新世代の暖房器具「デロンギ マルチダイナミックヒーター」が子育て家庭にイチオシ!

赤ちゃんや小さい子どもがいると、どのような暖房器具を使えばいいか迷ってしまいませんか?
「おはママ」では今回、デロンギの「マルチダイナミックヒーター」をおすすめします!
オイルヒーターよりも細かい温度調整ができ、速暖性もあるなどメリットがたくさん。
こちらではマルチダイナミックヒーターをおすすめする理由をご紹介します。
デロンギ  ヒーター

デロンギ・オイルヒーターとマルチダイナミックヒーターの違いは?

オイルヒーター、マルチダイナミックヒーターのどちらも、「部屋の空気を汚さない」「温度を一定に保てる」というメリットがあります。
両者がどのように違うのかご紹介します。

オイルヒーター

オイルヒーター
ヒーターの中にフィンがあり、その中に難燃性の高いオイルが入っています。
それを電熱器で暖め、フィンじたいから熱を発生させます。
送風がないため、乾燥しにくく、静かということもメリットです。

マルチダイナミックヒーター

マルチダイナミックヒーター
見た目は似ていますが、オイルは入っていません。
ヒーターモジュールを備えていて、輻射熱と対流熱で暖かくするため、部屋の温度変化に合わせて細かい温度調整ができます。

電気代も変わってきますので、カンタンチェックをしてみてくださいね。

デロンギ公式サイトより。

マルチダイナミックヒーターのメリット

「マルチダイナミックヒーター」はデロンギが開発した「オートアダプティブテクノロジー」が最大の特徴。これにより、いろいろな機能があります。

細かい温度設定が可能

 部屋の温度変化を読み取りながら、細かい温度調整に対応できます。
 それは±0.5度の範囲という優れた性能です。

Wi-Fiなどのリモート操作ができる

 WiーFiモデルならリモート操作をすることができます。
 専用アプリで電源や温度、電力レベルを調整できます。

速暖性がある

 オイルヒーターは少しずつ部屋全体を温めるというイメージでしたが、マルチダイナミックヒーターはオイルヒーターの2倍速く、部屋を暖められます。

実はレンタルという手も

マルチダイナミックヒーターがいいということはわかっていても、価格が高めな設定なことも事実。
そんなときは、家電レンタルの「Rentio」で月額レンタルしてみては?

オイルヒーターとマルチダイナミックヒーターの両方を借りてみるのも一つの方法です。

デロンギ・マルチダイナミックヒーター ラインナップ

デロンギ MDHU09-BK(ピュアホワイト+マットブラック) マルチダイナミックヒーター

気温のわずかな変化も察知し、秒単位でコントロール。
室温が20度になるまでには25分なので、予約をしておけば、ばっちりです。
人間の呼吸音よりも静かなので、寝室で使っても快適です。

口コミ
のアイコン画像
悩みに悩んで購入!
やはり暖かくなるまでには時間がかかります。
温度を高めで強にすれば良いのですが、電気代が怖くて試せないでいます…
しかし暖かくなってからはやはりエアコンとは違う暖かさです。ポカポカする感じで、自然な暖かさで気に入ってます。
黒にしてよかった。カッコいいです!

デロンギ Delonghi MDH15WIFI-BK マルチダイナミックヒーター ピュアホワイト+マットブラック [Wi-Fiモデル /10〜13畳]

Iphoneアプリ操作でどこからでもアクセスできます。
Siriによる音声コントロールで快適温度を一定にキープできるのが魅力。
やけどしにくい安全設計です。
口コミ
のアイコン画像
本体上部から、暖かい空気が、上昇してきますので、本体から、少し離して、上に洗濯物を干すと乾きが早いです。

Delonghi デロンギ マルチダイナミックヒーター MDHU15-PB 10〜13畳 マットブラック

一番新しいマルチダイナミックヒーターは素早くムラなくいっきに部屋を暖めてくれます。
もちろん、空気を汚さず、乾燥しにくいのも特徴です。
口コミ
のアイコン画像
ジワジワと暖かくなります
悩みに悩んで購入!
やはり暖かくなるまでには時間がかかります。
温度を高めで強にすれば良いのですが、電気代が怖くて試せないでいます…
しかし暖かくなってからはやはりエアコンとは違う暖かさです。ポカポカする感じで、自然な暖かさで気に入ってます。
黒にしてよかった。カッコいいです!

まとめ

デロンギのオイルヒーターは話題ですが、それよりも最上位機種であるマルチダイナミックヒーターなら、必要十分な機能があります!
ぜひご検討してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています