赤ちゃんのあせも対策には汗取りパッド!汗のべたべたを吸収しておでかけもお昼寝も快適!

暑い季節のママの悩みといえば赤ちゃんのあせも。かゆがってぐずったり、かわいそうですよね。あせも対策にはこまめに汗を拭いてあげることが大事。こちらでは赤ちゃんの背中に入れて汗を吸収してくれる汗取りパッドをご紹介します。かわいいデザインで肌にも優しく、赤ちゃんも快適に過ごせます。

あせもってどうしてできるの?

そもそもあせもはどのような仕組みでできるのでしょうか。あせもは汗が出る汗腺が大量の汗によって詰まってしまうことで起こる肌のぷつぷつや赤みのことです。とくに赤ちゃんは体温調節が未熟で汗をかきやすいので、あせもになりやすいのです。肘や膝の裏、首や背中、お尻など汗が溜まりやすい場所にできるのが特徴です。あせもはかゆみを伴うことも多く、かきむしってしまうと細菌感染が起こり悪化してしまうこともあります。

あせも対策

あせも対策としては、汗をかかないように室温を調整したり、こまめに汗を拭いてあげるなどの方法が有効です。赤ちゃんはとにかくよく汗をかくので夏はこまめに着替えをするのがポイント。ただし、忙しいときや外出時など着替えが難しい時には背中に入れて汗を吸収する汗取りパッドがあると便利です。汗取りパッドは交換するだけで汗を解消できるで、先輩ママも「夏の必需品!」「使ってよかった」と絶賛しています。

おすすめの汗取りパッド10選

ベビー汗取りパット赤ちゃんご機嫌 吸収力吸収量抜群!!

パシーマ生地で作った汗とりパッドのご紹介です。汗っかきの赤ちゃんもこの汗取りパットを背中に入れてあげるとグングンと汗を吸収するので、肌がサラサラになり、さわやかさを感じます。湿っていても少し風に当てるとすぐ乾きます。

二重ガーゼ汗取りパット5枚組・日本製

授乳中や就寝時によく汗をかく赤ちゃん。そんな赤ちゃんの背中の汗対策に便利なガーゼ素材の汗取りパットです。スッと背中から入れて、汗をかいたらスッと抜いて交換できるのでとっても便利です。

汗取りパッド ベビー 専用保冷ジェル付き

こちらは首元に保冷ジェルを入れられる汗取りパッド。ママと密着する抱っこ紐でも首元が涼しく背中の汗もすっきり!外出先で着替えができないときでも汗取りパッドなら手軽に交換できます。

【フジキ】無添加コットン Wガーゼ汗取りパット 5枚組

こちらの汗取りパッドは、2枚のガーゼを重ねたダブルガーゼ生地で通気性と吸水性に優れ汗をよく吸い取ります。さらっとした触り心地です。無添加なので肌に優しいのも嬉しいですね。

汗取りパット 2枚入り ベビー 赤ちゃん 汗取りシート

汗かきの赤ちゃんに嬉しい汗取りパットの登場です。赤ちゃんの背中と肌着の間に挟んでおいて、汗をかいたら襟元からサッと引き抜くだけ!赤ちゃんのお肌にやさしいガーゼを使用。素早くしっかり汗を吸い取り背中サラサラ。

ガーゼ汗取りパッド2枚組(いちご・ヒヨコ・カエル) 綿100% 

こちらは日本製の汗取りパッド2枚セットです。2枚あるので洗い替えにも対応。綿100%の日本製なので安心です。寝ている間に汗をかいてもさっと取り外せます。

mocmof うさぎベビー汗取りパッド

背中の汗を吸い取りながらお洋服もかわいらしくコーディネイトしてくれる、おしゃれで便利なベビー用汗取りパッドです。背中側はパイル地になっていて、吸収性抜群!大きなパッドが背中全体の汗を吸収します。ポケットに手を入れて背中にさっと差し込むだけの簡単装着。汗をかいたら抜き取るだけなので、お着替えの回数も減らせます。

ベビー汗取りパッド パイル&ガーゼ 今治 今治ベビー

吸水性・速乾性に優れた「タオル&ガーゼ」を使用。確かな品質の今治タオルブランドマーク付き。背中に当たる部分は柔らかなパイル地になっていて、汗をしっかり吸収。汗をかいても肌着を何度も交換する必要がありません。

くまさん汗取りガーゼ ▽▽ 男の子 apreslescours アプレレクール

背中からみえるくまちゃんがかわいい汗取りパッドです。背中と肌着の間に挟むことでガーゼが汗を吸い取ります。ポケット状になっているため手を入れて交換しやすいです。

ファムベリー 汗取りパット ポケット付き

汗取りパッドはお着替えの回数を減らしてくれるのでとっても便利。さらにこちらの汗取りパッドはポケット付きなのでとても簡単に背中に入れることができます。背中全体に広がる大きさでしっかり汗を吸収してくれます。

まとめ

夏のあせも、ママも気になりますし赤ちゃんも可愛そうですよね。汗取りパッドなら手軽に交換できるので汗をかいたらすぐに対応してあげることができます。デザインもかわいく、肌に優しい素材を使用しているので安心。本格的な夏が来る前に準備したいアイテムです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています