エルゴ抱っこひもを選ぶならコレ!大人気・エルゴの口コミとおすすめモデル【最新】

“抱っこ紐といえば『エルゴベビー』”と言ってもいいくらい、ママやパパから絶大な人気を誇るエルゴの抱っこ紐。新生児から使えて、抱っこの負担が少なく丈夫でおしゃれ。街を歩いていても本当によく見かけますよね。そんなエルゴの抱っこ紐ですが、実は色々なシリーズがあるのをご存知でしょうか?
色々あって迷ってしまう方の参考になるよう、今回はエルゴのシリーズ別の特徴や、おすすめ商品をご紹介します!

抱っこ紐のエルゴベビーとは?

「もっと、ずっと抱っこをしたい」という1人のママの思いから、2003年にハワイ・マウイ島で誕生したブランドです。「動きやすさ」や「快適性」を追求し、長時間抱っこをしても、赤ちゃんにもママにも負担が掛かりにくいというのが人気の秘訣。今では50カ国以上で販売され、受賞歴もたくさんあるほど。
芸能人や海外のセレブにも愛用者が多く、国内外のママやパパに愛されているのが「エルゴベビー」(通称:エルゴ)なんです。
赤ちゃんとママが心地よく密着できるのはもちろん、豊富なバリエーションで用途に合わせて使い分けできたり、アレンジ次第でオリジナリティを出せたりするのも選ばれ続ける理由なのではないでしょうか。

エルゴベビーはいつから使えるの?

目安として、体重が3.2kg以上あれば新生児でもOK! 赤ちゃんと向かい合って抱っこをする「対面抱き」から使えます。
ただし、「アダプト」シリーズ以外の場合、新生児を抱っこする際には別売りの「インファントインサート」との併用が必須です。

別売りの“インファントインサート”とは?

まだ小さく、首がすわっていない新生児にそのまま抱っこ紐を使用すると、体が沈んでしまって大変危険です。そこで登場するのが「インファントインサート」(通称:インサート)というクッションのような補助アイテム。こちらがあれば、頭部と首をやさしく支え、赤ちゃんに負担がかからないよう、しっかりと包み込んでくれるんです。
オーガニックやメッシュ生地など種類が選べるので、お好みのものをどうぞ。

なお、インファントインサートの卒業のタイミングとしては、「月齢4ヶ月以上」、「体重5.5kg以上」、そして「首が完全にすわり、抱っこ紐から膝が出る」ようになった頃が目安。それまでは赤ちゃんの安全のためにインファントインサートを必ず使用(※)してください。
※「アダプト」シリーズは除く

エルゴベビー ERGO baby インファントインサート Original Easy Snug Grey

綿100%で、赤ちゃんがママのお腹の中にいたときのような、自然なカーブ設計のクッションです。

インファントインサートの使い方

抱っこ紐にインファントインサートを取り付けたら、赤ちゃんにはベビーウエストベルトを装着して使用します。詳しい着用方法を含め、慣れるまでは動画を見ながら装着しましょう!

エルゴベビーの基本の3種類&口コミ

エルゴの日本正規総代理店の公式サイトでは、現在大きく分けて3種類のシリーズを展開しています。

★種類★
  • オリジナル・・・シンプル設計の基本モデル
  • 360(スリーシックスティ)・・・体が最もラクな最上級モデル
  • アダプト・・・インファントインサート不要の一体型モデル


ここからは、エルゴシリーズのメリット・デメリットを含めた特徴と、人気モデルをご紹介していきます。もしかしたら、ほかのママやパパが使っているのを見たことがある方も多いかも。

エルゴベビー オリジナル ベビーキャリア 抱っこひも(パールグレー)

シンプルに使えてどんなスタイルにも馴染んでしまう、色やデザインが豊富なスタンダードモデル。「エルゴ」イコール「オリジナル」を頭に描くママも多いほど、最も選ばれている定番シリーズです。
メリット
  • 子供の体重が重くなってきても、重さを感じなくさせてくれる
  • ポケットがあって便利
  • 使っている人が多いから付属品も充実している


デメリット

  • 小柄なママだと肩が落ちてくることもあり
  • インサートの脱着が面倒くさい

口コミ

のアイコン画像
初代は同じオリジナルタイプのナイトスカイを購入し、だいぶヘタってきていたものの下の子にも使っていましたが、購入4年目でついに背中のバックルが割れてしまったため、二代目としてこちらを購入しました。
購入にあたり、前向き抱っこもできるという新型の「エルゴ360」も検討しましたが、マジックテープタイプの腰ベルトということで使い勝手に賛否があること、前向き抱っこができる期間が短いことを知り、結局、同じオリジナルタイプの新色を購入しました。

のアイコン画像
抱っこひもは『着脱のしやすさ、長時間使用でも疲れないか』に尽きると思います。
いろんな抱っこひもを試しましたが、やはりエルゴが一番安定していて疲れません。
夏場は蒸れるので、その点配慮は必要ですが…。

のアイコン画像
生後7ケ月頃から「ベビーウエストベルト」と一緒に使っています。肩紐と腰のベルトがとてもガッチリしているので、10キロ超える子供を長時間抱っこしていてもほとんど疲れる事がありません。えっ? 子供こんなに軽かった? と錯覚してしまう程、子供の重さを感じなくさせてくれる抱っこ紐です。小柄な女性は力があまり無いと思いますので、そういう女性にこそ子供の体重をあまり感じさせないエルゴはベストな商品だと思います。

Twitterの反応

【正規代理店】エルゴベビー・360ベビーキャリア

赤ちゃんを全方位で抱っこできる最上級のモデルで、前向きに抱っこできるのはこの「360」シリーズだけ!  お尻がピタッとフィットし、ホールド感が抜群のため、抱っこがより楽チンに。
メリット
  • 腰ベルトがマジックテープだから腰をしっかりサポート。
    長時間抱っこしても、エルゴの中で一番腰がラクで疲れない
  • 前向き抱っこができるから散歩のときに景色を見せてあげられる
  • お尻部分が立体になっていて安定感抜群


デメリット

  • 腰ベルトのマジックテープのバリバリ音が大きく、赤ちゃんの側で剥がすと起きちゃうことも
  • マジックテープにホコリやニットなどの衣類がくっつきやすい

口コミ

のアイコン画像
エルゴオリジナルタイプは、装着が早く、くるくるっと巻いて、売っているカバーをつけておけば腰につけたままでも大丈夫だし、とにかく便利でしたが、やはり体重が重くなるにつれ、腰は痛かったです。360はマジックテープでがっちりウエストに巻くので、ある意味腰痛のコルセットを巻いているような感じです(笑)

そのため、腰への負担はオリジナルの形より少ないなと感じます。ただ、太い固めのウエストベルトをギュッと巻くので、つけたまま座ると、けっこう胃が圧迫されます(^_^;)

オリジナルのものより抱っこをするところにうまく形ができるので、赤ちゃんと接する部分の空間がいい感じにできている用な気がします。ちょうどよくおしりが乗ってます(4ヶ月、60cm、6.2キロ)。

のアイコン画像
前向き抱っこもできて子供は喜んでます。
2代目のエルゴとして購入しましたが、以前使用してたエルゴ(オーガニック)と比べると良い点、不便な点があります。
良い点は前抱きができる。腰ベルトが太く腰の負担がかかりにくい。赤ちゃんの足の開きが楽そう。コンパクト。
不便な点は、歩くときに赤ちゃんの足と自分の太ももが当たって若干歩きにくい。腰回りはマジックテープで固定するので着用後にきつく巻きすぎても一度外さないと緩ませる事ができないことでした。

Twitterの反応

エルゴ アダプト クールエア メッシュタイプ

インサートがいらない新モデル。赤ちゃんの成長に合わせてカタチを変えられる「エルゴノミックポジョン・シート」を採用。どんどん成長していく赤ちゃんの体型に合わせられるのは「アダプト」シリーズだけ。

<

メリット

  • インサートが必要なく、ササッと簡単に装着ができる
  • 肩ストラップがクロス装着可能だから、肩からのズリ落ちが防止できる
  • 新生児から20kgまで使用できる


デメリット

    • インサートが不要な分、作りがしっかりしていてかさばる
  • ポケットがない(あると便利)
  • 子供が小さいと埋もれてしまう

口コミ

のアイコン画像
インサートなしで手軽に使えるので、気に入ってます。バスや電車の乗り換えで、どうしてもエレベーターがない場所があるので、ベビーカーと使い分けてます。エルゴのだっこ紐は、丈夫でしっかりしていて、子供も安心してスヤスヤ寝てくれます。見た目もオシャレで、お出かけが楽しくなりました。

のアイコン画像
息子が2ヶ月半の頃、まだ首が座っていなかったので新生児から使えるこちらを購入しました。他のメーカーを使った事はないですが、腰ベルトもしっかりしていて使いやすいです。月齢に合わせて移動させるお股の幅もマジックテープで楽々でした。素材はしっかりした布ですが、タオルなどの毛が付きやすく、ブラックなので目立ってしまうため星4つです。

のアイコン画像
使い始めの頃、肩幅の狭い私には後ろをばってんにできるのがとても良かったです。
ベルトを緩めるだけで、赤ちゃんを出したり入れたりが楽ちんです。
夫も使っています。

Twitterの反応

インスタでもやっぱり人気のエルゴシリーズ

https://www.instagram.com/p/BsNg71_nInz/

https://www.instagram.com/p/Bro2zmtlU4i/

まとめ

抱っこ紐は、2歳頃まで毎日のように使用するママもいれば、ベビーカー移動が主で抱っこ紐はサブとして持っているだけというママもいます。高い買い物なだけに、買い直しは避けたいところ。最近はインサート不要モデルのアダプトが人気急上昇中ですが、それぞれの生活パターンにマッチするものを選んでくださいね。
なお、エルゴは人気がある分、偽物が出回っているので注意が必要です。購入の際は正規品を取り扱っているサイトや店舗で購入しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています