冬のキャンプに欠かせない持ち運べるカセットストーブ!災害時の備えにも!

冬でもキャンプなどアウトドアを楽しみたい、屋外レジャーをあきらめたくないというファミリーにおすすめなのがカセットストーブ。カセットストーブはカセットコンロに使用するカセットガスをセットするだけで電源がない屋外でも手軽に暖を取ることができます。
また、近年ではオール電化のおうちも多いので寒い時期の停電や災害対策としても備えておくと安心ですね。
こちらではカセットストーブのメリットデメリットやおすすめの商品をご紹介します。

ボンベ

カセットストーブのメリット・デメリット

●メリット

屋内・屋外両方で使える

カセットストーブのメリットは屋内はもちろん、屋外でも使用できることです。キャンプなどのアウトドアやスポーツ観戦でも活躍します。軽量でコンパクト、持ち運びも楽々。

燃料のカセットガスが手に入りやすい

石油ストーブの場合灯油の補給が必要ですが、カセットストーブは市販のカセットガスさえあればすぐに使用することができます。カセットガスはコンビニやスーパーで手に入れることができ、かさばらないのでカセットコンロと一緒に携帯できます。

調理にも使用できる

カセットストーブの中にはコンロ部分を縦にも横にもできる2way使用が可能な商品もあります。横にすれば鍋などを置いて、カセットコンロとして調理に使用できます。別途コンロを持つ必要がないので、荷物を減らすことができます。

●デメリット

連続運転が可能な時間が短い

もちろんカセットストーブにはデメリットもあります。カセットガスを使用しているので、連続運転が可能な時間には限りがあります。カセットガス1本で通常3時間前後の使用が可能です。燃焼時間は使用する環境(気温)などによって変わります。必要に応じてカセットガスを多めに持っていきましょう。

安全性に配慮する必要がある

カセットストーブを使用するにあたっては、従来のファンヒーターなどに比べて安全に配慮する必要があります。閉め切った室内での不完全燃焼は大変危険です。また小さなお子さまが手を触れないように十分注意しましょう。また調理には適していない商品もあるのであらかじめ使用方法の確認が必要です。

火力が弱い

屋外で使用できる灯油を使ったガスストーブに比べると火力の弱さは否めません。こればかりは、カセットガス一本で暖めるので仕方ありませんね。

おすすめのカセットストーブ

Iwatani カセットガス ストーブ マイ暖 ホワイト CB-STV-MYD

連続燃焼時間は標準モード運転時で約3時間20分、弱運転時で約3時間55分となります。
不完全燃焼防止装、立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置など4つの安全装置を搭載しています。

口コミ

 のアイコン画像 

オール電化の家の為停電時対策として購入しました。取扱説明書に、カセットボンベおよび本体のパッキンには寿命がある旨記載されていたため大変参考になりました。自宅に保管していたボンベが期限ぎりぎりであったため、それらを使い切るためと試運転がてら毎日使用しています。食卓の下に置いていますが足元がすぐ温まり良いです。ただ軽くて転倒しやすいため置き場所に注意が必要です。臭いはありませんが、ガスを燃焼させているため換気は必須です。
参照:楽天市場

【2020最新版】アウトドアヒーター 1台2役 電源不要 角度調節可能 取手付き

高品質のステンレス鋼製で、耐久性・耐食性があります。多機能加熱炉には加温モードと加熱モードがあり、自由に切り替えることができるため、 暖房用ヒーターとしてでなく、キャンプ中の調理にも使用できます。

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB

重量約2.6kgで女性でも片手でラクラク持ち運びできます。ガスの消費量を節約できる弱運転切替機能付きで、弱運転で約15%省エネできます。

口コミ

 のアイコン画像 

自己責任でテント内で使用しています。
これ一つで直径450cm×高さ300cmのワンポールテント(スカート付き)をかなり暖かくすることができます。
カセットボンベは2~3時間で1本が空になる燃費ですが、テントの容積であれば連続して使用することもないですし暑いくらいなので、実用的な燃費範囲と思います。
スイッチを入れてからすぐに熱量が上がりますので、電源なしのキャンプサイトでは替えることのできない存在として非常に重宝しています。
またコンパクトですので、オートキャンプでも嵩張らないですし、テントの中から屋外に持ち出してキッチンテーブルでの調理の際に足元を暖めるなど、気軽に持ち運びができる点も良いです。
参照:Amazon

ニチガス ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 ホワイト NCH-22SW

軽量・コンパクトで片手でどこにでも持ち運びOK!
火力調節機能付き(1.9〜2.2kw)でガスなので点火後すばやくポカポカ。

口コミ

 のアイコン画像 

早速使用してみましたカセット1本で強レベルで約1時間40分の燃焼時間でした。
大変暖かく、災害時の常備品として購入しました。
参照:Amazon

センゴク・アラジン ガスストーブ レッド SAGBF01-R

伝統のブルーフレームをモチーフにしたガスストーブが、Sengoku Aladdinから誕生!すぐ暖まりたい時はハイパワー運転、ゆっくり暖を取りたい時は長時間運転など、シーンに応じて使用していただけます。

口コミ

 のアイコン画像 

思いのほかコンパクトで暖かく、テンマクデサインの炎幕というテントを愛用してますが暖まるにはちょうど良い大きさでした。
強いて短所を言うと燃費が悪い所。
CB缶が夜越しで使うと、とろ火で二本くらい使う感じでした。
ほかのレビューであったスイッチが曲がっているというモノ、確かめてみましたがデフォルトで、構造上、仕方ないですね。なので曲がってる訳ではありませんでした。
冬キャンの強い味方が出来て今年も愉しく冬キャンがおくれそうです。
参照:Amazon

Iwatani カセットガス ストーブ 風暖 日本製 コードレス ホワイト CBGFH2

カセットガスの燃焼熱から電気をうみ出しファンを回す、発電するファンヒーター。
温風でお部屋の隅々まで暖めます。

口コミ

 のアイコン画像 

冬キャンプ(2月の極寒)で使用しました。
テントは5~7人用の大型です。
テント内は禁止とあったので、入口の外側に置き、中に向けて室内を温めました。
入口が全開なのであまり温かい感じはしなかったのですが
消してみたら一瞬で寒くなったので、あるのと無いのとでは大違いです。
あとストーブ本体の上が熱くならないので、テントが溶ける心配もなく安心して使えます。
あまり近すぎるとヤケドしますので、
赤ちゃんやバンボに乗せたお子さんを傍に置くのは絶対にやめましょう。
お値段は優しくないのでずっと悩んでいましたが、今回思い切って買ってよかったです。
停電の時も石油ストーブだと色々大変ですが、これはカセットボンベをはめるだけなので簡単です。
一家に一台あって損はないと思います。
参照:Amazon

まとめ

密集を避けられるレジャーとしてキャンプが人気ですが、おしゃれなカセットストーブがあればもっとアウトドアが楽しくなりますね。防災備品として1台あると安心なので一石二鳥ですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています