子供用のリュックなら、大人気のTHE NORTHFACEを選びたい! 容量別おすすめ10選

通学にも通勤にも使いやすいと年齢・性別を問わず大人気のTHE NORTHFACE(ザ・ノースフェイス)のリュック。

アメリカでアウトドア用品のブランドとして誕生しただけあって、品質管理が厳しいことにも信頼感がありますよね。さらに、そのデザイン性の高さからも、中高生やビジネスマンなど、年齢や性別を問わず、支持されています。アウトドア以外にも使えるノースフェイスリュックなら、もちろん子供が使っても安心。
今回は、ザ・ノースフェイスのキッズ用リュックの機能やおすすめポイントをご紹介しましょう。

リュック? デイパック? その違いは何?

両手が空くため、便利なリュック。学生さんの通学や、ビジネスマンの通勤でもよく見かけますよね。
そんなリュックサックですが、デイパックやナップサックなどいろいろな言葉で表現されることがあり、「いったい何が違うの?」と迷う方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも、荷物を入れて背負うための袋をドイツ語で「リュックサック(正式にはルックザック)」、英語で「バックパック」と呼んでいたようです。どちらも背負う袋を呼んだものですが、最近はその定義づけがなんとなくされてるようです。

  • リュックサック

登山やハイキングをする時、荷物を収納するための背負い袋。
昔は布製だったが、今はナイロン製が多い。

  • バックパック

金属のフレームがついているアウトドア向けの大きなリュックサック。
様々な機能がついているハイグレードのものが多い。

  • デイパック

多くの荷物が必要なく、日帰りの山登りやハイキングなどの小型リュックサック。大きなリュックサックを少し小さくしたシンプルなタイプ。

  • ナップザック(ナップサック)

巾着袋型のものが多く、袋の下に縫い付けられた紐を背負う。
簡単な作りのため、ポケットなどのないリュックを指すこともある。

※ここでは、すべて商品名で紹介し、形を説明する際に上記の言葉を使用します。

ザ・ノースフェイスのリュックは、なぜキッズにもオススメなの?

まず、子供用のリュックを選ぶ際のポイントを確認しておきましょう。

  • 子供の体格にあったサイズを選ぶ
  • お気に入りのデザインか
  • 軽い素材かどうか
  • チェストベルトがあるか
  • 背中部分にクッション性があるか

ノースフェイスのリュックは上記の機能的ポイントをすべてクリア。
さらに、以下の機能もあります。

  • 光が反射するリフレクターやその糸を織り交ぜた素材を使用
  • バックパネルにはエアメッシュを使っているので蒸れることがない
  • 撥水ジッパーを使用しているので、急な雨でも浸水を軽減してくれる
  • 軽量でフィット感が良いから、長時間の使用でも疲れない

このようにアウトドアブランドとして培った技術がいかされているので、とてもタフで使いやすいので。お子さんの成長に合わせて選んであげたいですね。

容量別ザ・ノースフェイスのキッズリュック おすすめ10選

体の大きさの違いもあるので、対象年齢は○歳!と明確に言えるわけではありませんが、おおよそのサイズを示しますので、参考にしてくださいね。

7L〜10L:2〜4歳向け
10L〜19L:5〜6歳〜小学校低学年向け
20L以上:小学生中学年〜高学年向け

7~10L

ラディックス(7L)

●サイズ:33.5×20.5×11cm
●重量:275g
●カラー:スカイダイバー/ラズベリーピンク/ブルーバード/ダンデライオン/イエロー/コスミックブルーテントプリント/オレンジラストプリント

サイクリング用のワンショルダーバッグをキッズ用に小型化。
シングルショルダーで肩掛けする方法と、2本のショルダーストラップを使って両肩で背負うという2通りの使用法ができます。
どちらも使わない時には収納できるので、どちらかが邪魔になることもなく安全です。
ポケットが内側に1つ、外側にファスナー付のものが1つとシンプルなので、小さいお子さんでも使いやすいですね。

レビュー
のアイコン画像
4歳児の子供がプール教室に通い出したので買いました。ラップタオル、水着、連絡ノートがちゃんと収まりちょうど良いサイズでした。色合いもノースフェイスらしく可愛いく、リュックスタイル、ショルダースタイルとマルチに使えるので、長く愛用してもらえそうです。

ホームスライス(8L)

●サイズ:28.5×23.5×13cm
●重量:230g
●カラー:レインボープリント/ワイルドウェストプリント/ターキッシュブルー/コスミックブルー/ハイリスクレッド/ラズベリーソルベ/シャディーブルーバンダナプリント/ハイパーブルー

ハーネスが付いているので、行動範囲が広がる年頃の子どもにぴったり。
背負い心地もよく、軽いということで、初めてのリュックとしてもおすすめです。
大きなポケットがついているので、おやつや水筒、おもちゃなどお気に入りのものを入れておでかけしたら気分も上がりそうですね。

レビュー
のアイコン画像
4月から保育園に入園する娘のために購入しました。1歳の娘にはちょうどいいサイズで、3歳の娘には気持ち小さいかな? くらいでしたが、2人とも気に入ってくれたのでよかったです。

ハーフドーム(9L)

●サイズ:30×22.5×15cm
●重量:285g
●カラー:ブラック/コスミックブルー/ラズベリーピンク/コルセアパープル/ライティングボルトプリント/マルチへックスプリント/

デイパック型のリュックで背負いやすい柔らかな背面が特徴です。
ジッパーのついた大きなポケットや、ショルダー部分にリフレクターを採用するなど、子供のために工夫された商品。
大きなポケットがついているので、おやつや水筒、おもちゃなどお気に入りのものを入れておでかけできます。

レビュー
のアイコン画像
4月から年少さんになって、自分で持っていく荷物が増えたから、次男のリュックを新調しました。期待どおりの素敵な色で、私が大満足。本人も、お兄ちゃんと色ちがいで大喜びです。二人並ぶと、さらにカワイイ! お弁当と水筒、コップ、タオルがほどよく収まる大きさです。

フライウェイトハーフドーム(10L)

●サイズ:30×22×15cm
●重量:170g
●カラー:ハイリスクレッド/ターキッシュブルー/ゴールデンロット

保育園児、幼稚園児向けのデイパック型リュック。収納スペースがたくさんあるので、メインのリュックとして使えます。
通気性にも優れているので、長くタフに使えそうなところが魅力。

レビュー
のアイコン画像
やや不安になるくらい薄くて軽いです。4歳の子供が遠足に行くので買いました。
お弁当、水筒、レジャーシート、着替え一式が、十分入りました。チェストベルトがあるので、肩からずり落ちることなく着用できます。
ホイッスルについては面白がって吹きまくり、ピーピーうるさいので、取り外しました。

11L〜19L

フライウェイト リーコン キッズ(13L)

●サイズ:37×24×15cm
●重量:240g
●カラー:アクリリックオレンジ/ダジリングブルー/ブラック/サラトガグリーン

超軽量のポケッタブルデイパック。抜群の収納力があるのに、使わない時には小さく折りたためるので、かさばりません。
ポケットもたくさんあるので、メインにもサブにもなれるリュックです。
メッシュタイプのショルダーハーネスなので蒸れることもなく、通気性に優れています。

レビュー
のアイコン画像
3歳の息子には、まだ少し大きかったです。でも、軽いので問題ないと思います。長く使えそうです。

スモールデイ(15L)

●サイズ:37×29×18cm
●重量:405g
●カラー:コスミックブルー/レインボープリント/ラズベリーソルベ/シャディーブルーバンダナプリント/ターキッシュブルー/ワイルドウェストプリント/ハイリスクレッド

幼稚園や保育園の5歳ごろから、小学校になるまで使える大きさ。
軽くて体に優しいので、小さい子どもでも負担を感じにくいのが特徴です。
内部のポケットはジッパー付きなので、細かい大切なものをしまっておくことも可能。
ウエストベルトはパックのサイドに収納することができるので、用途によって使い分けができ、便利です。もちろん通気性にも優れているので、一年中快適に使用できます。

レビュー
のアイコン画像
3歳の息子用に購入しました。サイズ感もちょうど良く、ポケットもたくさんあるので、使いやすさもいい感じです。
肩ひもに腕をとおしやすいので自分で背負えるのと、肩ひもと肩ひもをつなぐベルトも自分でカチッとできる子供に優しいつくりになっていると思います。
ナイロンなのでほこりもつきにくく、汚れも目立ちにくいです。
息子もとてもお気に入りのリュックになりました。

レクタング(17L)

●サイズ:38×26×16cm
●重量:450g
●カラー:コスミックブルー/ラズベリーソルベ/シャディーブルーバンダナプリント/ターキッシュブルー/ワイルドウェストプリント/ハイリスクレッド

未就学児から小学生まで対応できる大きさのリュック。
仕切りがないため中身の出し入れが簡単で、大きいものもそのまま入れられます。
夜に活躍するリフレクターや安全性を考慮したチェストストラップが標準装備です。シンプルな作りなので、男の子でも女の子でも使えますね

レビュー
のアイコン画像
新一年生になる娘の学童用に購入しました。色はピンクです。開口部がランドセルと同じように開くので、一般的な子供用リュックより、書籍類の出し入れがしやすい点がとてもいいと思いました。
大人に流行ってる、ガバッとあく口金リュック(ア◯ロ的な)ものがイメージとして同じ感じですね。
お弁当、水筒、筆記用具、A4サイズのドリル数冊を入れても余裕がありました。
本体も軽いので、娘は大喜びで背負ってます! おすすめです!

バークレー(19L)

●サイズ:41.5×31×14cm
●重量:410g
●カラー:アーバンネイビー/ペヨーテベージュ/フォーリーフクローバー/ターキッシュブルー/ダーケストスプルース/モンテリーブルー/アマランスパープル

クラシックなデザインだからこそ使いやすいバックパック型。
普段使いはもちろん、キャンプや遠足などでも使用できます。

フロントのジッパー付きポケットやリュック内部のバインダーポケットなど、小物の仕分けがしやすいので、どこに何が入っているのか探す心配もありません。

レビュー
のアイコン画像
5歳半身長112㎝のやせがた男の子の遠足用に購入しました。少し大きいくらいで可愛いく背負えていました。買って良かったです。母の私も身長は152㎝で背負えます。

20L以上〜

テルス 20(20L)

●サイズ:41.5×28×16.5cm
●重量:660g
●カラー:ブラック/ハイリスクレッド/フラメンコブルー/シャディーブルーバンダナプリント

大きめサイズですが、軽いので未就学児でも背負え、長く使えそうな商品。
通気性の良いエアメッシュの背面パネルや、便利なタテに大きく開くフロントポケットなど、機能的な作りが魅力です。
レインカバーもついているので、急な雨の時も安心ですね。

レビュー
のアイコン画像
黒を購入。とても作りが立派で、収納も多くて使いやすい。
雨の日用に、ノースフェイスプリントのあるリュックのカバーもついていてオススメです。

ヒューズボックス(21L)

●サイズ:37×30×13cm
●重量:745g
●カラー:イングリッシュグリーントロピカルカモ/ブラック×ゴールデンロッド/ラズベリーレッド×ブルーウィングティール/ターキッシュブルー×サミットゴールド/ビンテージホワイト×ブルーウィングティール/ブラック×シルバー/ハーバーブルー

幅広い年代に人気の形のキッズサイズ。
A4がしっかり入るので、ランドセル感覚で本や教科書などを収納できます。
口の部分が大きく開くので荷物の出し入れもラクですね。
摩擦強度と耐水性に優れたポリエステル地が使われているので傷がつきにくく、長く使えるところも魅力です。

レビュー
のアイコン画像
小学校低学年の子どもへのプレゼントに購入しました。
低学年には大きく思えましたが、A4ファイルが曲がったりすることなくスッポリ入るし、ポケットを利用して整理しやすいようです。
デザインもカッコ良く、息子もかなり気に入ってくれました!

まとめ

キッズのノースフェイスリュックを容量別にご紹介してみました。
ザ・ノースフェイスリュックは小さくても機能性抜群!
子供のためにいろいろ工夫されているので、使うのも安心ですね。
家族や兄弟でお揃いにしてもカワイイですよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています