七五三のお参りにオススメの神社 ~東京近郊編~

子どもの今までの成長に感謝し、今後も幸せに育ってほしいと願う七五三。大切な節目のイベントとして写真を残すことも大切ですが、やっぱりお参りもしておきたいですよね。
今回は七五三の神社の選び方と、お参りに人気の神社をご紹介します。

七五三のお参りのポイントは?

七五三の日とされているのは11月15日。近年、その日が平日の場合は、その前後の土日祝日などを利用して、お参りやお祝いをするご家庭が多いですね。
最近では、神社での七五三ロケ撮影をお願いする方も増えてきているので、10月末や11月はじめにお参りをする方もいらっしゃるでしょう。

その際、どこでお参りするかというのは悩みどころですよね。
基本は、七五三をお祝いする年齢まで無事に成長できたこと、そしてこれからの無事をお祈りするという意味で、生まれ育った地域にある「氏神様」にお参りします。
一方で、少し遠くても有名な神社や大きな神社でお参りをしたいという方や、お宮参りと同じところにしたいという方もいらっしゃると思います。
どちらにしても、七五三シーズンは混雑するので、以下のことに気をつけましょう。


・神社の予約が必要かどうか
・祈祷時間は決まっているか
・初穂料はどのくらいか
・駐車場があるかどうか(付近のパーキングもチェック)

子どもたちも慣れない服装をしていて、疲れてしまったり、ぐずったりということのないよう、しっかり事前準備をしておきましょうね。

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”2803″]

七五三のお参りで人気の神社

明治神宮(東京)

明治神宮

出典:明治神宮

パワースポットとしても有名な明治神宮は、七五三に訪れる方も多く、プランも充実しています。着付け衣装レンタルのセットなどもあるので、窮屈な服装のまま移動することがないのも魅力。
ただ、混み合うので時間に余裕を持って。

七五三詣

御祈願や記念撮影は明治神宮神楽殿にて、午前9時から午後4時20分までの当日受付。10~11月には記念品もあり。
レンタル衣装、着付、御祈願がセットになった「七五三詣プラン」は予約が必要。8月と9月に衣装予約会があるので、まずは問い合わせを。

詳細はコチラ

日枝神社(東京)

日枝神社

出典:日枝神社

永田町のど真ん中にある日枝神社は、エスカレーターも併設されているので、小さな子や足の不自由な方でも楽に参拝ができます。
七五三のお参りは午前9時から午後4時半まで。予約の必要がないので、当日の着付けなど時間が見えない場合でも慌てずにお参りに向かえます。

七五三詣

御祈願、お祝い着、着付け、写真撮影、お食事までセットになった「七五三(なごみ)プラン」は完全予約制。すべてセットでなくても、利用できます。
気になる方は展示会に足を運んでみましょう。

詳細はコチラ

神田明神(東京)

神田明神

出典:神田明神

江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史を持つ神社。日本の中枢地域の総氏神となっています。
昔、社頭で祝い飴が売られていたことから、千歳飴発祥の神社としても知られているので、七五三のお参りには最適。

七五三詣

七五三のお参りは午前9時から午後4時まで。初穂料は10,000円~。
予約は受け付けていませんが、土日は混むので余裕をもっていくようにしましょう。

詳細はコチラ

鶴岡八幡宮(神奈川)

鶴岡八幡宮

源頼朝ゆかりの神社で、日本三大八幡宮の一つ。鎌倉の観光地としても有名で、秋は多くの人でにぎわいます。そのため、駐車場を見つけるのが大変なので下調べや予約を忘れずに。景色が素敵なので、写真撮影にははずせないスポットです。

七五三詣

受付時間は午前8時30分から午後4時30まで。
御祈願をお願いする場合は、初穂料(5000円~)を添えて申し込みを。当日でも大丈夫だが、電話かFAX、またはメールであらかじめ申請しておくと待ち時間も少なくてすみます。

詳細はコチラ

寒川神社(神奈川)

寒川神社

出典:寒川神社

全国唯一の八方除の守護神で、福徳開運をもたらしてくれるという神社。
ここで祈願をすると、日本庭園「神嶽山神苑」に入園できます。茶屋もあるので休憩に利用することもできますね。

七五三詣

祈祷をしてもらうためには午前8時から午後5時までに受付をすませましょう。
ここで御祈祷をしてもらうと、八方除けの御神徳も得られます。

詳細はコチラ

稲毛浅間神社(千葉)

稲毛浅間神社

安産や子育ての神様をまつっている1200年以上の歴史を持つ神社。
雨天時や気温が低い日にも快適な屋内控室があるところが魅力ですね。

七五三詣

御祈祷の受付は午前9時から午後3時15分まで。祈願祭は平日は1時間ごと、土日祝は30分ごとに行います。
予約の必要はありませんが、希望の時間の15分前までには全員そろっておきましょう。

詳細はコチラ

千葉神社(千葉)

千葉神社

出典:千葉神社

「平成の大造営」によって新たにご社殿を竣工した神社。日本初の上下の拝殿で交互に御祈願できるようになっているので、待ち時間が少なくてすみます。
また、楼門と社殿の複合建築物は日本でも珍しいので、ぜひ写真におさめたいところですね。

七五三詣

衣装レンタル・着付けをする「レンタルパック」を利用する場合は完全予約制。神社以外で着付けをしてお参りだけという場合は、午前9時から午後4時までに当日申し込みをします。
御祈願を受けた場合、記念写真撮影を申し込みすることも可能です。
詳細はコチラ

氷川神社(埼玉)

氷川神社

出典:氷川神社

氷川神社の総本宮として格式の高い神社。パワースポットとしても訪れる人が多いです。知恵や創作力を与えてくれるといういわれがあるので、これから成長していく子どもの七五三のお参りにはぴったりですね。

七五三詣

七五三の祈祷は予約の必要なし。
10月と11月の指定日に限り、衣装レンタル、着付け、写真撮影がセットになったプランがあります。この七五三プランは予約が必要なので、まずは問い合わせを。

詳細はコチラ

まとめ

江戸時代に始まったとされる「七五三」の行事。
地元の神社でも大きな神社でも、しっかりとお参りして、お子さんの幸せを祈願しましょう。
今回ご紹介した神社にいく場合は、時間にゆとりを持っておでかけしてくださいね。

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”2690,147,178,2364″]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています