赤ちゃんの鼻水吸引器は手動?電動?オススメの吸引器をチェックしよう

出産準備品として用意するアイテムとしてオススメされることも多いのが「鼻水吸引器」です。「鼻吸い器」「鼻水取り器」とも言われます。

そもそも鼻水吸引器は必要なのか、どれを選べばいいのか…。色々な意見があるので迷っているという方のために、鼻水吸引器の選び方やおすすめの鼻水吸引器をご紹介します。

赤ちゃんの鼻水吸引器とは?

赤ちゃんは鼻水が出ても少し大きくなってくればお母さんがサポートしつつ、鼻から息を勢いよく出して鼻をかむことができるでしょう。しかしまだ小さい赤ちゃんの場合は自分で鼻をかむことができません。

鼻から出た分ならティッシュなどで拭き取ってあげればいいのですが、鼻の中にある鼻水は残ったままで、「ずるずる」といった音を鳴らしていて苦しそうにしていることもあります。そのまま放っておくと詰まって息がしづらくなるということもあります。

一番怖いのは中耳炎です。鼻水が詰まったまま放っておくと中耳炎になる可能性があります。小さい赤ちゃんは痛みを言葉で訴えることができないので中耳炎に気が付くのが遅いと治療に時間がかかり、大変です。中耳炎は大人でもかなり強い痛みを感じるもの。赤ちゃんがかかると本当にかわいそうなのでできるだけしっかり予防してあげたいですよね。

そこで活躍するのが鼻水吸引器です。赤ちゃんの鼻水を吸引して詰まりを解消してくれます。

鼻水吸引器の種類

鼻水吸引器にはいろいろな種類のものがありますが、大きく分けると手動のものと自動のものがあります。それぞれの特徴・メリットデメリットをチェックしておきましょう。

手動の鼻水吸引器

メリット

手動の鼻水吸引器にはストローで吸うタイプのものと、スポイト式のものがあります。
どちらも簡単な仕組みになっているので鼻水吸引器の価格がお手頃。1,000円でおつりがくる価格のものがほとんどで、ドラッグストアなどにも置かれている場合が多く、簡単に手に入ります。

デメリット

電動式に比べるとあまり多くの鼻水を吸うことができない、吸うのにコツがいるのでうまく吸引できないことがあります。

赤ちゃんが嫌がって動いたりすると吸いこむタイミングが掴めずに苦労することもあります。

また、ストローで吸うタイプの場合は、吸い込む事でウイルスや菌が口の中に入ってしまいますので、うつらないようにしっかりうがいをしましょう!
使ったまま放置してしまうと菌が繁殖してしまうので、使ったらすぐに洗うようにしてくださいね。

電動の鼻水吸引器

メリット

電動の鼻水吸引器にもいろいろなタイプのものがあります。ハンディタイプ・据え置きタイプなど様々です。

据え置きタイプのものは病院にある吸引器に近い高い吸引力を出すことができます。また、吸引力は調節することができるので、生後間もない赤ちゃんに対しても使用できます。

ハンディタイプのものは持ち運びができるのでとても便利。どうしても出かけなければならないけど鼻水を出している…という時に役立ちます。ただし据え置きタイプのものと比べると吸引力は下がります。

デメリット

相場は4,000円~10,000円前後で、据え置きタイプのものは10,000円を超えるものがおおくなります。手動の物に比べると圧倒的に価格が高くなってしまいます。
ただ、それでも購入する人が多いのはとても機能性が高いからとも言えますね。

オススメはしっかり据える電動タイプ!

鼻水吸引器は必ず用意しなければならないものではありませんが、念のためしっかり準備しておきたいと考える方には電動タイプを用意しておくことをオススメします。

筆者の場合は、1人目の時はあまり風邪をひかなかったので手動のものしか使いませんでしたが、2人目が中耳炎になってしまったことをきっかけに電動の鼻水吸引器を購入しました。3人目は上の子たちが保育園から病気をたくさんもらってくるせいか、生後半年を過ぎると何度も風邪にかかりました。鼻水の量も多かったので電動タイプはとても役立ちます。

赤ちゃんが中耳炎になると本当に辛そうで痛そうで心苦しいです。耳鼻科での治療も赤ちゃんにとっては負担になるのでできれば最初から電動タイプの鼻水吸引器を用意しておくと安心です。

オススメの鼻水吸引器

数ある鼻水吸引器の中でも特に人気の高い商品をご紹介します。

1.ベビースマイルS-302

参考価格 2,999円(税抜)

おむつポーチに入るほど小さく携帯できるタイプ。ボタンを押すだけで吸引できるので簡単。お手入れもパーツを取り外して水洗いすればいいので簡単です。ハンディタイプの伝導鼻水吸引器の中では特に人気が高い商品です。

レビュー

のアイコン画像
鼻炎もちで鼻水がよくでる子どものために購入。
口で吸うタイプをずっと使っていましたが、風邪菌がのどに付く感じが私自身がいやで、鼻水を吸うのがおっくうでした。子どもはもうすぐ2歳なので新調するのは迷いましたが。。。この夏はあまりにも鼻水がすごいので購入しました。結論的には買って大正解です。

2.エジソンのスッキリ吸引器

参考価格 4,860円(税込)

USB充電できるという点がとても大きなメリットのハンディタイプの鼻水吸引器。電動ですが口での吸引に切り替えることもできるので、TPOに合わせて使えます。吸引力が2段階調整できるという点も高評価です。

レビュー

のアイコン画像
口で吸うタイプの物は持っていましたが毎回風邪を貰うので、今回はお試しでこちらを購入しました。
子供がRSにかかり、購入から翌日に商品が到着したのは助かりました。
付属でUSBケーブルが付いていますが、携帯の充電器(マイクロUSB)で充電出来ました。

3.メルシーポット

参考価格 11,880円(税込)

育児用品ランキングでも何度も1位を獲得している人気の商品。ハンディタイプでは吸引できないようなねばねばの鼻水もしっかり吸い取ることができます。病院並みの吸引力があるので風邪をひいたときに大活躍。部品を少なくしているのでお手入れも簡単です。

レビュー

のアイコン画像
保育園に行き始めてからたくさん病気をもらって、その度に鼻水もぐしゅぐしゅで寝苦しそうだった我が子の鼻がスースー通ってきもちよさそうに寝てるのを見たとき、ほんっとに買ってよかった!!と思いました。
耳鼻科や小児科にこまめに通ってはいたものの、毎日はさすがにいけないので。。
わたしも安眠できます!

まとめ

鼻水が詰まってしまうと色々なデメリットがあります。病院に通って吸引を何度もしなければならないことになると、医療費が控除されたとしてもガソリン代もかかりますし、何より時間や手間がかかります。

鼻水吸引器があれば自宅で鼻水吸引のケアができて風邪の悪化の予防・中耳炎の予防もできてメリットがたくさんあります。据え置きタイプのものは少し高額ですが、買っておいて損をすることはありません。迷ったら今回ご紹介した人気の吸引器をチェックしてみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています