家の中で体を動かすおもちゃで運動能力アップ!室内遊びができるスポーツトイ8選☆

寒い冬や夏の猛暑だと、なかなか外で遊べないですよね。でも、子供は動きたいもの。家の中でじっとしていると、ストレスもたまるし、体力も低下してしまいます。
そこで! おすすめなのが、室内でも体を動かせるおもちゃ。
お子さんの成長に合わせて、興味のあるものを選んであげましょう。

室内遊び

子供の運動神経とは?

運動神経は遺伝ではなく、環境と経験の差だと言われます。
その運動神経というのは、8歳ごろまでに約80%が育ち、12歳ではほぼ100%になると言われています。

発達しやすい時期を「ゴールデンエイジ」といいますが、特に大切なのが3〜8歳の「プレゴールデンエイジ」の期間です。
この時期に、体を動かすことが大切なのです。
グラフ

室内で体を動かせるおもちゃ8選

ホワイトサイド ウォールパネル・バランスボード

ポーランドのおもちゃで、子どもの想像力と創造力をかきたてるということでヨーロッパの保育園や幼稚園で人気です。
手を使って玉を動かすのもいいですし、乗ってバランスをとれるようになれば、体幹が鍛えられます。

トランポリン102cm 耐荷重110kg

子どもが飛び跳ねて全身運動をすることで、自然に筋力がつきます。
110kgまで対応しているので、家族で順番に楽しむということもできそう。使わないときは折りたためるのですっきり収納ができます。

プレミアム おりたたみロングスロープ キッズパークノナカワールド

ジャングルジム、ブランコ、鉄棒、すべり台がセットになったおもちゃ。
成長に合わせてスロープもゆるやかな角度からすいすいすべる角度に変えられます。
シンプルなカラーなのでお部屋にもマッチしそうです。

ハンモック鉄棒アリアナ

鉄棒の高さは四段階に変えられるので、成長に合わせて長く使えそう。
逆上がりの練習に有効なつりわもついているので、冷たい鉄棒を握らなくてもさかあがりができるようになりますね。
たためば傘のようにスリムになるところが便利です。

すべり台 YaYa 3in1 ヤヤ スクールバス

バスを運転するかのようにハンドルを回転させるとメロディが流れます。
バスを降りたら、バスの屋根からすべり台で降りられるというのは魅力的ですね。
バスケットボールフープをつければ、ボール遊びもできます。

アイデス ニンジャボルダリング 基本セット

日本忍者競技会公認の修行道具「ニンジャスポーツトイ」シリーズの一つ。
判断力を必要としながらのぼるボルダリングは脳と体の両方を鍛えられます。
初級から中級へと形を変えられ、別売のキットを繋げれば、高さを変えることもできます。

すべり台 ブランコ セット スウィング キッズ

より安全機能が充実してリニューアルしたマカロントイシリーズのブランコ。
バスケットゴールとボールもついてるので、いろいろな遊び方ができます。
お友達を呼んで一緒に遊んでも楽しいですね。ブランコは成長に合わせてカスタマイズできます。

レインボーバランスストーン(6個組)

石飛び遊びから発想を得たというおもちゃで、それぞれのバランスストーンは本当の石のように傾斜が違います。
置く距離を変えたり、高低差をつけたりすることで、難易度が帰られそうですね。
裸足で遊ぶことで、足を強くする効果もありそうです。

まとめ

外で遊ぼうとしても、寒くておっくうになったり、風邪をひくのが心配だったりしますよね。
そんな時に、室内遊びができるおもちゃがあれば、家の中で手軽に体を鍛えられます。
小さい頃からいろいろな動きができると、運動能力も伸びそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています