新発売の習慣時計「ルクル」を使えばスケジュール管理もバッチリ!

朝、子どもがぼんやりして動かず、イライラ……思わず「早くしなさい!」と声を上げてしまうことはありませんか?
9月21日、キングジムから発売された予定管理ツール「ルクル」はデジタル時計とスケジュール表が組み合わさっているのです。これを使えば、子どもの毎日のスケジュールもしっかり管理できますし、生活リズムをつける練習もできまるでしょう。
習慣時計 ルクル

キングジムの習慣時計「ルクル」とは

習慣時計 ルクル

キングジムというのは家庭用やオフィス用の文具を製造販売している会社。そこから、デジタル時計とスケジュール表が組み合わせった習慣時計「ルクル」が発売されました。
中央部には日付と時計がデジタル表示されています。それを囲むように手書きできるスケジュール台紙があります。
まず、「WEEKモード」では1週で1週間を管理でき、項目が曜日別になっているので、毎週繰り返す予定の管理に最適。たとえばゴミ出しの日や習い事などに使うと、忘れることがありません。
また、「DAYモード」なら1週で1日を管理できます。毎日のスケジュールはもちろんのこと、お子さんの生活リズムを作る練習にもなりますね。好きなシールを貼るなどして、自分で書き込ませるとさらにいいでしょう。

「ルクル」はどこで使えるの?

習慣時計 ルクル

壁掛け時計と壁掛けカレンダーの両方の機能をあわせもった「ルクル」は直径15cm程度なのでどこでも使えます。
マグネットで貼り付け冷蔵庫などで使ったり、スタンドに立てかけてデスクの上に置いたりすることも可能。もちろん、時計のように壁掛け穴にかけることもできます。
どのように使うかによって、置き場所を決めるといいですね。

「ルクル」の魅力とは?

習慣時計 ルクル

予定やしなければならないことなど、覚えているつもりでも、ついうっかり忘れてしまうこともありますよね。
この「ルクル」を使うと、予定が視覚化できることが利点です。時計をちらりと見上げる時に、同時に予定も目に飛び込んでくれば、忘れる心配もありません。
しかも、特に重要な予定ならば、アラームも最大3つまでセットすることができるのです。

入学準備の1つに加えておきたい「ルクル」

習慣時計 ルクル

小学校に入ると保育園や幼稚園の時とは生活がガラリと変わります。
それを想定して、お休みの日などを利用し、今から生活リズムをつける練習をしてはいかがでしょうか。
1日は30分きざみで区切られているので、起きる時間、朝食をとる時間、出かける時間など大きな予定を立てるようにすると、子どもでもわかりやすいです。
デジタル時計を読む勉強にもなりますね。

キングジム 習慣時計ルクル RUCLE

価格 2,980+税
寸法 約150(W)x32(D)x153(H)mm
重さ 約250g

公式サイト https://www.kingjim.co.jp/sp/rucle/

まとめ

スマホや手帳でスケジュール管理をしているパパやママももちろんいるでしょうが、「ルクル」なら、ちらっと見るだけで予定を把握できますし、それを家族全員で共有することもできます。
それぞれの家族によって、理想的な使い方を見つけられるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています