子どもと作って楽しく食べる!夏においしい冷たいスイーツ&かき氷

夏のおやつといえば、ひんやりアイスやかき氷。子どもたちも大好きですよね。
夏休みは毎日おうちかき氷を作る……というおうちも珍しくないと思います。
やっぱり、自分で作ったデザートは格別!
今回はそんなスイーツ作りを助けるかき氷器やデザート器具を紹介します。最近注目のかき氷器も取り上げていますので、ご覧くださいね。

家でも作れるふわふわ・シャキシャキかき氷

かき氷
かき氷といえば夏の風物詩。暑くなると冷たいかき氷を食べたくなりますよね。
家でかき氷を作るなら、シロップも手作りしたり、フルーツを乗せたりといろいろなアレンジができます。
さて、かき氷器は手動にしますか? 電動にしますか?
手動だと電源がいらないのでキャンプやBBQなどのアウトドアなどに持って行きやすいですし、電動だと力がいらないので楽ですよね。
用途や作りたいかき氷のタイプを基準に選んでみてください。

手動式のおすすめかき氷器

ドウシシャ 氷かき器 ふわ雪

氷の粗さを無段階のネジ式で調整できるので、製氷カップの氷でも自宅の氷でも自分好みのさらさらふわふわかき氷が作れます。
レトロなデザインがおしゃれ。

パール金属 手動かき氷器 クールズペンギン

ハンドルをクルクル回すだけだから子どもでも簡単。製氷カップがついているので、好きなジュースを凍らせて削れば、オリジナルのシャーベットも作れます。
直接、刃が見えないので安全ですね。

サンリオキャラクターズ かき氷器

マイメロディ・シナモロール・ぐでたま・ポムポムプリンなど人気のサンリオキャラクターがかき氷を作ってくれるかのよう。
刃の角度も調整できるので削れやすさを変えられます。

クールジョイ シャリっとフワッとかき氷器

調節ネジで刃の高さを変えることで、氷の細かさを調節。なめらかなふわっとしたかき氷と、粗めでシャリっとした氷の2種類が作れます。
コードなどを準備する必要がないので、すぐに使えるところが便利ですね。

タイガー 氷削り器 きょろちゃん

ハンドルを回すたびに目がキョロキョロと動くので、楽しくてあっという間にかき氷が完成しそう。素材・厚み・角度にこだわったステンレスタッカー、回転ねじ式構造を採用しているので、子どもでもラクに削れます。

電動式のおすすめかき氷器

ドウシシャ ヒーター式電動わた雪かき氷器

2018年の新商品で、日本初のヒーター機能搭載かき氷器。氷の表面を温めることで、専門店のようなかき氷を作ることができます。ワイドなトレイで氷を出し入れしやすいのに、コンパクト収納を実現しています。

ドウシシャ 大人の氷かき器

小型でスマートなハンディタイプ。「大人の」とありますが、持ってワンプッシュするだけなので、子どもでも操作が簡単。小さいサイズなので、夏は出しっぱなしにしていても邪魔になりません。

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器

製氷カップがついているので、牛乳やシロップなどを直接凍らせれば、スイッチを押すだけで、話題のふわとろ台湾風かき氷が作れます。もちろん普通のかき氷づくりも可能。お手入れも簡単です。

IFUDO ふわっふわっ電動かき氷器

冷凍庫で作った家庭用の氷でも、雪のようなふわふわのかき氷が作れます。ハンディタイプなので、凍らせたジュースやフルーツでオリジナルフローズンドリンクも作れます。

初雪 電動式氷かき機 アイスロボ3

色づかいやデザインが楽しいかき氷器。上からボタンを押すだけという簡単な作りなので、おもちゃ感覚でシャキシャキのかき氷が作れます。

アイスやフローズンならアレンジも楽しめる

かき氷以外にも、今はいろいろな冷たいデザートを作れる商品が売られています。かき氷器と違い、電気を使ったり、刃がついていたりしないので、より安全にスイーツ作りを楽しむことができそうですね。

ZOKU スラッシュシェイクメーカー

専用容器を冷凍庫で一晩凍らせた後、好きなジュースを注いでかき混ぜるだけ!これなら子どもでも簡単ですね。
ジュースの中にフルーツをいれたり、クッキーなどをトッピングしたりすればオリジナルのスイーツができます。

ハピロール ロールアイスメーカー

冷えたタブレット型のプレートを冷凍庫で冷やし、アイスクリームの素をいれたら、あとはヘラで削るだけ。シャーベットやジェラートなども作れます。お子さんと一緒に盛り付けを楽しんでみてください。

arobo シャーベットメーカー

冷凍庫で10時間以上冷やしておいた容器に、好きなジュースを入れてくるくるかき混ぜるだけ。果汁はもちろんのこと、野菜ジュースや炭酸飲料を入れてもシャーベットができます。

まとめ

いまや高級スイーツとなりつつあるかき氷が家で手軽に作れるのは嬉しいですね。器具を買うとなると一見、高価格のように感じますが、毎日のことを考えるとコスパは抜群。
急にお友達が遊びにきた時でも、喜ぶ顔が見られそうです。
この夏、お子さんと一緒におやつ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています