ずれない!締めつけない!ばっちり紫外線対策してくれるおすすめのアームカバー8選

日焼けはしたくないけど長袖は暑い、、、そんな悩みを解決してくれるアームカバー。腕部分にカバーをすれば紫外線やエアコンの冷気から肌を守ってくれます。こちらでは締めつけがなくて、ずりおちないおすすめのアームカバーをご紹介。紫外線はすでに危険レベルなので早めにゲットしてください。

アームカバーの選び方

長さ

アームカバーの長さは40㎝~60㎝のものまでありますが二の腕もしっかりカバーしたいなら60㎝のロングタイプがおすすめ。また案外日焼けが気になる手の甲もしっかりカバーしてくれるものがいいですね。指先は出ているので自転車の運転やスマホ操作の邪魔になりません。

素材

アームカバーの素材は汗を吸収してくれるコットンやさらさらして涼しいリネン、フィット感のあるスパンディックスなど様々です。見た目も変わってきますので使いやすいものを選ぶといいでしょう。ひんやり素材なら熱がこもらず体温の上昇を防ぎます。

UVカット率で選ぶ

ほとんどのアームカバーはUVカット効果のある生地を使用しています。UVカット率98%以上でUVカット率を確認する商品検査などをクリアしているものが安心です。

デザインで選ぶ

アームカバーは目のとまるものなのでおしゃれなものがいいですよね。シンプルなものからストライプやドット柄、フリルやレース、刺繍やアップリケがついたものまで様々です。お好みのものや自分のスタイルに合うものを選びましょう。

アームカバー口コミ

おすすめのアームカバー8選

ふんわり*ほんのりアームカバー

天然繊維二重構造のほんのりアームカバー。吸湿発散に優れているので汗を肌に残さない。肌に密着しすぎず肌に寄り添うふんわり編み。熱がこもりにくい自然のぬくもり、紫外線カット率97.4%です。内側シルクがふんわりフィットしてずりおちにくい。

100% 完全遮光 99%ではダメなんです!ロング アームカバー

UVカット製品とは違い、本体生地が100%遮光なので汚れたり摩擦があっても遮光率は落ちず、生地が破れない限り性能をキープします。紫外線が多い日でも、気にせず外出することが出来ます。本体遮光生地には撥水加工を施しているので、急な雨にも対応可能。

UV手袋 / 絶対焼かない!可愛いアームカバーで紫外線対策

オリジナルブランドZootieのアームカバー。紫外線遮へい率最大90%のファブリックに、指穴付きのデザインなので手の甲までしっかりとカバーしてくれます。袖口のゴム部分が二重のフリル仕様になっています。ふわっと立体感のあるフリルがおしゃれ!ゴム編みの優しい伸縮性が、ゴムの締め付けやゴム跡を軽減します。柄のバリエーションも豊富です。

ウェルクルズ アームカバー (2枚1セット) UV 無地 アームスリーブ

伸縮性・通気性に優れたシンプルデザインのアームカバーのご紹介です。スパンデックス素材を使用しているので疲れにくくフィット感抜群です。車の運転やショッピングなどはもちろん、ラン二ング、サイクリング、ゴルフなどの本格的なスポートにも適しています。

PARADISO「レディースショルダーアームカバー 56CL3U」

こちらはスポーツブランドパラディ―ゾのショルダー付きアームカバー。ボレロタイプでずり落ちてこないので、気になりません。動きの多いスポーツにも最適です。

(ラインビー) LINE.B UVカット率99% アームカバー (指穴付き)

うっかり焼いてしまう手の甲までカバーする指穴付きタイプ。UVカット率99%で有害な紫外線をしっかりガード。適度なフィット感でずりさがってくることもありません。UVカット機能は「加工」によるものではなく、繊維製造時に「練りこんで」糸を製造しているため洗濯しても効果が落ちていかず半永久的に持続します。

UV アームカバー 50cm 手袋 フィンガーレスグローブ

UVカット素材を使用して紫外線をしっかりガードしてくれるアームカバー。生地を触った時にひんやりする素材で内側の熱を拡散してくれます。指が開いたオープンフィンガータイプで、車の運転やスマホ操作もラクラク。紫外線やエアコン対策にも。

UVカット リネン アームカバー 約50cm

リネン独特の冷涼感が楽しめるUVカットアームカバー。腕部分をメッシュ編みにすることで通気性アップしました。リネンか気化熱が起きやすく、素肌よりずっと涼しく感じます。手の甲はメッシュ編みで紫外線をしっかりガードします。

まとめ

アームカバーは夏の定番アイテム。簡単に着脱できるので夏の暑さにもエアコンの寒さにも対応できます。くるっと丸めてバッグに入れておけるので外出時に持ち歩くのはもはや当たり前。この夏もおしゃれなアームカバーでしっかり紫外線対策しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています