赤ちゃんのおやつっていつからいいの?ウエハースなどのお菓子は?

スーパーやドラッグストアなど、いろいろな場所で見かける赤ちゃん用のお菓子。なかにはウエハースやボーロなど6~7ヶ月頃の月齢から食べられるのもあるけれど、「歯も生えていないのに、もう与えていいの?」と疑問に思う人も多いのでは?
そこで、赤ちゃんのおやつについてのアレコレをまとめてみました!

そもそも赤ちゃんにおやつは必要?

諸説ありますが、基本的には必要です。理由は大きく分けて3つあります。

その1:エネルギーの補給

赤ちゃんが成長するにつれ、食事の回数が3回へと進んでいきます。
赤ちゃんによっては食べムラがあったり、一度の食事で食べられる量が少なかったりと、発育などに必要なエネルギーが足りなくなることも。その足りない栄養を補うのが“おやつ”なんです。

大人がおやつを欲しがるのは「食べたいから」。でも、赤ちゃんにおやつが必要なのは「成長に必要だから」。この違い、大きいですよね。
“おやつ”=お菓子だけではなく、食事の“補食”として考えてみましょう。
離乳食完了後は栄養面を重視し、バナナをはじめとする果物や、サツマイモなどもオススメです!

その2:食べる楽しみを教えるチャンス!

生きとし生けるもの、食べなくては生きていけません。一生食べ続けるのだから、イヤイヤ食べるより、食べることに喜びを見出した方がいいですよね。そこで、赤ちゃん期の“おやつ”の出番です。

その3:運動機能発達のお手伝い

生後9〜11ヶ月頃になると手づかみで食べることを覚える時期。
自分の手でつかんだり、つまんだりして食べることで、運動能力の発達を促すことができるんです。

いつ頃からあげればいいの?

個人差があるため、ズバリいつから! と言い切るのは難しいのですが、目安としては1歳前後と言われています。
まずは離乳食が3回食になった段階で、様子を見ながらあげましょう。
あげる時間を決めておくのも一つの方法です。
そのとき、おやつばかりで離乳食をあまり食べなくなったら、いったんおやつはストップ! あくまでもおやつは“補食”で、離乳食が一番大事ですからね。

おやつとしてオススメのお菓子は?

お菓子を与えてみようかなと思うなら、初めての場合、“ベビー用おせんべい”がおすすめ。消化吸収がよく、赤ちゃんの唾液で溶ける口どけの良さがあります。
次いで“ボーロ”、“ベビー用のクッキー”や、“ウエハース”などなど。アレルギーに気をつけながらチョイスしていきましょう。

亀田製菓 ハイハイン 53g×12袋

香料・着色料・保存料不使用が嬉しいベビー用おせんべいの定番!

【×5箱 配送料込】イトウ製菓 カルケットボーロ 80g

カルシウムたっぷりで、赤ちゃんから大人まで食べられる牛乳ボーロ。

森永製菓 マンナウェファー 14枚(2枚×7袋)×6箱

優しい甘さのウエハース。卵が不使用なのも嬉しいポイント。

ピジョン 元気アップ CA 小魚せんべい & ひじきせんべい ×3点セット(4902508133739)

発育に必要な栄養を補えるおせんべい。 赤ちゃんの発育に必要なカルシウムが1袋あたり約30mg含まれています。

岩塚製菓 51g がんばれ!野菜家族 6入

化学調味料・香料不使用の野菜で作られたおせんべい。国産原料を使っているから安心。

与えない方がいいおやつは?

ベビー用ではない、いわゆる普通に市販されているお菓子は避けましょう。これらに含まれる塩分や糖分、香辛料や添加物などは、赤ちゃんにとって体への負担が大きいからです。
もちろんチョコレートやグミ、アメなどは、もう少し大きくなってから。

まとめ

横になったり、おんぶの時だったりには食べさせないようにしましょう。また、赤ちゃんの唾液の量によっては、おやつをうまく溶かせない場合もあるので、ちゃんと食べ終わるまで温かく見守ってあげてくださいね。そして水分補給もお忘れなく。
その場合、ジュースではなく、白湯やお茶がおすすめです。食後に飲ませれば、お口の中をキレイに洗い流してくれる効果もあるため、おやつと水分はセットで取り入れたいですね。
また、市販のお菓子を与える際にはアレルギー成分の表示をよく確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています