熊本市の慈恵病院「内密出産」受け入れに絶賛の声 子供の「知る権利」を病院がサポート

このニュースの概要
身元を明かしたくない妊婦の「匿名出産」をサポートする方針を示した慈恵病院(熊本市西区)が、子どもの出自を知る権利も担保する独自の仕組みを新たに取り入れる方針を固めたことが6日、分かった。匿名出産は、子どもが出自を知ることができない点が課題となっており、病院内で出自を担保できる仕組みを作り、事実上の「内密出産制度」に踏み切るという。

この記事への反応

赤ちゃんポストもここの病院が唯一やってるんでしたっけ?
綺麗事だけじゃ済まない深刻な問題だと思うので、院内でも色々反発もあっただろうけど素晴らしい取り組みだと思います
関東でもこういう病院があればいいんですけどね

現実問題、トイレで産んでそのまま………というのが後をたたないし、いい取り組みだと思う。
そもそも、望んだ妊娠ばかりであれば1番だけど、そんな綺麗事言ってたって仕方ないし。

トイレや浴槽で生まれるより、安心できる処で生んでください。
鸛のゆりかごとか、少しでも赤ちゃんが安心できる環境を作ってくれてありがとうございます。

今年も何件かコンビニやスーパーのトイレで産み落として立ち去る事件がありましたが、その子どもたちが救われるなら、こういう制度が全国に広がれば良いと思う。

同時に里親制度の制定もしっかりやってほしいね。産まれたらおしまい、じゃないんだし。

望まない妊娠、そしてオロオロしているうちに中期になってしまうこともきっとあるんだろうね。母である女性も、赤ちゃんも、両方に幸せになってほしいです。

匿名とか、内密とか、辛い選択をしても産もうとする女性を応援するシステムは絶対必要。

実子を三人育てており、養子縁組を希望する方はたくさんなので、養育里親をしております。三年前、赤ちゃんを預かりました。実母さんが面会交流を条件に里親委託にハンコを押しました。そして初めての面会交流。しかし実母さんは現れません。そして音信不通。今も行方不明。成人するまで育てることになりそう。それでも私たち家族は、堕胎する選択肢を選ばず、産んでくれたことを感謝しています。

私の親友は親を知らない、施設で育ち親も兄弟も身内が誰一人いません。どんなに想像しても、その淋しさと孤独は私には想像ができない程のものだと思います。そんな思いをしている子たちのサポートなんて軽々しくできるもんじゃないし、本当に産まない選択も、命を殺すことにはなるけどある意味アリだと思います。


ここの病院のドキュメンタリーを観たことがあるけど、電話での複雑な事情を抱えた女性たちの相談が絶え間無く続いているのにも関わらず、一人一人丁寧に対応していて絶対に大変だろうに本当に凄いと思った。

不妊治療をしている者です。
虐待やネグレクトのニュースを見る度に、なぜうちに生まれてきてくれなかったんだろうって思い悲しくなります。うちは里親などは考えていませんが…

身元を明かしたくない(明かさない)母親と、自分のルーツを知りたい子供の思いが対峙するこういう問題については、これから先も永遠に100%の人が納得する答えは出ないと思う。
ただ、あえてリスクや批判を覚悟の上で取り組んでいる慈恵病院のスタンスは本当に感服する。

のアイコン画像
望まない妊娠をしてしまった母子を助けたいという慈恵病院の取り組みには頭が下がります。でも一方で施設で寂しい思いをしながら育つ子供がいる。産めばそれでいいのか?産まないという選択もあるのでは?ネットの意見でもあったように生まれた赤ちゃんのその後が幸せであるように里親制度の整備にも国を挙げて取り組んで欲しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています