテック」。ヒートテックは体から蒸気する水分に反応して熱を出し、その熱を繊維の層に取り込んで体を温めます。 価格が安いのも魅力の一つ。 寒さに合わせて、ヒートテック、極暖ヒートテック、超極暖ヒートテックの3種類があります。

created by Rinker
おしゃれでもあり、暖かい保温インナーとしておすすめなのが、このオーガニックコットンの風合いを生かした綿混あったかインナーです。
肌が弱い人でもかゆくならないと人気。

ベルメゾン ホットコット 綿混 あったかインナー 一分丈 オーバーパンツ キッズ

暖かく、痒くもならない発熱インナー。
発熱綿とオーガニックコットンをブレンドしているから、敏感肌の方にもおすすめです。
ちら見えしてもおしゃれなところが魅力です。

created by Rinker
触れた瞬間から暖かいしっとりなめからインナー。
化粧品にも使われる天然保湿成分アミノ酸を配合しています。
暑すぎないところが魅力。

[HOTWRAP]長袖シャツ(ホワイト無地)1枚入【80cm・90cm・95cm】

体からの水分を吸収して発熱し、素材が暖かくなります。
ストレッチ素材を使用しているので、柔らかくしなやかな着心地です。

まとめ

冷え対策をするためには、「あったかインナー」など外からの防寒と合わせて、内側からの対策も大切です。
しょうがやゴボウなど体を温める食材を獲れて、寒さに強い体づくりをしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています