出生前診断に悩む親をサポート 苦しんで出した答えに正解はなく尊重されるべき

このニュースの概要
おなかの中にいる赤ちゃんに病気や障害が分かったら-。「出生前診断」への関心が高まる中、検査を受ける人や妊娠を続けるか悩む人たちの支援に取り組んでいる団体がある。千葉市のNPO法人「親子の未来を支える会」。検査前後にネットで相談できるサービス「ゆりかご」を運営し、支援情報をまとめた小冊子を先月から無料で配布している。

この記事への反応

このようなサポート動きはとても良いことだと思います。 ご家族、特に女性経済的、身体的、心理的負担は相当ものです。 どのような選択をするせよ、ご家族選択を尊重しサポートできる体制充実することを願います。

正解ない難しい問題

「検査前は『陽性なら諦めよう』と夫婦で決めていた。だが、いざ決断を迫られると『何とか産めないか』と心揺れ、意見変わらない夫と激しい口論なった。」

「選んだ道は違うけど、私たち頑張ったよね」 重い言葉だと思います。命を賭けて命をどうするのか悩むのは想像を絶すると思います。

もし自分だったらどう選択するか… 簡単決断できることではない、相談窓口や支援を受けられることはとても心強いと思う 安心して出産・子育て向かっていけるような対策は、少子化だからこそ重要だと思う

医療進歩した現在、昔なら悩む機会もなかった事、現実起きている。 ご夫婦決定されたことは、たとえ「どちら」であったとしても、それは正しい決定である。

出産後備えはずであったこの医療、逆苦しみを生む。

現場医師だけではサポート難しい部分もあるとおもうので、こういった取り組みは続けて頂きたい。

のアイコン画像
産むか産まないかということに正しい答えはないのだと思います。医療の進歩によって悩む親たちの気持ちが少しでも楽になるサポートはありがたいですね。妊娠を継続すると決めた場合に発育や療育の問題、経済的負担、仕事を続けられるかなど具体的に情報を得ることができるのは心強いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています